ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マインナンバーを持てない海外赴任者は、日本にある自分の口座に送金できない?

 

 マイナンバー制度のスタートに伴って、海外居住者が日本国内の自分の口座に送金できないという問題がネットで話題となっている。海外に赴任する人は、住民票を抜く必要があるが、現行法では住民票がない人にはマイナンバーが交付されないことが原因と考えられる。

mynumberseido
 ネット上では、海外居住者が国内にある自分の口座にお金を振り込めなかったというケースが報告されている。海外から送金しても、日本国内の銀行が受け取りを拒否していると思われる。

 銀行はマイナンバー制度の導入に伴い、投資信託の申し込み、NISA(少額投資非課税制度)口座の開設、海外送金などの際にマイナンバーの提示を求めるようになった。
 ところがマイナンバーは、海外赴任者など日本に住民票を置くことが許されていない人には交付されない。このため海外から日本にある自分の口座に送金しようとすると、銀行が受け付けないという状態になってしまう。

 現在、海外に居住する日本人は130万人ほどおり、年々その数は増加している。昭和の時代であれば、海外に赴任する人は、大企業のエリート社員が多く、生活面でのサポートは会社が丸抱えで行っていた可能性が高い。
 だが最近では、ごく普通の人が、海外に赴任するケースが増えており、こうした人達は、身の回りのことをすべて自分でこなさなければならない。

 海外に赴任する際、日本国内にあるすべての口座を閉じ、日本とのやり取りを一切断ち切ればこうした問題は発生しない。だが現実には、日本に残った家族が、本人名義の口座を使って生活資金を引き出していたり、親族が住む賃貸住宅を本人が肩代わりしているなど、国内口座を維持している、あるいは維持せざるを得ないケースは数多く存在するだろう。
 こうしたごく普通の生活者にとって、振り込みができないという状況は、場合によっては深刻な事態を引き起こす可能性もある。

 銀行は当局から厳しく指導されており、杓子定規な対応をする可能性が高い。利用者の状況に合わせて融通を利かせるということはしないだろう。一部の銀行では送金が可能という話もあるが、おそらく例外的と思われる。

 政府はマイナンバー制度について、国民の利便性向上のためと説明しているが、現実は異なる。この制度は、徴税強化を目的としたものであり、基本的にその概念に基づいて制度は設計されている。海外送金について一律、マイナンバーの提示を求めているのはそのためである。
 しかし、こうした制度が、海外で働く、ごく普通の日本人の生活を脅かすようなものであっては、それこそ本末転倒である。

 - 政治, 社会

  関連記事

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

mof05
財務省が人事を正式発表。予想通り木下次官は1年で退任したが・・・

 財務省は2014年7月4日、正式な主要人事を発表した。すでに報道されている通り …

obamaimin
米国で移民の国外退去を猶予する政策が不調。すでに時代は次のフェーズに進んでいた

 オバマ大統領が選挙対策の目玉として発表した不法移民の強制送還を猶予する政策が思 …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

narita
成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

obamakurisuti00
オバマ大統領がハリケーン対応で天敵クリスティ知事と協力。ロムニー候補には不利に

 熱烈なロムニー支持で、オバマ大統領を手厳しく批判してきたニュージャージー州のク …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …