ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「アラブの春」の実態が明らかに。エジプトでモルシ大統領が独裁者に豹変

 

 エジプト各地で大統領権限を大幅に強化したモルシ大統領に対する大規模なデモが発生している。「アラブの春」と呼ばれた民主化運動を経て誕生したモルシ政権だが、はやくもその実態が明らかになった格好だ。

 モルシ大統領が追加した大統領権限は、解散中の議会に代わって大統領が立法権を持ち、司法がその決定を覆すことができないという内容で、事実上三権分立をなくしてしまうというもの。また司法が新憲法の起草委員会を解散する権利も剥奪した。
 民主化運動のリーダーの一人で野党党首のエルバラダイ前国際原子力機関事務局長は「大統領はあらたな王になった」と述べ独裁を強く批判した。

 モルシ大統領は、エジプト軍事政権のトップであったムバラク大統領の独裁に反対する民主化運動「アラブの春」によって大統領に就任した人物。だがモルシ大統領自身は、イスラム原理主義組織であるムスリム同胞団出身であり、民主化が成功してもイスラム主義の独裁となってしまい、民主国家にはならないという指摘も出ていた。今回の一連の措置はその懸念を裏付ける形となった。

 ムバラク軍事政権は、軍部や官僚が強大な権限を握り、体制に反対する勢力は厳しく弾圧してきた。官僚主導の政治に反発する勢力は大きく分けて二つあった。ひとつは純粋な民主主義を標榜するグループ。もう一つは保守的愛国的なイスラム原理主義を掲げるグループである。アラブの春では、敵の敵は味方ということで団結したが、革命が終了すると両者の違いが顕在化してしまった。自由競争や女性の社会進出を容認する民主主義者はイスラム原理主義者からすれば敵である。イスラム原理主義者に支持されているモルシ政権は、民主主義者の弾圧を開始したというわけである。

 このような図式はイスラム教というキーワードを除けば、民主主義の発達が未成熟な国(日本や韓国を含む)にはよく見られるものである。
 日本において官僚主導の息苦しい政治体制に反発しているのは、自由競争と民主主義を望む人たちと、右翼的伝統的価値観を望む人たちの2種類である。前者は国際化、女性の社会進出、構造改革に積極的だが、後者はこれらに否定的な人が多い。官僚主導の体制に対する反対という意味で両者は同じだが、最終的に手を組むことはできないのである。

 中東という日本とはあまり縁のない国の出来事だが、エジプトが抱える問題は、日本が内包している問題と大して違いはない。民主主義をめぐって混乱するエジプトの姿は日本の将来像かもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

obama201308
オバマ大統領がシリア軍事介入に慎重なのは、かつてのコソボ空爆の教訓?

 シリア政府が化学兵器を使用した可能性が高まってきたことで、米政府はシリアに対す …

merukerurainiti02
ドイツが慰安婦発言をめぐって日本側を翻弄。メルケル首相の狙いは?

 ドイツのメルケル首相の発言をめぐって、政府と民主党の間で、「言った言わない」論 …

goa
アルジャジーラが米国のTV局を買収。創設者はゴア元副大統領で政治的匂いがプンプン

 カタールに拠点を置くテレビ局アルジャジーラは2日、米国のテレビ局であるカレント …

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

no image
安倍晋三元首相が自民党総裁に選出。政局のカギは維新の橋下代表に

 自民党総裁選は決選投票の末、安倍晋三元首相が自民党総裁に決定した。安倍氏は10 …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …