ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う政策が部分的に実施される。もっとも同国では、授業の英語化を行ったものの、現場の混乱や反対意見などから断念した経緯がある。

eigokyoiku

 マレーシアは、マレー系、中華系、インド系などからなる多民族国家である。公用語はマレー語ということになっているが、同じ民族同士では母国語を使い、公共の場では英語が使われることが多い。
 したがって、ほとんどの人が何らかの形で英語を話せる環境にあり、実際、教育大手EF Education First社が発表している世界英語ランキングでも、同国はアジアでトップクラスの英語力を誇っている。これは英国統治時代が長かったことも大きく影響していると思われる。

 だが意外なことに、マレーシアにおける大卒者の課題は英語だという。同国では大卒者の25%程度が就職できないといわれているが、英語のスキル不足が原因となるケースが多いという。国民の9割が英語教育の強化を望んでおり、今回のプログラムを推進する背景にもなっている。

 ところが一連の英語プログラムはあまりうまくいっていない。政府は2007年に理数系の科目に限って英語で授業を行うプログラムを実施したが、現場は大混乱。マレー語を重視する人たちからの反対の声も大きく、プログラムは中断となった。

 今回は、前回の教訓を生かし、マレー語の水準や基礎学力の高い300の公立学校(小中高)のみに限定する方式とした。またプログラムは強制せず、最終的には学校側の意向で実施を決定するという。プログラムを受け入れた学校は、理科、数学、IT、通信、技術の科目について英語で授業を実施することになる。

 だが今回の政策についても、マレー語を重視する団体などが激しく抗議しており、これがすべての教育現場に拡大するのかは何ともいえない。

 マレーシアのような新興国は先進国とは異なり、国内に厚い産業基盤がない。グローバル企業への依存度が高く、非英語圏の先進国において求められる英語力とはかなり状況が違うだろう。だが事実上、公用語が英語となっている国で、大卒者の英語力が問題になっているというのは少々驚きである。

 世界最先端の技術や文化を持ち、世界から人やお金が集まってくる魅力的な先進国であれば、英語力はあまり問われない。英語である程度のコミュニケーションさえできれば、大きな問題は起きないだろう。

 だが、こうした基礎的魅力に欠ける国の場合、人の力で状況を切り拓く必要があり、そのためには高度な英語力が必須となる。
 問題は今の日本がどちらなのかということである。20年間であれば明らかに前者だったと思われるが、最近では状況が逆転していると考えた方が自然である。そうなってくると、マレーシアのように半分、母国語を捨てても、英語教育を行うという考え方も出てくるかもしれない。

 母国語教育を捨てると確実にその国の文化水準は低下する。しかし、経済的に貧しくなってしまっては、最低限の文化すら維持できなくなってしまう(貧しい国は文化財の保護すらままならない)。
 日本人が、美しい日本語や日本文化を捨てずにいるためには、圧倒的に高い国際競争力を維持する必要があるが、現状維持ばかり重視する今の日本社会においてこれを実現するのはかなり難しいだろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

no image
QE3実施の見込みといわれているが本当か?

 米FOMC(連邦公開市場委員会)が22日に公表した議事録で、QE3(量的緩和第 …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

sonmasayosi
ソフトバンクの営業利益が1兆円超え。アリババ上場で4兆円の含み益も

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期の決算を発表した。かねてから …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …