ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は経済に占める現金の比率が異様に高いことで知られているが、本来、現金の価値が低下するはずのマイナス金利下でタンス預金が増えることになると、想定外の影響が出てくる可能性もある。

kinko

 最近、ホームセンターなどでは家庭用金庫の売上げが急増している。直接的な原因となっているのはマイナンバーの導入といわれており、金などを保管するために購入する人が多いといわれる。ただ、売上増加の理由はそれだけではなく、マイナス金利の導入によってタンス預金する人が少なからず含まれるといわれる。

 日本はもともと経済規模に比して現金の比率が高いことで知られている。現在、日本に流通している紙幣とコインの総額は約90兆円となっており、GDP(国内総生産)の17.4%を占めている。これに対して米国は7.7%、ユーロは10.2%とかなり低い。
 しかも米ドルとユーロの現金保有者の多くは、国外において外国人が資産保全用に保有しているものである。米国内とユーロ圏内に居住する米国人や欧州人が保有している分はこれよりはるかに少ない。
 一方、日本円にこうしたニーズはなく、現金残高のほとんどが日本国内に住む日本人によって保有されていると考えられる。こうした状況を総合的に考えると日本経済の現金保有率は異様な水準ということになる。

 日本で現金保有が多いのは、欧米に比べて金融システムが整備されておらず、現金取引が多いという商慣習上の問題もあるが、一方で通貨に対する信認が高いことの裏返しともいえる。また頑なにインフレはやってこないと信じていると解釈することも可能だ。

 マイナス金利は理論上は強力なインフレ政策であり、本来であれば現金保有はむしろ危険である。しかしこうした状況にもかかわらずタンス預金が増加しているのだとすると、日本経済にはほとんどインフレ期待が存在しないという解釈になってしまう。

 量的緩和策は市場にインフレ期待を生じさせることではじめて効果を発揮する。タンス預金の増加がインフレ期待の縮小なのだとすると、アベノミクスにおける金融政策は完全に手詰まりということになるだろう。
 また本来の経済メカニズムと逆の行動を国民が取っているということになると、どこでその影響が顕在化してくるか分からない。今後の市場に動きには注意が必要かもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …

twitter
ツイッターの第3四半期決算。内容はそこそこだったが、市場は敏感に反応

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年10月27日、2014年7~9月期の決 …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …

saguradafamilia
欧州の国債入札が好調。日本に避難した資金が欧州に回帰して円安になった?

 欧州での国債入札が好調だ。22日に行われたスペイン国債の入札では、予想を上回る …

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

abekaisan20141119
まるで民主党の政策?緊急経済対策は商品券など直接支援が中心

 安倍首相は2014年11月18日、消費増税の先送りと衆議院の解散を発表すると同 …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …