ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マインナンバーを持てない海外赴任者は、日本にある自分の口座に送金できない?

 

 マイナンバー制度のスタートに伴って、海外居住者が日本国内の自分の口座に送金できないという問題がネットで話題となっている。海外に赴任する人は、住民票を抜く必要があるが、現行法では住民票がない人にはマイナンバーが交付されないことが原因と考えられる。

mynumberseido
 ネット上では、海外居住者が国内にある自分の口座にお金を振り込めなかったというケースが報告されている。海外から送金しても、日本国内の銀行が受け取りを拒否していると思われる。

 銀行はマイナンバー制度の導入に伴い、投資信託の申し込み、NISA(少額投資非課税制度)口座の開設、海外送金などの際にマイナンバーの提示を求めるようになった。
 ところがマイナンバーは、海外赴任者など日本に住民票を置くことが許されていない人には交付されない。このため海外から日本にある自分の口座に送金しようとすると、銀行が受け付けないという状態になってしまう。

 現在、海外に居住する日本人は130万人ほどおり、年々その数は増加している。昭和の時代であれば、海外に赴任する人は、大企業のエリート社員が多く、生活面でのサポートは会社が丸抱えで行っていた可能性が高い。
 だが最近では、ごく普通の人が、海外に赴任するケースが増えており、こうした人達は、身の回りのことをすべて自分でこなさなければならない。

 海外に赴任する際、日本国内にあるすべての口座を閉じ、日本とのやり取りを一切断ち切ればこうした問題は発生しない。だが現実には、日本に残った家族が、本人名義の口座を使って生活資金を引き出していたり、親族が住む賃貸住宅を本人が肩代わりしているなど、国内口座を維持している、あるいは維持せざるを得ないケースは数多く存在するだろう。
 こうしたごく普通の生活者にとって、振り込みができないという状況は、場合によっては深刻な事態を引き起こす可能性もある。

 銀行は当局から厳しく指導されており、杓子定規な対応をする可能性が高い。利用者の状況に合わせて融通を利かせるということはしないだろう。一部の銀行では送金が可能という話もあるが、おそらく例外的と思われる。

 政府はマイナンバー制度について、国民の利便性向上のためと説明しているが、現実は異なる。この制度は、徴税強化を目的としたものであり、基本的にその概念に基づいて制度は設計されている。海外送金について一律、マイナンバーの提示を求めているのはそのためである。
 しかし、こうした制度が、海外で働く、ごく普通の日本人の生活を脅かすようなものであっては、それこそ本末転倒である。

 - 政治, 社会

  関連記事

kokumusho02
靖国参拝に対する米国の声明。問題解決を内容の解釈に求めるのは危険だ

 安倍首相の靖国参拝に対して、米国政府が異例の声明を発表してから約10日が経過し …

asahidigitalkiji
小保方氏を茶化した朝日新聞デジタルのコラム削除問題は、日本ならでは

 理化学研究所の小保方晴子氏が歌手デビューするという、「嘘」を題材にした朝日新聞 …

koyashirin
女性社会起業家が挑むインターナショナルスクールが開校。ふるさと納税をフル活用

 日本の高校卒業資格を得ることができ、かつ国際的な大学入学資格が得られる国際バカ …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

capitolhill
TPAがようやく可決。米議会はなぜ外国との通商権限を持っているのか?

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉に重要な役割を果たす、米国の大統領 …

rikokyo
ヘッジファンドから軍人まで。米国が官民挙げて中国詣で。米中合同軍事演習も実現か?

 次期最高指導部が決まった中国に対して、米国側が官民ともに、猛烈なアプローチをか …

chousensoren
朝鮮総連ビルの売却手続き一時停止は、拉致問題の強力な外交カードとなる?

 朝鮮総連中央本部の土地・建物の競売をめぐり、朝鮮総連は売却手続きをいったん停止 …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

putin03
ロシアが旧ソ連崩壊以後、最大規模の軍事演習。日本と中国がその背景に

 ロシア軍は、シベリアおよび極東地域において延べ16万人が参加する大規模な軍事演 …