ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生している。「アラブの春」と呼ばれた民主化運動を経て誕生したモルシ政権だが、はやくもその実態が明らかになった格好だ。

 モルシ大統領が追加した大統領権限は、解散中の議会に代わって大統領が立法権を持ち、司法がその決定を覆すことができないという内容で、事実上三権分立をなくしてしまうというもの。また司法が新憲法の起草委員会を解散する権利も剥奪した。
 民主化運動のリーダーの一人で野党党首のエルバラダイ前国際原子力機関事務局長は「大統領はあらたな王になった」と述べ独裁を強く批判した。

 モルシ大統領は、エジプト軍事政権のトップであったムバラク大統領の独裁に反対する民主化運動「アラブの春」によって大統領に就任した人物。だがモルシ大統領自身は、イスラム原理主義組織であるムスリム同胞団出身であり、民主化が成功してもイスラム主義の独裁となってしまい、民主国家にはならないという指摘も出ていた。今回の一連の措置はその懸念を裏付ける形となった。

 ムバラク軍事政権は、軍部や官僚が強大な権限を握り、体制に反対する勢力は厳しく弾圧してきた。官僚主導の政治に反発する勢力は大きく分けて二つあった。ひとつは純粋な民主主義を標榜するグループ。もう一つは保守的愛国的なイスラム原理主義を掲げるグループである。アラブの春では、敵の敵は味方ということで団結したが、革命が終了すると両者の違いが顕在化してしまった。自由競争や女性の社会進出を容認する民主主義者はイスラム原理主義者からすれば敵である。イスラム原理主義者に支持されているモルシ政権は、民主主義者の弾圧を開始したというわけである。

 このような図式はイスラム教というキーワードを除けば、民主主義の発達が未成熟な国(日本や韓国を含む)にはよく見られるものである。
 日本において官僚主導の息苦しい政治体制に反発しているのは、自由競争と民主主義を望む人たちと、右翼的伝統的価値観を望む人たちの2種類である。前者は国際化、女性の社会進出、構造改革に積極的だが、後者はこれらに否定的な人が多い。官僚主導の体制に対する反対という意味で両者は同じだが、最終的に手を組むことはできないのである。

 中東という日本とはあまり縁のない国の出来事だが、エジプトが抱える問題は、日本が内包している問題と大して違いはない。民主主義をめぐって混乱するエジプトの姿は日本の将来像かもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

shukinpei05
習近平国家主席がインドネシア国会で外国要人として初の演説。両国関係は劇的に変化

 中国の習近平国家主席は10月3日、インドネシアを訪問し、国会で演説を行った。イ …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

kazoku004
骨太の方針に具体的な人口目標を明記。だが本当に実現可能なのか?

 政府の経済財政諮問会議は2014年6月13日、「経済財政運営と改革の基本方針」 …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …

PISTORIUS01
両足義足のランナー。南アフリカの自宅でモデルの恋人を銃で射殺

 両足義足のランナーとして史上初めて五輪出場を果たした南アフリカのオスカー・ピス …

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …