ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本は再び財政出動路線に転換?著名学者が「構造改革」というキーワードに躊躇

 

 中国・上海で開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は27日、あらゆる政策手段を用いるという共同声明を採択して閉幕した。
 すでに財政再建を達成した米国やドイツにとっては、大規模な財政出動も有力な選択肢となるが、困った状況に追い込まれたのが日本である。莫大な政府債務を抱え、日本には財政出動の余力がないからである。

itotaka

 もっとも官邸の一部では、こうした状況はお構いなしのようである。数字が悪くなることが確実な2016年1~3月期のGDPの発表後というタイミングで大規模な財政出動の実施が計画されている模様だ。ブリーフィングを受けたと思われる一部のエコノミストや大手メディアが同じタイミングで、ほぼ同様の説明をしていることからも、それを伺い知ることができる。

 財政出動が効果を発揮せず、借金の山を作ってしまったという反省から、小泉内閣では構造改革が実施された。しかし構造改革は、国民からの反発で頓挫。これに代わる政策として登場してきたのが量的緩和策である。
 もし量的緩和策の効果に限界があるなら、もはや打つ手はなくなってしまうはずだが、なぜか再び、財政政策が注目されるという奇妙な状況となっている。

 そのような中、テレビ番組でちょっとしたハプニングがあった。量的緩和策を支持してきた経済学者である伊藤隆敏コロンビア大学教授は、ある経済番組に出演し、G20の共同声明について解説していた。
 供給力が増大しないという問題は金融政策では解決できないという氏の解説に対して、アナウンサーがすかさず「やはり財政でしょうか?」と質問。アナウンサーは経済学における需要と供給の関係がよく飲み込めていなかったのかもしれない。
 伊藤氏が言葉に詰まってしまったのはこのタイミングである。「いや、そうではなく」と言った後、数秒の時間が経過し、小さな声で「構造改革が必要ということです」と続けた。

 経済構造が時代に合わないまま金融政策を実施しても効果が薄いことはある意味で常識である。量的緩和策が思ったほど効果を発揮しなかった理由はそこにある。しかし、日本経済はすでに個人消費が弱体化するほど弱ってきており、このタイミングで、痛みを伴う改革を実施するのはもはや不可能だろう。

 結局は、再び安易な財政政策に戻るという状況になっているわけだが、この政策は確実に将来における金利上昇という深刻な副作用をもたらすことになる。

 伊藤氏が「構造改革」という言葉に詰まったのは、世論を気にしてのことなのか、もはや実施は不可能と考えているからなのかは不明である。だが、これまで積極的に構造改革を主張してきた学者が、発言に躊躇するようでは、この選択肢は存在しなくなったと考えた方がよいだろう。投資家にとっては、日本の財政がさらに悪化することは不可避と考えた方がよさそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

goan
10億の報酬をもらうゴーン氏。だが仏本国では世論に配慮し少額しかもらっていない

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は6月25日に開催された株主総会で、2013年 …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

matsuishouken
松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえ …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …