ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

無罪を勝ち取った産経前ソウル支局長の手記から日本人は何を感じるべきか

 

 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、1年半にわたる法廷闘争の末、無罪を勝ち取った産経新聞前ソウル支局長の手記が話題となっている。
 今回の法廷闘争は民主主義が根付いていない韓国社会の未熟さを浮き彫りにしたが、日本にとっては他山の石とすべきテーマである。

pakucongress

 加藤達也前支局長は、韓国メディアからの引用という形で、客船「セウォル号」沈没事故が起きた際、朴大統領が元側近の男性と会っていたという噂話を紹介した。もともとの記事を書いたのは韓国メディアだが、韓国の検察は加藤氏の方を起訴し法廷闘争となった。
 ソウル中央裁判所が最終的に無罪を言い渡したことで、韓国の民主主義はギリギリのラインで守られたことになる。

 加藤氏は手記の中で「私はあなたの無罪を信じていました」と声をかけられたエピソードを紹介し、韓国人の中にも良識的な人はたくさんいるとしている。しかし、こうした声は全体の雰囲気にかき消され、社会に反映されない。

 個人的には良識的な人が多いのに、社会全体、組織全体になると冷静な判断ができないというのは、息苦しく、法が徹底されない韓国社会の特徴といってよいだろう。
 だが、個人的にはいい人なのに、集団になるとおかしくなるというこの論理、どこかで聞いたことはないだろうか。ほかでもない日本のことである。

 日本は太平洋戦争という失態を演じてはいるものの、大正デモクラシー以来の長い民主主義の伝統を持つ国である。韓国はつい最近まで軍事独裁政権だったことを考えると、日本が韓国より民主主義が発達しているのは、当たり前のことである。

 しかし、韓国や中国のような新興国を対象とするのではなく、民主主義が確立している「先進国」の中で比較した場合、日本の成熟度は低く、法よりも情が優先される社会であるのは事実だ。また個人の良識が組織や国家に反映されにくいという点でも同じである。

 日本は、本来であればアジア地域において、各国に対して民主化を指導する立場だったはずである。しかし最近では、国際社会から日本における人権問題を指摘されるケースが増えており、状況はむしろ後退している。

 今回の事件は、まさに他山の石(他人の粗悪な行動やつまらない出来事であっても、自分を磨く材料にすること)であり、日本の民主主義を再点検するよい機会とすべきだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

aircraftcarrier2
米国が中東に展開する空母を削減。全世界的な米軍撤退の始まりか?

 米国防総省は軍事費削減プロジェクトの一環として、ペルシャ湾に派遣する空母の数を …

kanntei
首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

chousensoren
朝鮮総連ビルの売却手続き一時停止は、拉致問題の強力な外交カードとなる?

 朝鮮総連中央本部の土地・建物の競売をめぐり、朝鮮総連は売却手続きをいったん停止 …

interviewposter
結果的に宣伝に?北朝鮮ハッカー攻撃を受けたソニーの映画が一転して公開、大盛況に

 北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にしたコメディ映画「ザ・インタ ビュー」 …

onoderahagel
小野寺防衛大臣とヘーゲル国防長官が会談。諜報分野での日米連携強化で合意

 小野寺防衛相は4月29日、米国防総省でヘーゲル国防長官と初の会談を行った。尖閣 …

boyscout
米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボー …