ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は経済に占める現金の比率が異様に高いことで知られているが、本来、現金の価値が低下するはずのマイナス金利下でタンス預金が増えることになると、想定外の影響が出てくる可能性もある。

kinko

 最近、ホームセンターなどでは家庭用金庫の売上げが急増している。直接的な原因となっているのはマイナンバーの導入といわれており、金などを保管するために購入する人が多いといわれる。ただ、売上増加の理由はそれだけではなく、マイナス金利の導入によってタンス預金する人が少なからず含まれるといわれる。

 日本はもともと経済規模に比して現金の比率が高いことで知られている。現在、日本に流通している紙幣とコインの総額は約90兆円となっており、GDP(国内総生産)の17.4%を占めている。これに対して米国は7.7%、ユーロは10.2%とかなり低い。
 しかも米ドルとユーロの現金保有者の多くは、国外において外国人が資産保全用に保有しているものである。米国内とユーロ圏内に居住する米国人や欧州人が保有している分はこれよりはるかに少ない。
 一方、日本円にこうしたニーズはなく、現金残高のほとんどが日本国内に住む日本人によって保有されていると考えられる。こうした状況を総合的に考えると日本経済の現金保有率は異様な水準ということになる。

 日本で現金保有が多いのは、欧米に比べて金融システムが整備されておらず、現金取引が多いという商慣習上の問題もあるが、一方で通貨に対する信認が高いことの裏返しともいえる。また頑なにインフレはやってこないと信じていると解釈することも可能だ。

 マイナス金利は理論上は強力なインフレ政策であり、本来であれば現金保有はむしろ危険である。しかしこうした状況にもかかわらずタンス預金が増加しているのだとすると、日本経済にはほとんどインフレ期待が存在しないという解釈になってしまう。

 量的緩和策は市場にインフレ期待を生じさせることではじめて効果を発揮する。タンス預金の増加がインフレ期待の縮小なのだとすると、アベノミクスにおける金融政策は完全に手詰まりということになるだろう。
 また本来の経済メカニズムと逆の行動を国民が取っているということになると、どこでその影響が顕在化してくるか分からない。今後の市場に動きには注意が必要かもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

baierumonsanto
独バイエルがお騒がせ企業モンサントを買収。遺伝子組み換えでは最強グループに

 ドイツの医薬・農薬大手バイエルは2016年9月14日、遺伝子組み換え種子の最大 …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

super01
大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見 …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

rikokkyou
日本のバブル退治を彷彿?中国が景気減速にもかかわらず、金融引き締めを強行

 中国経済が正念場に差し掛かっている。香港上海銀行(HSBC)が6月20日に発表 …

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …