ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責任が争われた裁判で、最高裁判所は家族に賠償責任はないとする初の判断を下した。これから介護が本格化する社会において極めて妥当な判決といえるだろう。

rojinkaigo

 2007年、愛知県で認知症の男性が1人で外出してしまい、列車にはねられて死亡した。JR東海は列車に遅れが出たとして、男性の妻(93)と長男(65)に約720万円もの支払いを請求した。

 民法では認知症など責任能力のない人の賠償責任は監督義務者が負うとされている。裁判では、妻と長男が監督義務を負うかどうかが争われた。
 妻は高齢で自らも要介護認定を受けており、長男は同居していない状況だったが、介護施設からのデイサービスを受けるなど、一般的な介護の体制は組まれていたという。

 最高裁は、民法の扶助義務は家族相互のものであり、第三者に対する賠償責任を意味したものではないとし、家族の監督者義務はないとの判断を下した。ただ、相互の関わり方によっては責任が生じる場合もあるとし、今回のケースでは責任は生じないとした。

 この裁判は日本が抱える根本的な矛盾を浮き彫りにした典型例といえる。自身の生活については、本人が自己責任で管理すべきものであり、それが不可能な場合には国家がそれを肩代わりするというのが、先進的な民主国家のあり方である。

 日本は、戦後憲法によって形だけは欧米の制度を取り入れたが、社会の現実は以前として前近代的なままだ。日本の介護制度は、在宅が基本となっており、希望者が全員、施設に入れる仕組みにはなっていない。結果として、十分な資金や体制を持たない家族が無制限に介護を強いられる状況となっている。

 しかし、現代社会において、全員が家族と同居し、家族の手で介護を続けるというのは現実的に不可能である。今回のようなケースで24時間、目を離さずに管理するということになると、部屋にカギをかけたり体を拘束するなどの措置が必要となってしまう。こうした状況にもかかわらず、本来、公的な色彩が強いはずの鉄道会社は容赦なく損害賠償請求を行ってきた。

 安倍政権では成長戦略の目玉として、介護離職ゼロを掲げているが、現実社会がこのような状況では、政策の実現は到底不可能である。その意味で、今回の判決は、極めて妥当であり、今後の介護のあり方を示すよい指針となるだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

kissinger
キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャ …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

asahidigitalkiji
小保方氏を茶化した朝日新聞デジタルのコラム削除問題は、日本ならでは

 理化学研究所の小保方晴子氏が歌手デビューするという、「嘘」を題材にした朝日新聞 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …