ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ウォール・ストリート・ジャーナルが日銀に原油を買えと大胆提案!

 

 米経済紙のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が日銀に対して面白い提言をしている。現状を打開するため、日銀は原油を購入すべきという内容だ。ファンタジーと前置きしての話だが、日銀が直面している苦悩を反映しているという点では非常に興味深い。

tanker

 WSJは、日銀が原油を購入すべき理由として、原油購入によって原油価格が上昇し、これによって円安が進む可能性が高いこと。さらには原油輸入国である日本が積極的に原油を買うことで、関連施設への投資が見込めることなどをあげている。

 現実に日銀が原油を買えるかという問題はさておき、インフレ期待を醸成させるという量的緩和策の趣旨から考えれば、理論的にはあり得ないことではないかもしれない。だが、今の日銀にとっては少々皮肉な指摘ということになるだろう。

 リフレ派経済学者の代表で、量的緩和策の中核的人物でもある日銀の岩田副総裁は以前、物価は個別の商品価格の積み上げで決まるという反リフレ派のエコノミストを厳しく批判していた。物価はマネタリーベースなど金融的な側面で決まるものであり、個別要因は関係ないというのが量的緩和策の理論的根拠となっているからだ。

 確かに中長期的に見れば、物価とマネタリーベースは連動しているので、この考え方は正しいのかもしれない。だが、現在、日銀が外部に向けて説明している内容は、少々、この理論から逸脱しつつある。

 岩田氏は物価目標が実現できていない理由として「原油価格の大幅下落によるところが大きい」と説明している。原油を除けば、継続的な物価上昇は発生しているという話であり、実際のその通りである。

 だが、3年間、量的緩和策を続けてきて、ここまで物価が上がらないとなると、量的緩和策も万能ではないということになる。このような状況で、原油価格の下落という個別の物価要因で、全体の物価が下がっているという説明を聞かされてしまうと、量的緩和策の効果に疑問を持ってしまう人が出てきても不思議ではない。

 個別商品に的を絞った政策が必要というWSJのコラムは、非現実的とはいえ、非常にタイムリーなものかもしれない。
 マネタリーベースと物価の関係は中長期的には連動するにしても、その変化が非連続的なものであっては、物価の安定という中央銀行の本来の役割から逸脱してしまう。

 原油安の影響を受けているのは日本だけではないことを考えると、ここには日本独特の事情があると考えた方がよいだろう。どうしても脳裏に浮かんでくるのは、アベノミクスにおける成長戦略の頓挫である。

 経済の基本構造が硬直的なままでは、金融政策の効果も半減してしまう。WSJのコラムは、むしろそこを指摘していると解釈した方がよいのかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

oyako
アップルがFBに続いて卵子凍結費用を補助。女性社員引き止めに手段を選ばず

 米アップルは、優秀な女性人材を確保するため、希望する女性社員に対して卵子凍結費 …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

beerneage
ビールの店頭価格が上昇。背景にあるのは政府による安値販売の規制

 このところビールの店頭価格が上昇している。昨年の法改正によってビールの安値販売 …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …

okane201407
インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの …