ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スーチー氏の大統領就任問題から考える憲法の本質。悪法は法なのか?

 

 ミャンマー国会は2016年3月15日、アウンサン・スーチー氏の側近であるティン・チョー氏を次期大統領として選んだ。スーチー氏は大統領就任を望んでいたが、独裁との批判から断念した形だ。
 ミャンマーにおける一連のプロセスは、憲法というものの本質を考えるよいきっかけとなるかもしれない。

sutisenkyo

 ミャンマーの憲法では、親族に外国籍がある人は大統領になれない。この規定には、スーチー氏の大統領就任を阻む目的があるといわれている。また現憲法では、議会における4分の1の議席が非改選の軍人議員となっており、この部分には民意が反映されない。

 現憲法の手続きに則って、スーチー氏が大統領になるためには、議会の4分の3の賛成が必要だが、4分の1は非民主的な議員ということのなるので、彼等が賛成しなければ、事実上憲法改正ができない状態にある。

 今回の選挙で圧勝した国民民主連盟(NLD)は、特別法を制定し、憲法における大統領の規定を一時凍結し、民意に従って党首のスーチー氏を大統領にする案を示していた。

 だが旧軍事政権側はこれに強く反発しており、最終的にはNLD側が妥協する形で、チョー氏が大統領という形に落ち着いた。スーチーは実質的なトップとして閣外から政権を率いることになる。

 憲法の規定を超えて大統領に就任しようとしていたスーチー氏に対しては、「法の支配」を無視しているとの批判も出ているが、スーチー氏の行為をそのように断定できるのかは非常に難しい問題だ。
 日本では「法の支配」という言葉と「法治主義」という言葉が混同されているため、議論がさらに複雑になっている。

 法治主義(形式的法治主義)では、内容がどうあれ、制定された法は絶対ということになる。つまり悪法も法であり、いついかなる時も法は守られなければならないということになる。法治主義に基づいた場合、憲法の内容にかかわらず、その規定を超越しようとしたスーチー氏は法を無視しているということになる。

 一方で、法の支配という言葉は、権力側も法に服さなければならないという意味であり、制定法を絶対視する言葉ではない。
 悪法は法として認められないという考え方は、民主主義の基礎として広く普及している概念だが、こうした立場に立つならば、議会が制定したものであっても、基本的人権を認めない法は、民主国家における法としては成立しないことになる。

 ミャンマーの憲法が非民主的なものであり、民意でその内容を変えられない仕組みになっているのであれば、選挙の結果を反映する形で一時的に機能を制限し、スーチー氏が大統領に就任した上で、憲法の改正を試みるというのは正しい選択ということになる。

 日本でも憲法改正の動きが本格化しているが、議会で制定された憲法は内容にかかわらず絶対なのか、あるいは、改正された憲法の条文に非民主的な内容が含まれていた場合、それでも憲法を守るべきなのか、国民的な議論が必要だろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

ibukibunmei kaisan
解散の万歳はどこでするのが正しい?過去のケースでは実はバラバラ

 衆議院解散における万歳三唱は帝国議会の時代からの慣習といわれてるが、今回の解散 …

kennedy02
ケネディ駐日大使の資産は273億円との報道。資産の中身を詳細に検証してみると・・・

 米CNNは8月19日、次期駐日大使のキャロライン・ケネディ氏が保有する資産は約 …

rikokyoroise
米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次 …

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …

kishidaputin
一筋縄ではいかない日露交渉。プーチン大統領は意図的な遅刻で日本側を翻弄?

 岸田文雄外務大臣はロシアのプーチン大統領らとモスクワで会談し、今月に開催される …

obama201408
オバマ大統領が夏季休暇直前に、嫌々イラク空爆を決断

 オバマ政権はイラク北部のイスラム過激派に対する限定的な空爆に踏み切った。オバマ …

boribia01
ボリビア大統領がスノーデン事件に関連して空港で足止め。仏など欧州各国を非難

 ロシアを訪問し、南米ボリビアに帰国途中だった同国のモラレス大統領が乗った専用機 …

hageshukinpei201404
中国要人がヘーゲル国防長官の日本での発言に不快感を表明

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月7日、日本に引き続いて中国を訪問し、習近 …