ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてきた。だが、現在の終身雇用システムを維持したまま、この制度を導入することの弊害は大きい。実際に導入された場合、どのような影響が出てくるのか、予想するのは難しい。

koyokeiyaku
 安倍首相は今国会の施政方針演説において同一労働、同一賃金について言及し、5月にまとめる「ニッポン1億総活躍プラン」にこのテーマを盛り込むことについて具体的な検討を開始した。

 現在、日本の一般的な企業は、職能給と呼ばれる制度を採用している。これは、終身雇用を前提としたもので、勤続年数に合わせて給料が増えてくるという仕組みである。したがって、非正規労働者と勤続年数の長い労働者が同じ仕事をしていても、非正規労働者の方が安くなる。

 また最近は、終身雇用制度を維持するため、非正規社員への待遇を著しく下げて人件費を捻出する企業も多く、正社員と非正規社員の格差は容認できない水準まで拡大している。政府としては、まず非正規社員の待遇改善を視野に、この制度の導入を進めたい意向だ。

 だが、非正規社員の待遇をよくすれば問題が解決するのかというと、そう簡単にはいかない。非正規社員の賃金は、企業の安易なコスト削減の対象であったことから、これを増やしてしまうと企業の利益が一気に減ってしまうからだ。アベノミクスは、企業の増収が続いていることを拠り所の一つとしており、減収というシナリオは避けたいところだろう。

 経済メカニズム的には、日本企業が終身雇用制度を放棄すれば、この問題の多くは解決する可能性が高い。勤続年数に応じて、全員に昇給を続けていく必要がなくなるので、必要な仕事には相当の対価が支払われ、そうでない仕事には、雇用形態にかかわらず高い賃金は支払われなくなる。

 だが、日本企業の経営者はほとんどが従業員出身であり、年功序列によってトップに就任している。こうしたサラリーマン経営者が、一種の特権と化している終身雇用制度を放棄するとは思えない。
 終身雇用制度を残したまま同一労働、同一賃金を導入すれば、あちこちに歪みが出てくることになる。場合によっては、非正規社員の賃金に引きずられる形で若年層労働者の賃金がさらに下がるケースも出てくるだろう。

 究極的には、終身雇用制度を守りたいのであれば、若年層を中心にさらなる賃金の引き下げを受け入れるしかないという選択になってしまうかもしれない。聖域といわれていたこの分野が動き始めるのかどうかは、官邸の本気度にかかっている。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

panetta
パネッタ米国防長官が辞任の意向。次期オバマ政権では主要閣僚が総入れ替え

 米国防総省のパネッタ長官が、時期オバマ政権では長官に就任しない意向であることが …

hagel
次期国防長官のヘーゲル氏。議会の公聴会で中国への懸念を示すもホンネは別?

 米オバマ大統領が次期米国防長官に指名している共和党のヘーゲル元上院議員に関する …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

shachoshitsu
日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リ …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

tosho002
日経平均2万円超え。その理由は?今後も株高は継続するのか?

 日経平均株価がとうとう2万円の大台を超えた。2015年4月10日の東京株式市場 …