ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社にはそれぞれの事情があるが、業績に対する不安が存在しているのは共通である。

kyuyomeisai02

 トヨタ自動車はの労働組合は、今年の春闘ではベースアップ(ベア)について月額3000円とした。ベアの要求自体は3年連続だが、昨年の要求額は6000円だったので、半分の水準ということになる。
 同社は過去最高益となっており、賃上げの原資がないわけではない。だが、業績拡大の恩恵が下請けにまで広がっていないという現状を考え、本体の賃金は抑制する方向性だ。
 最高水準の業績を誇る同社のベアが前年比で半額ということになると、各社の春闘にも大きく影響してくるだろう。

 三井住友銀行の労組はベアそのものを見送る。日銀によるマイナス金利の導入で銀行の収益悪化が懸念されていることが要因。預金金利の引き下げなど顧客に負担を押し付けている面も否定できず、世論の風当たりも考慮した可能性が高い。
 電機大手労組も前年の半額程度の要求にとどまる見込みで、業績が悪化しているシャープと東芝は春闘から離脱し、ベア要求も行わない。

 各社それぞれの事情があるものの、背景にあるのは全体的な業績悪化懸念である。世界経済の停滞を懸念し株式市場は軟調な展開が続いており、為替市場では円高が進んでいる。このままの状態が続くと、円安頼みだった日本企業の業績は確実に伸び悩む。

 人件費の上昇を抑制しようという企業の行動はある意味では正しいが、少々やっかいな状況も引き起こす。このところ消費に黄色信号が灯っており、ベア抑制によってこれが一気に悪化する可能性が出てくるからである。

 10~12月期のGDP(国内総生産)は今期2回目のマイナス成長となった。マイナス成長自体はやむを得ないとしても問題はその中身である。設備投資や政府支出の抑制が原因であればまだマシだが、マイナス成長に陥った最大の要因は消費の低迷であった。

 家計の実質消費は、何と21カ月連続の前月割れとなっている。その原因は労働者の実質賃金が減少しているからである。賃上げがあったとしても物価上昇分に追い付いておらず、家計は支出を引き締めざるをえない。
 ここで賃上げがさらに抑制されるということになると、今後のGDPはさらに厳しい状況となるかもしれない。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

nihonbashi201405
三井不動産など増資案件が相次ぐ。インフレ期待の高まりか?

 三井不動産は5月27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。同社の …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …

imf201306
IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の20 …

businessman06
ようやく発表になった米雇用統計。雇用なき景気回復の傾向がますます鮮明に

 米国の政府機関閉鎖の影響で公表が遅れていた9月の雇用統計が10月22日発表され …

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …