ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イトーヨーカドーが20店舗を閉鎖。エースだった社長の電撃辞任で内部体制もガタガタ

 

 セブン&アイ・ホールディグスは2016年3月8日、傘下の総合スーパーであるイトーヨーカドーについて20店舗を閉鎖すると発表した。
 イトーヨーカドーは生え抜き社長として成果が期待されていた戸井和久前社長が今年1月、就任1年半で電撃辞任するなど内部体制がガタガタになっている。ようやく本格的なリストラに着手することになったが、今後の見通しは不透明なままだ。

itoyokado

 イトーヨーカドーは、セブン・グループの基礎となった会社であり、かつてはグループの中核会社であった。だが最近は、イオンなど他社と同様、大型スーパーという業態が成立しにくくなり業績が低迷、グループ全体の足を引っ張る図式となっている。直近の2015年9~11月期の決算は144億円の赤字である。

 戸井氏は2014年5月に同社の社長に就任、全店舗の2割にあたる40店舗を2020年までに閉鎖する方針を示し、同時に現場の改革に乗り出していた。何の前触れもない突然の辞任だっただけに、グループ内には衝撃が走ったという。

 業績低迷の責任を取ったという形になっているが、立て直しのために社長に就任したことを考えるとその理由はいかにも不自然である。辞任の本当の理由は、鈴木敏文会長との確執といわれる。
 鈴木氏はこのところイトーヨーカドーの業績低迷に苛立ちを強めており、昨年には「祖業のヨーカ堂でも、利益が出なかったら今後グループから外す」と強い調子で業績の改善を迫っていた。早急な立て直しを求める鈴木氏と現場の改革も同時並行で進める戸井氏との間で路線対立があっても不思議ではない。

 ただ、戸井氏の後任には、前社長の亀井淳顧問が復帰する人事となっており、グループ内の人材不足が露呈する形になっている。今回、閉鎖を決めた20店舗の中にはイトーヨーカドーの1号店も含まれており、本気度がうかがえるが、一度、社長を退任している亀井氏がどこまで改革を実行できるのは不透明だ。

 またグループの頂点に立つ鈴木氏の発言も心許ない。経済誌とのインタビューでは「戸井氏はエースと呼ばれ期待されていたのでは?」という記者の質問に対して「エースとか何とかって誰が言っている話なの?外の人?そういう部分が評論家なんだと思う」とメディア批判を始める始末で、今後の戦略を明確に示せる状況にはなっていない。

 現在ではグループの本業となっているコンビニ事業は堅調であることを考えると、基本的にはヨーカドーは規模を縮小して採算を確保する方向性にならざるを得ない。名実ともに総合スーパーは姿を消しつつある。

 - 経済 , ,

  関連記事

twitter
ツイッターがとうとう上場。同社の収益力について投資家が数字で判断する方法

 米ツイッターが10月7日、とうとうニューヨーク証券取引所に上場した。初値は45 …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

reit201405
インフレ期待からREITの値動きが好調。一部からはプチ・バブル化懸念の声も

 REIT(不動産投資信託)の値動きが堅調だ。このところ日経平均は低迷が続いてい …

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

inteldatacenter
米インテルの2014年1~3月期決算。オールド優良IT企業としての体質がより鮮明に

 半導体世界最大手の米インテルは2014年4月15日、2014年1~3月期の決算 …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

yamamotoitiro
著名ブロガーが海外ヘッジファンド積立サービスの会社に公開質問状

 著名ブロガーの山本一郎氏は3月7日、海外ヘッジファンドに対する積立サービス「い …