ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

EUは英国離脱回避のため妥協。だが国民投票はどう転ぶか分からない

 

 EU(欧州連合)は2016年2月19日、ブリュッセルで首脳会議を行い、英国のキャメロン首相が求めていたEU改革案について合意した。EU域内で移民が増加した場合は、移民への社会福祉を制限する措置を認める。

kyameroneu

 英国は、EUに残留するか離脱するかで国民的な議論となっており、6月23日には国民投票が実施される。キャメロン氏は英国の離脱を防ぐためには、英国が求める改革案をEUが認めることが重要と主張していた。今回、合意に達したことで、とりあえず英国の主張が通った格好だが、国民投票がどのような結果になるのかは不透明だ。

 英国ではEUの巨大な官僚組織が内政に干渉してくることを嫌う風潮が強い。また他の欧州各国と比較して経済が好調であることから、移民の流入も多い。英国内には、移民に職を奪われていると考える人も多く、EUからの脱退を主張する勢力は英国の政界で一定の影響力を持っている。

 EUへの残留を主張するキャメロン氏は、EU離脱組からの反発もあり難しい政権運営を余儀なくされていた。このためキャメロン氏は、自身の政権が続いた場合には国民投票を実施するという公約を掲げ、この政局を乗り切るという賭けに出た。今のところ、これは功を奏しており、2015年の総選挙では保守党は圧勝となり、キャメロン氏の基盤は強化された。

 英国が求めるEU改革案を受け入れなければ英国内の世論を説得できないとするキャメロン氏の強硬なスタンスに、とりあえずEU側が折れた格好だ。ただ、本当に国民投票でEU残留を決定できるのかは何ともいえない。

 キャメロン氏の後継者の一人とも言われ、国民からのカリスマ的な人気を誇るジョンソン・ロンドン市長は21日、国民投票ではEU離脱を支持すると表明した。これまでジョンソン氏は、態度を保留してきたが、今回の合意をきっかけにEU離脱派に回ってしまった。

 世論調査ではEU残留の方が上回っており、実際に投票となれば現実的な選択をするとの見方は根強い。だがジョンソン氏が結局、離脱支持に回ったということは、離脱派の影響力が大きいことの裏返しでもある。欧州では6月まで落ち着かない日々が続きそうだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

abeputin
日本の制裁措置にロシア側が反発。安倍政権の対ロ独自外交は難しい局面に

 ウクライナ問題をめぐるロシアへの経済制裁について、ロシア側が反発している。ロシ …

jinminkaihogun
中国人民解放軍が大規模な組織改編。軍の近代化と地域利権の排除が狙いか?

 中国人民解放軍は2016年2月1日、従来の軍区に代わり、新しく戦区という区域を …

patten
香港最後の総督パッテン氏が、香港民主化をめぐり中国政府と英国政府を批判

 英国統治時代における最後の香港総督として世界的に有名な英国のクリストファー・パ …

google schmidt
Googleのシュミット会長が北朝鮮訪問。その先に中国を見据えた米朝交渉が動き始めた

 インターネット検索最大手Googleのエリック・シュミット会長が北朝鮮を訪問す …

ouki
中国外相に温家宝首相に近い王毅氏が内定。日中関係への影響は?

 中国の次期外交部長(外務大臣)に、駐日大使の経験のある王毅・国務院台湾事務弁公 …

kerryohki
ケリー国務長官のアジア歴訪。カギとなったのはやはり中国との会談

 米国のケリー国務長官は4月12日から15日の日程で韓国、中国、日本を相次いで訪 …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …