ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となっている。2億円以上の税金を使って宣伝を行ったにもかかわらず、集まった寄付はわずか2000万円だった。当初から広告代理店などへのバラマキと揶揄されていたことを考えると、投入した税金の10分の1しか寄付が集まらなかったという現実も「想定内」なのかもしれない。

kodomohinkon

 この基金は、子供の貧困対策を解消する目的で、昨年10月に設立したもの。当初から、なぜ税金で直接支援せず、寄付という形にするのかについて疑問の声が上がっていた。告知活動には多額の予算が割り当てられていることから、広告業界に対するバラマキであるとの指摘も多かった。

 フタをあけてみればその通りで、約2億円がポスター制作費用やフォーラム開催費用、ネット広報費用などに充当されたものの、実際に集まった寄付はわずか1949万円だった。2016年3月2日の参議院予算員会で、蓮舫議員の指摘に対し政府側は2億円の支出に対して1949万円しか集まっていない現状を認めている。

 日本社会は、自由競争を是とする米国とは異なり、社会問題の解決において官が主導すべきという声が大きい。官主導がよいのか民主導がよいのかという是非はともかく、官主導で社会問題を解決するのであれば、当然のことながら貧困問題の解決も政府が行うのがスジということになる。

 しかし現実には、ある部分では極端な官主導が実施される一方、別なところでは徹底した弱肉強食政策というチグハグな状況となっている。
 なぜ寄付になったのかという理由について政府は明確にしていないが、「貧困になるのは自己責任なのになぜ支援するのか」という批判が寄せられることを考慮した結果であることは間違いない。
 漫画家の小林よしのり氏はこの問題に対して「子供の貧困なんかに国費は出せない、企業の寄付に頼ろうぜ、これって恐るべき薄情さ」だと激しく批判している。

 自己責任を徹底するのであれば、自己責任社会なりの福祉のあり方というものが存在する。そのためには、すべての領域で自由競争を徹底する必要があり、隅々まで民間によるサービスが行き渡るための環境を整備しなければならない。

 一方、大きな政府を目指し、国家が責任を持って社会問題を解決するという選択をするのであれば、また別の覚悟が必要となる。
 例えばフランスは、ほぼすべての問題について政府が関与することで、徹底した富の再分配に成功しており、貧困率は極めて低い。大企業の多くは国有化され、過度な競争の回避と、政府の方針に沿った経営が徹底されている。だが国民は、重い税負担、極端な学歴エリート主義、柔軟性のないガチガチの行政府といった代償を支払っている。

 都合のよい部分では自己責任、都合が悪い部分では政府による支援という一貫性のないやり方では、社会に歪みが発生するのは当然である。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

abeobana201404002
政権内部から相次ぐオバマ大統領への批判。中国への意図せざるサインになる可能性も

 日米首脳会談終了後、とりあえず共同宣言をまとめることができたものの、日米間のギ …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …

f1
ギリシャ政府がF1への補助金にゴーサイン。政治家と役人だけがオイシイ思いを満喫?

 ギリシャ政府が、F1サーキットの整備計画に3000万ユーロ(約30億円)の補助 …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

nsa
米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?

 米国の諜報機関による盗聴問題が拡大する兆しを見せている。ドイツのマスコミが、米 …

puticshukinpei201405
中国がロシアから天然ガスを高価格で大量購入。ウクライナ問題でロシアが優位に?

 ロシアと中国が、天然ガス供給に関する大型の長期契約を締結した。ロシアはEUに代 …

mof05
2015年度予算は過去最大だが、歳出抑制に向けて舵を切り始めた内容

 政府は2015年1月14日、2015年度予算案を閣議決定した。予算総額は過去最 …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …