ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトランプ候補が指名獲得に向けて大きく前進した。数多くの差別発言などから、当初はお騒がせ候補という位置付けだったが、ここにきて、党内の一部からはトランプ氏が本選に出ることを前提にした動きも見られるようになってきた。

trump201603

 トランプ氏が本当に共和党の候補者になった場合、気になるのはトランプ氏が具体的にどのような政策を掲げるのかという点である。トランプ氏は移民や女性に対する差別的発言ばかりが目立ち、肝心の政策についてはあまり報道されていない。

 しかしトランプ氏のこれまでの発言を振り返ってみると、政策的には、実は現職のオバマ大統領にそっくりという意外な状況となっている。

 共和党は伝統的に資本家層からの支持が厚いため、基本的に小さな政府を掲げる政治家が多い。しかしトランプ氏の連邦政府に対する考え方は異なっている。トランプ氏は社会保障の拡充や国内インフラの整備、富裕層への課税といった発言を繰り返しており、どちらかというと大きな政府を目指しているように見える。

 特に年金や医療保険制度については、これまでの共和党とのスタンスとは正反対である。オバマ大統領は、米国では初めてとなる国民皆保険制度(いわゆるオバマケア)を導入したが、トランプ氏はこれを継承するように見える。しかもトランプ氏は同姓婚や人工中絶に対しても反対しておらず、どちらかというリベラル寄りのスタンスに立っている。

 外交政策についても同様だ。共和党の中には、中東問題やアジア問題など、国際問題に対しては積極的に関与すべきと主張する政治家が多い。これは民主党も同じで、積極外交は現代米国における主流派的な価値観といってよい。

 近年の大統領で唯一の例外がオバマ大統領で、オバマ氏はどちらかというと孤立主義である。中東問題には関与せず、米国は単独でやっていけばよいという方向性を明確にしている。オバマ氏は実際、史上最大規模の軍縮を行い、中東から多数の米軍を撤退させた。

 トランプ氏は強いアメリカというイメージは演出しているが、日米安保条約の見直しに言及したことに加え、中東問題に対して距離を置くなど、孤立主義的な姿勢が見られる。実はこうした点もオバマ政権にそっくりである。

 人種差別的な発言を取り払えば、実はトランプ路線は、オバマ路線をそのまま継承するような形になっているのだ。問題発言にもかかわらず、意外なほど支持を得ることができている背景にはこうした部分も影響しているのかもしれない。

 トランプ氏の路線とオバマ氏の路線が似てくる背景には米国が置かれた現状がある。米国はシェールガスの開発によって世界最大の産油国となった。天然ガスなどを含めたエネルギー全体で見ると、米国はエネルギーの完全自給がほぼ可能となっており、中東の石油に頼る必要がなくなっている。米国は単独で国家を運営することが可能となった。

 こうしたマクロ的な環境が、孤立主義を実現できる基礎的条件となっており、この認識はオバマ政権でもトランプ候補でも共有されている。万が一、トランプ氏が大統領になり、米国が孤立主義を強めた場合、日本への影響は甚大だろう。米国はもしかすると、新モンロー主義の時代に向かおうとしているのかもしれない。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

abe
総選挙は自民圧勝。安倍政権で日本はどうなる?政策に関する着目点をまとめてみた

 事前の予想通り、総選挙において自民党が圧勝したことで、永田町では早くも安倍政権 …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

chugokutaisikan
NSAによる電話盗聴でにわかに注目を浴びる大使館の「地理的条件」

 米国の諜報機関による電話盗聴問題によって、大使館の地理的な位置関係がにわかに注 …

yamaguchiabe
軽減税率は加工食品まで含める形で最終調整。公明が譲れない理由

 消費税10%への引き上げに伴って導入が検討されている軽減税率について、自民・公 …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

su24
トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …

snowden
すべて米国に言われるがまま。スノーデン事件で明らかになった欧州の弱腰

 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の処遇をめぐっ …

f35b
米軍がステルス戦闘機F-35を岩国基地に配備。その背後にある米国の事情とは?

 パネッタ米国防長官は18日、米軍のステルス戦闘機F35を2017年に米軍岩国基 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …