ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本国債の安全性を考慮してのものではない。円の調達コストが劇的に低下していることが原因であり、長期的に見れば国債市場の不安定化につながる。

nihonen 財務省によると、2015年における外国人投資家による短期債および中長期債の購入額は19兆6000億円だった。2014年は13兆3000億円、2013年は1兆6000億円だったので、2014年からの増加が目立つ。
 2015年における、借換債などを含んだ国債の発行総額は約170兆円だったので、外国人投資家による投資がすべて国債だと仮定すると、国債全体の2割を購入した計算になる。

 マスメディアの報道では、欧州などで利回りが低下したことで、余剰資金の一部が安全資産である日本国債に回ってきたとの解説が多い。確かに、海外の余剰資金は一定のルールに従ったポートフォリオ運用が必要なので、一部は日本国債で運用されるという側面がある。

 だが、グローバル市場では、日本の財政問題は強く意識されており、現実には安全資産とはみなされていない。そのような状況で、日本国債への投資が増えているのは、円の調達コストが劇的に安くなっており、そのうまみがあるからだ。

 このところ、為替フォワード取引などの分野でドルの調達コストが急上昇している。これは逆に見れば、円の調達コストが安いことを意味している。現在、日本勢はかなりの手数料を払ってドルを調達しており、逆に海外勢は、ドルを提供することで利益を上げることができる。
 ドルの提供ですでに利益が出ているので、金利が安くても日本国債に投資をするメリットが出てくるという仕組みである。これはマイナス金利であっても同じで、国債の先高感が継続する限り投資は続くだろう。

 この状態は、日本円に対するニーズの低下から発生しているものである。長期的には日本円や日本国債の信認低下につながってくる動きであり、決して喜ばしいことではない。

 製造業の分野では、最近、海外で得た利益を国内に貫流せず、現地で再投資する動きが活発化している。従来のドル取引に加え、アジア地域では人民元建の決済が増えており、日本円のニーズが下がっていることが主な原因である。
 日本の経常収支は、貿易赤字を海外子会社からの配当収入がカバーするという図式であった。だが海外の子会社が配当という形で利益を国内に還元しないということになると、経常収支がマイナスになることに加え、日本国内への投資はますます減ってしまう。

 このところ、円の先高感が強いが、それは米国景気に対する不透明感というよりも、こうした特殊な事情が背景にあると考えた方が自然である。日本円はすでに安全資産などではない。

 - 経済 , ,

  関連記事

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …

facebookmobile
フェイスブックの3Q決算はまずまず。今後は成長投資の加速で経費は増大

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年10月28日、2014年7~9月期の …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

no image
ウォルマートが低所得者向けの新しい金融決済サービスを開始。日本も参考にすべし

 米小売り最大手ウォルマートとクレジットカード大手アメリカン・エキスプレスは、プ …

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …