ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

EUは英国離脱回避のため妥協。だが国民投票はどう転ぶか分からない

 

 EU(欧州連合)は2016年2月19日、ブリュッセルで首脳会議を行い、英国のキャメロン首相が求めていたEU改革案について合意した。EU域内で移民が増加した場合は、移民への社会福祉を制限する措置を認める。

kyameroneu

 英国は、EUに残留するか離脱するかで国民的な議論となっており、6月23日には国民投票が実施される。キャメロン氏は英国の離脱を防ぐためには、英国が求める改革案をEUが認めることが重要と主張していた。今回、合意に達したことで、とりあえず英国の主張が通った格好だが、国民投票がどのような結果になるのかは不透明だ。

 英国ではEUの巨大な官僚組織が内政に干渉してくることを嫌う風潮が強い。また他の欧州各国と比較して経済が好調であることから、移民の流入も多い。英国内には、移民に職を奪われていると考える人も多く、EUからの脱退を主張する勢力は英国の政界で一定の影響力を持っている。

 EUへの残留を主張するキャメロン氏は、EU離脱組からの反発もあり難しい政権運営を余儀なくされていた。このためキャメロン氏は、自身の政権が続いた場合には国民投票を実施するという公約を掲げ、この政局を乗り切るという賭けに出た。今のところ、これは功を奏しており、2015年の総選挙では保守党は圧勝となり、キャメロン氏の基盤は強化された。

 英国が求めるEU改革案を受け入れなければ英国内の世論を説得できないとするキャメロン氏の強硬なスタンスに、とりあえずEU側が折れた格好だ。ただ、本当に国民投票でEU残留を決定できるのかは何ともいえない。

 キャメロン氏の後継者の一人とも言われ、国民からのカリスマ的な人気を誇るジョンソン・ロンドン市長は21日、国民投票ではEU離脱を支持すると表明した。これまでジョンソン氏は、態度を保留してきたが、今回の合意をきっかけにEU離脱派に回ってしまった。

 世論調査ではEU残留の方が上回っており、実際に投票となれば現実的な選択をするとの見方は根強い。だがジョンソン氏が結局、離脱支持に回ったということは、離脱派の影響力が大きいことの裏返しでもある。欧州では6月まで落ち着かない日々が続きそうだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

kakusazini
所得格差を示すジニ係数は過去最大。しかし累進課税などで最終的な格差は縮小

 厚生労働省は2016年9月15日、2014年度における所得再分配調査の結果を発 …

obama00001
日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネッ …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

mof03
財務省が幹部人事を発表。ようやくイレギュラーな人事が収束に向かう?

 財務省は2017年7月5日、幹部人事を発表した。事務次官だった佐藤慎一氏の後任 …

j31
中国が2機目のステルス機を試験飛行。今度は少し本格的

 中国の「環球時報」は1日、次世代ステルス戦闘機「J31」が試験飛行に成功したと …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …