ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産)はマイナス成長となったが、その後も、消費や生産が上向く兆候はない。政府内部では、1~3月期の数字が良くないことが前提となっており、消費増税の再延期に関する声も出始めている。

businessman
 総務省が発表した「家計調査」によると、1月における家計の消費支出は、二人以上の世帯で28万973円となり、物価の影響を除いた実質で、前年同月比3.1%のマイナスとなった。前月比では0.6%のマイナスである。
 このところ日本の家計はボロボロといってもよい状況で、2015年中、消費が前年を上回った月は2回しかなく、直近では5カ月連続のマイナスとなっている。

 需要側が財布の紐を引き締めるということになると、生産側も低迷する。経済産業省が発表した鉱工業生産指数(季節調整済み)によると、1月の速報値は前月比プラス3.7%だったが、2月の予想はマイナス5.2%、3月の予想はプラス3.1%になっている。
 1月がプラスに転じたのは、12月の落ち込み対する反動に加え、春節を見越して前倒しの生産が行われたことが原因と考えられる。2月はその反動が大きいと予想されるが、3月になっても思いのほか回復しないという予想だ。

 1月から3月期を通算すると、10~12月期との比較で0.3%のマイナスになる。予想値から下振れする傾向が強いことや、企業が設備投資を抑制する動きを見せていることなどを考えると、実際の数値はもっと悪いだろう。

 消費の弱さに加えて、設備投資も冴えないということになると、政府支出以外にGDPが増える要素がなくなってしまう。10~12月のGDPのマイナス幅が小さかったのは設備投資が堅調だったからだが、これが減ってしまうと目もあてられない。

 官邸では、1~3月期のGDPはかなり悪いということがすでに大前提となっているようで、大規模な財政出動が模索されている。また安倍首相は、消費税の増税について、微妙に表現を変え始めている。場合によっては消費増税の再延期という可能性が出てきたかもしれない。

 財政出動に消費増税の再延期ということになると、政府債務問題に対する影響は極めて大きい。マイナス金利政策によって、日本国債はすでにバブルと呼ぶレベルを超えて高騰しているが、バブルはいつかはじけるものである。
 国債価格が下落に転じ、同じタイミングで日本の財政問題が強く意識された場合には、金利が予想以上に上昇する可能性もある。そうなってしまうと、利払い負担が増え、さらに財政が苦しくなるという悪循環となってしまうだろう。

 目先は、公共事業や消費増税の再延期でしのげるかもしれないが、副作用は大きい。日本経済はいよいよ重大な岐路に差し掛かっているようだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

juko3sha
日本の製造業が大ピンチ。三菱と東芝はすでに満身創痍、日立は比較的身軽だが・・・

 日本の重電・重工メーカーが岐路に立たされている。三菱重工は日の丸ジェットである …

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

amari
7~9月期のGDPはかなり悪い?政府内部で経済対策に向けた動きが活発化

 政府内部で経済対策の実施に向けた動きが活発になってきた。背景には、7~9月期G …

bukkajoushou
物価上昇は鈍化しているが、現実には値上げが進行。4~6月期GDPにも悪影響か

 総務省は2015年7月31日、2015年6月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

tokyoelec
東京エレクトロンと米アプライドの「対等」な合併という真の意味は?

 半導体製造装置国内トップの東京エレクトロンと、世界シェアトップの米アプライドマ …