ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトランプ候補が指名獲得に向けて大きく前進した。数多くの差別発言などから、当初はお騒がせ候補という位置付けだったが、ここにきて、党内の一部からはトランプ氏が本選に出ることを前提にした動きも見られるようになってきた。

trump201603

 トランプ氏が本当に共和党の候補者になった場合、気になるのはトランプ氏が具体的にどのような政策を掲げるのかという点である。トランプ氏は移民や女性に対する差別的発言ばかりが目立ち、肝心の政策についてはあまり報道されていない。

 しかしトランプ氏のこれまでの発言を振り返ってみると、政策的には、実は現職のオバマ大統領にそっくりという意外な状況となっている。

 共和党は伝統的に資本家層からの支持が厚いため、基本的に小さな政府を掲げる政治家が多い。しかしトランプ氏の連邦政府に対する考え方は異なっている。トランプ氏は社会保障の拡充や国内インフラの整備、富裕層への課税といった発言を繰り返しており、どちらかというと大きな政府を目指しているように見える。

 特に年金や医療保険制度については、これまでの共和党とのスタンスとは正反対である。オバマ大統領は、米国では初めてとなる国民皆保険制度(いわゆるオバマケア)を導入したが、トランプ氏はこれを継承するように見える。しかもトランプ氏は同姓婚や人工中絶に対しても反対しておらず、どちらかというリベラル寄りのスタンスに立っている。

 外交政策についても同様だ。共和党の中には、中東問題やアジア問題など、国際問題に対しては積極的に関与すべきと主張する政治家が多い。これは民主党も同じで、積極外交は現代米国における主流派的な価値観といってよい。

 近年の大統領で唯一の例外がオバマ大統領で、オバマ氏はどちらかというと孤立主義である。中東問題には関与せず、米国は単独でやっていけばよいという方向性を明確にしている。オバマ氏は実際、史上最大規模の軍縮を行い、中東から多数の米軍を撤退させた。

 トランプ氏は強いアメリカというイメージは演出しているが、日米安保条約の見直しに言及したことに加え、中東問題に対して距離を置くなど、孤立主義的な姿勢が見られる。実はこうした点もオバマ政権にそっくりである。

 人種差別的な発言を取り払えば、実はトランプ路線は、オバマ路線をそのまま継承するような形になっているのだ。問題発言にもかかわらず、意外なほど支持を得ることができている背景にはこうした部分も影響しているのかもしれない。

 トランプ氏の路線とオバマ氏の路線が似てくる背景には米国が置かれた現状がある。米国はシェールガスの開発によって世界最大の産油国となった。天然ガスなどを含めたエネルギー全体で見ると、米国はエネルギーの完全自給がほぼ可能となっており、中東の石油に頼る必要がなくなっている。米国は単独で国家を運営することが可能となった。

 こうしたマクロ的な環境が、孤立主義を実現できる基礎的条件となっており、この認識はオバマ政権でもトランプ候補でも共有されている。万が一、トランプ氏が大統領になり、米国が孤立主義を強めた場合、日本への影響は甚大だろう。米国はもしかすると、新モンロー主義の時代に向かおうとしているのかもしれない。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

tacloban
フィリピンのアキノ大統領が、被災した現地自治体を批判した政治的背景

 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな …

letta
イタリア大統領がレッタ氏を首相に指名。欧州市場は安定に向かう可能性が高くなってきた

 混迷するイタリアの政局に終止符が打たれる可能性が出てきた。退任予定だったナポリ …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

ishiba
石破幹事長が安倍政権で孤立?独自派閥結成と若手囲い込みを模索中

 自民党の石破茂幹事長が実質的な派閥の立ち上げに動いている。石破氏に近い議員らに …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …

Kennedy
イルカ漁への批判に対して「理解を求めたい」という日本側の姿勢は危険だ

 駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏が和歌山県太地町におけるイルカの追い込み …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

abekaiken
安倍首相が官僚人事で主導権を発揮。だが村木氏の次官抜擢には疑問の声も

 安倍政権が官邸主導人事の目玉として掲げた官僚人事が思いのほか不発となっている。 …