ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は経済に占める現金の比率が異様に高いことで知られているが、本来、現金の価値が低下するはずのマイナス金利下でタンス預金が増えることになると、想定外の影響が出てくる可能性もある。

kinko

 最近、ホームセンターなどでは家庭用金庫の売上げが急増している。直接的な原因となっているのはマイナンバーの導入といわれており、金などを保管するために購入する人が多いといわれる。ただ、売上増加の理由はそれだけではなく、マイナス金利の導入によってタンス預金する人が少なからず含まれるといわれる。

 日本はもともと経済規模に比して現金の比率が高いことで知られている。現在、日本に流通している紙幣とコインの総額は約90兆円となっており、GDP(国内総生産)の17.4%を占めている。これに対して米国は7.7%、ユーロは10.2%とかなり低い。
 しかも米ドルとユーロの現金保有者の多くは、国外において外国人が資産保全用に保有しているものである。米国内とユーロ圏内に居住する米国人や欧州人が保有している分はこれよりはるかに少ない。
 一方、日本円にこうしたニーズはなく、現金残高のほとんどが日本国内に住む日本人によって保有されていると考えられる。こうした状況を総合的に考えると日本経済の現金保有率は異様な水準ということになる。

 日本で現金保有が多いのは、欧米に比べて金融システムが整備されておらず、現金取引が多いという商慣習上の問題もあるが、一方で通貨に対する信認が高いことの裏返しともいえる。また頑なにインフレはやってこないと信じていると解釈することも可能だ。

 マイナス金利は理論上は強力なインフレ政策であり、本来であれば現金保有はむしろ危険である。しかしこうした状況にもかかわらずタンス預金が増加しているのだとすると、日本経済にはほとんどインフレ期待が存在しないという解釈になってしまう。

 量的緩和策は市場にインフレ期待を生じさせることではじめて効果を発揮する。タンス預金の増加がインフレ期待の縮小なのだとすると、アベノミクスにおける金融政策は完全に手詰まりということになるだろう。
 また本来の経済メカニズムと逆の行動を国民が取っているということになると、どこでその影響が顕在化してくるか分からない。今後の市場に動きには注意が必要かもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

newyork02
米国で良好な経済指標が相次ぐ。再び早期の出口戦略論が台頭か?

 米供給管理協会(ISM)が8月1日に発表した7月の製造業景気指数は前月の50. …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

chikyugi
日本の1人あたりGDPが急降下。そろそろ貧しさが顕在化してくる?

 日本の1人あたりGDP(国内総生産)が大きく順位を落とし、OECD(経済協力開 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

nyse
ダウが最高値更新。間違っているのは金利なのか株価なのか?

 量的緩和の縮小が進む米国で、思いのほか金利が上がらないという状況が続いている。 …