ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧米で仕事を掛け持ちする「マルチワーカー」が増加中。日本では普及しないワケ

 

 複数の仕事を掛け持ちする人をマルチワーカーと呼ぶが、不況が長引く欧州ではマルチワーカーが増えているという(写真はイメージ)。

 フランスで保育士の資格をもつ34歳の女性は、自宅で2人の子供を預かって生計を立てている。子ども預かる時間は午前8時から午後6時までの10時間。だが保育士として得られる収入は月1000ユーロ(約10万円)とかなり少ない。毎日預かるわけではないだろうが、単純に自給換算すると500円だ。自身には子供は3人いるという。
 この収入では生活できないので、子供が昼寝をしている間に、イベント装飾の副業を自宅で行っている。こちらの収入は月300ユーロ(約3万円)。二つの仕事を合計すると1300ユーロ(13万円)になり、これでなんとか生活していけるという。だがあまりにも多忙で一人でのんびり過ごす時間はまったく取れないという。

 同じくフランスで整体師の仕事をしている男性の収入は月800ユーロ(約8万円)。学校の奨学金返済などもあり、この収入ではまったく生活ができない。この男性は副業として週に3回、クラブでDJをしているという。深夜からクラブに「出勤」し朝5時に帰宅。午前中は寝て、午後から整体の仕事をする毎日だという。二つの仕事で月1600ユーロ(16万円)の収入となるので、なんとか生活を切り盛りしている。

 欧州ほど状況は悪くないが、社会の効率化が究極まで進んでいる米国ではすでにマルチワーカーは当たり前の存在である。
 小学校の教師をしているある女性は、学校が休みの期間はパーティプランナーとしての仕事をしている。家庭や職場で行われるちょっとしたパーティの企画演出を請け負う仕事である。日本をはじめとするアジア諸国では学校の教師は高給取りの公務員だが、教育システムが社会に行き渡りコモディティ化している欧米各国では先進国になるほど教員の待遇が悪い。普通の小学校教師の給料で生活を維持するのは困難であり、多くの人が職を掛け持ちしている。

 日本でも不況が長引き、複数の仕事を掛け持ちする人が増えてきている。一部では会社の兼業規定を見直す動きも見られる。だが欧米と異なり、ムラ社会の性格が色濃く残る日本では、遠隔で部分的に仕事を請け負うという業務習慣はなかなか定着しない。欧米で兼業が普及するのは個人主義が確立しているからである。
 ノマドワーカーと呼ばれる組織に縛られない仕事の仕方をする人も現れているが、全体からみればごくごくわずかである。また日本では官庁の利権が隅々まで行き渡っており、新しい形態の仕事は違法になってしまうというケースも多い。

 日本経済が今後、劇的に回復し雇用が急上昇する見込みは少ない。兼業へのニーズは今度ますます高まると予想される。だが上記のような柔軟な兼業が日本で普及するまでにはかなりの時間がかかるだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

influ03
中国で鳥インフルエンザで2名が死亡。現段階で感染が拡大するかは不明

 中国政府は3月31日、これまで人への感染が確認されていなかった「H7N9型」鳥 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

bananki
FRBが失業率ターゲットを導入。とうとう出口戦略が見えてきた?

 米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し …

indo
新興国の通貨や株価が大暴落。緩和縮小開始までの投機的な動きか?

 インドやタイ、マレーシアといった新興国の通貨や株式の下落が激しくなっている。イ …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

hasimoto2
橋下氏が慰安婦など一連の発言について釈明会見。だが参院選への影響は必至

 日本維新の会の橋下徹共同代表は5月27日、日本外国特派員協会の記者会見に臨み、 …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

nasamineika
NASAがスペースシャトルの後継に民間2社を選定。宇宙民営化が一気に進む

 NASA(米航空宇宙局)は2014年9月16日、国際宇宙ステーション(ISS) …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …