ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

無罪を勝ち取った産経前ソウル支局長の手記から日本人は何を感じるべきか

 

 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、1年半にわたる法廷闘争の末、無罪を勝ち取った産経新聞前ソウル支局長の手記が話題となっている。
 今回の法廷闘争は民主主義が根付いていない韓国社会の未熟さを浮き彫りにしたが、日本にとっては他山の石とすべきテーマである。

pakucongress

 加藤達也前支局長は、韓国メディアからの引用という形で、客船「セウォル号」沈没事故が起きた際、朴大統領が元側近の男性と会っていたという噂話を紹介した。もともとの記事を書いたのは韓国メディアだが、韓国の検察は加藤氏の方を起訴し法廷闘争となった。
 ソウル中央裁判所が最終的に無罪を言い渡したことで、韓国の民主主義はギリギリのラインで守られたことになる。

 加藤氏は手記の中で「私はあなたの無罪を信じていました」と声をかけられたエピソードを紹介し、韓国人の中にも良識的な人はたくさんいるとしている。しかし、こうした声は全体の雰囲気にかき消され、社会に反映されない。

 個人的には良識的な人が多いのに、社会全体、組織全体になると冷静な判断ができないというのは、息苦しく、法が徹底されない韓国社会の特徴といってよいだろう。
 だが、個人的にはいい人なのに、集団になるとおかしくなるというこの論理、どこかで聞いたことはないだろうか。ほかでもない日本のことである。

 日本は太平洋戦争という失態を演じてはいるものの、大正デモクラシー以来の長い民主主義の伝統を持つ国である。韓国はつい最近まで軍事独裁政権だったことを考えると、日本が韓国より民主主義が発達しているのは、当たり前のことである。

 しかし、韓国や中国のような新興国を対象とするのではなく、民主主義が確立している「先進国」の中で比較した場合、日本の成熟度は低く、法よりも情が優先される社会であるのは事実だ。また個人の良識が組織や国家に反映されにくいという点でも同じである。

 日本は、本来であればアジア地域において、各国に対して民主化を指導する立場だったはずである。しかし最近では、国際社会から日本における人権問題を指摘されるケースが増えており、状況はむしろ後退している。

 今回の事件は、まさに他山の石(他人の粗悪な行動やつまらない出来事であっても、自分を磨く材料にすること)であり、日本の民主主義を再点検するよい機会とすべきだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

ishiba
日銀法改正で安倍総裁に牽制球。「次」を狙う石破幹事長のしたたかな戦略とは?

 自民党の石破茂幹事長は17日、テレビ東京の報道番組に出演し、日銀法改正について …

hosokawakoizumi
細川元首相が都知事選に出馬表明。その後の政局にばかり焦点が当たる奇妙な選挙に

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選において、細川護熙元首相が立候補を表明し …

seichounoie
自民党の支持母体とも言われた「生長の家」が参院選で与党不支持を打ち出した理由

 宗教法人「生長の家」が、2016年夏の参議院選挙において与党を支持しないと発表 …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

harumitoriton
甘利氏辞任ではからずも注目されてしまった、政府最後の聖域「UR」という大問題

 甘利経財相は2016年1月28日、記者会見を開き、自らの金銭問題に対する責任を …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

hagel
オバマ大統領が次期国防長官にヘーゲル氏を指名。その真の狙いとは何か?

 オバマ米大統領が、次期国防長官に共和党のチャック・ヘーゲル元上院議員を指名する …

shukinpeibaeikyu
中台首脳が66年ぶりの歴史的会談へ。だが台湾総統選挙には逆効果?

 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日、シンガポールで会 …