ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社にはそれぞれの事情があるが、業績に対する不安が存在しているのは共通である。

kyuyomeisai02

 トヨタ自動車はの労働組合は、今年の春闘ではベースアップ(ベア)について月額3000円とした。ベアの要求自体は3年連続だが、昨年の要求額は6000円だったので、半分の水準ということになる。
 同社は過去最高益となっており、賃上げの原資がないわけではない。だが、業績拡大の恩恵が下請けにまで広がっていないという現状を考え、本体の賃金は抑制する方向性だ。
 最高水準の業績を誇る同社のベアが前年比で半額ということになると、各社の春闘にも大きく影響してくるだろう。

 三井住友銀行の労組はベアそのものを見送る。日銀によるマイナス金利の導入で銀行の収益悪化が懸念されていることが要因。預金金利の引き下げなど顧客に負担を押し付けている面も否定できず、世論の風当たりも考慮した可能性が高い。
 電機大手労組も前年の半額程度の要求にとどまる見込みで、業績が悪化しているシャープと東芝は春闘から離脱し、ベア要求も行わない。

 各社それぞれの事情があるものの、背景にあるのは全体的な業績悪化懸念である。世界経済の停滞を懸念し株式市場は軟調な展開が続いており、為替市場では円高が進んでいる。このままの状態が続くと、円安頼みだった日本企業の業績は確実に伸び悩む。

 人件費の上昇を抑制しようという企業の行動はある意味では正しいが、少々やっかいな状況も引き起こす。このところ消費に黄色信号が灯っており、ベア抑制によってこれが一気に悪化する可能性が出てくるからである。

 10~12月期のGDP(国内総生産)は今期2回目のマイナス成長となった。マイナス成長自体はやむを得ないとしても問題はその中身である。設備投資や政府支出の抑制が原因であればまだマシだが、マイナス成長に陥った最大の要因は消費の低迷であった。

 家計の実質消費は、何と21カ月連続の前月割れとなっている。その原因は労働者の実質賃金が減少しているからである。賃上げがあったとしても物価上昇分に追い付いておらず、家計は支出を引き締めざるをえない。
 ここで賃上げがさらに抑制されるということになると、今後のGDPはさらに厳しい状況となるかもしれない。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …

jrhokkaido
火災事故対応から、速度低下と本数減少に踏み切ったJR北海道の決断は妥当か?

 JR北海道は9月4日、11月からのダイヤ改正において、札幌と主要都市間を結ぶ特 …

no image
タックスヘイブン(租税回避地)に対する包囲網が狭まる

 ジャージー島やマン島など、英国領の租税回避地(タックスヘイブン)が米国との租税 …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

frb
FRBが利上げを見送り。今後の焦点は労働市場ではなくインフレ率

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年9月17日に開催したFOMC(連邦公開 …

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …