ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本国債の安全性を考慮してのものではない。円の調達コストが劇的に低下していることが原因であり、長期的に見れば国債市場の不安定化につながる。

nihonen 財務省によると、2015年における外国人投資家による短期債および中長期債の購入額は19兆6000億円だった。2014年は13兆3000億円、2013年は1兆6000億円だったので、2014年からの増加が目立つ。
 2015年における、借換債などを含んだ国債の発行総額は約170兆円だったので、外国人投資家による投資がすべて国債だと仮定すると、国債全体の2割を購入した計算になる。

 マスメディアの報道では、欧州などで利回りが低下したことで、余剰資金の一部が安全資産である日本国債に回ってきたとの解説が多い。確かに、海外の余剰資金は一定のルールに従ったポートフォリオ運用が必要なので、一部は日本国債で運用されるという側面がある。

 だが、グローバル市場では、日本の財政問題は強く意識されており、現実には安全資産とはみなされていない。そのような状況で、日本国債への投資が増えているのは、円の調達コストが劇的に安くなっており、そのうまみがあるからだ。

 このところ、為替フォワード取引などの分野でドルの調達コストが急上昇している。これは逆に見れば、円の調達コストが安いことを意味している。現在、日本勢はかなりの手数料を払ってドルを調達しており、逆に海外勢は、ドルを提供することで利益を上げることができる。
 ドルの提供ですでに利益が出ているので、金利が安くても日本国債に投資をするメリットが出てくるという仕組みである。これはマイナス金利であっても同じで、国債の先高感が継続する限り投資は続くだろう。

 この状態は、日本円に対するニーズの低下から発生しているものである。長期的には日本円や日本国債の信認低下につながってくる動きであり、決して喜ばしいことではない。

 製造業の分野では、最近、海外で得た利益を国内に貫流せず、現地で再投資する動きが活発化している。従来のドル取引に加え、アジア地域では人民元建の決済が増えており、日本円のニーズが下がっていることが主な原因である。
 日本の経常収支は、貿易赤字を海外子会社からの配当収入がカバーするという図式であった。だが海外の子会社が配当という形で利益を国内に還元しないということになると、経常収支がマイナスになることに加え、日本国内への投資はますます減ってしまう。

 このところ、円の先高感が強いが、それは米国景気に対する不透明感というよりも、こうした特殊な事情が背景にあると考えた方が自然である。日本円はすでに安全資産などではない。

 - 経済 , ,

  関連記事

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

appleTV
アップルが大型TVを開発中?シャープが液晶を受注するためには鴻海の傘下入りが必須?

 米アップルが台湾の鴻海精密工業と共同で大画面TVの開発を進めているという。米ウ …

nikkeifinancialtimes
日経によるFT買収。読者層が異なる媒体でシナジー発揮できるのか?

 日本経済新聞社は2015年7月23日、英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(F …

no image
為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年 …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …