ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因が大きく、これを除くと実態はむしろマイナスである。設備投資の状況は依然として厳しいと見た方が自然である。

kikaiinsatu
 内閣府は2016年3月14日、1月の機械受注統計を発表した。機械受注は設備投資の先行指標といわれており、GDP(国内総生産)における設備投資の基礎データにもなっている。
 2015年10~12月期のGDPはマイナス成長となっており、1~3月期についても厳しい数字になるとの見方が強まっている。2期連続でマイナス成長ということになると、アベノミクスそのものに疑問符が付きかねない状況だ。このため、1月の機械受注統計については多くの関係者が注目していた。

 結果は一見すると非常に良好なものであった。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比15%増と予想をはるかに上回った。比較可能な2005年以降では最高の数字であり、メディアには「設備投資が過去最高」といった見出しが並んでいる。

 しかし、これは鉄鋼業界における設備更新という特殊要因があり、一過性のものである。鉄鋼分野を除くと前月比はマイナスとなり、受注金額全体ではマイナス8.8%とむしろ大幅減だった。内閣府では、こうした状況から景気判断は据え置いている。

 中国景気の失速に加え、世界景気全般についても後退懸念が高まっている。実際に景気後退に陥る可能性はまだそれほど高くないが、少なくとも日本企業は設備投資に対して積極的にはなれないだろう。

 今のところ、1~3月期の設備投資見込みはプラスが維持されているが、場合によってはマイナスを覚悟した方がよさそうだ。
 10~12月期のGDPは、消費が弱く、設備投資で全体をカバーする構図だった。消費の弱さがそのままで、設備投資が横ばい、あるいはマイナスということになると、連続でGDPがマイナス成長に陥る可能性が出てくる。

 GDPが連続マイナス成長なのかはともかく、景気の先行きについては、相当慎重になる必要がありそうだ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

virginatlantic
シティバンクに続いてヴァージン航空も日本撤退。その背景にあるもの

 英国のヴァージンアトランティック航空は2014年9月3日、成田-ロンドン線につ …

tosho05
中国ショックによる世界同時株安。日本は特に悪い条件が揃っている

 中国の景気減速懸念から、先週の株式市場は大荒れとなった。市場では下落は一時的と …

googlehead
グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

gaikokujinrodosha
これは事実上の移民政策?オリンピック以後も外国人労働者を継続して受け入れへ

 安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に向けて本格的に動き始めた。安倍首相は20 …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …

tokyowan
12月8日発表のGDP改定値は上方修正の見込み。ただ全体的な景気動向は変わらず

 財務省は2014年12月1日、7~9月期の法人企業統計を発表した。ソフトウエア …

apple02
チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は …