ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社にはそれぞれの事情があるが、業績に対する不安が存在しているのは共通である。

kyuyomeisai02

 トヨタ自動車はの労働組合は、今年の春闘ではベースアップ(ベア)について月額3000円とした。ベアの要求自体は3年連続だが、昨年の要求額は6000円だったので、半分の水準ということになる。
 同社は過去最高益となっており、賃上げの原資がないわけではない。だが、業績拡大の恩恵が下請けにまで広がっていないという現状を考え、本体の賃金は抑制する方向性だ。
 最高水準の業績を誇る同社のベアが前年比で半額ということになると、各社の春闘にも大きく影響してくるだろう。

 三井住友銀行の労組はベアそのものを見送る。日銀によるマイナス金利の導入で銀行の収益悪化が懸念されていることが要因。預金金利の引き下げなど顧客に負担を押し付けている面も否定できず、世論の風当たりも考慮した可能性が高い。
 電機大手労組も前年の半額程度の要求にとどまる見込みで、業績が悪化しているシャープと東芝は春闘から離脱し、ベア要求も行わない。

 各社それぞれの事情があるものの、背景にあるのは全体的な業績悪化懸念である。世界経済の停滞を懸念し株式市場は軟調な展開が続いており、為替市場では円高が進んでいる。このままの状態が続くと、円安頼みだった日本企業の業績は確実に伸び悩む。

 人件費の上昇を抑制しようという企業の行動はある意味では正しいが、少々やっかいな状況も引き起こす。このところ消費に黄色信号が灯っており、ベア抑制によってこれが一気に悪化する可能性が出てくるからである。

 10~12月期のGDP(国内総生産)は今期2回目のマイナス成長となった。マイナス成長自体はやむを得ないとしても問題はその中身である。設備投資や政府支出の抑制が原因であればまだマシだが、マイナス成長に陥った最大の要因は消費の低迷であった。

 家計の実質消費は、何と21カ月連続の前月割れとなっている。その原因は労働者の実質賃金が減少しているからである。賃上げがあったとしても物価上昇分に追い付いておらず、家計は支出を引き締めざるをえない。
 ここで賃上げがさらに抑制されるということになると、今後のGDPはさらに厳しい状況となるかもしれない。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

dellmicrosoft
デルに出資?タブレット台頭を前に、マイクロソフトは重大な岐路に立たされている

 米マイクロソフトが大手パソコン・メーカーの米デルに10億~30億ドル(約900 …

tokei
通貨高でもスイスの時計輸出は絶好調。かつての日本もそうだった

 スイスの2014年における時計輸出額が過去最高を記録した。スイスの中央銀行は2 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

gasstation
浪費時代に逆戻り?原油価格の下落で変わる米国の消費市場

 省エネ志向から小型車に人気が集まっていた米国の自動車市場に異変が起きている。燃 …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

setsubitousi
企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要 …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …