ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スーチー氏の大統領就任問題から考える憲法の本質。悪法は法なのか?

 

 ミャンマー国会は2016年3月15日、アウンサン・スーチー氏の側近であるティン・チョー氏を次期大統領として選んだ。スーチー氏は大統領就任を望んでいたが、独裁との批判から断念した形だ。
 ミャンマーにおける一連のプロセスは、憲法というものの本質を考えるよいきっかけとなるかもしれない。

sutisenkyo

 ミャンマーの憲法では、親族に外国籍がある人は大統領になれない。この規定には、スーチー氏の大統領就任を阻む目的があるといわれている。また現憲法では、議会における4分の1の議席が非改選の軍人議員となっており、この部分には民意が反映されない。

 現憲法の手続きに則って、スーチー氏が大統領になるためには、議会の4分の3の賛成が必要だが、4分の1は非民主的な議員ということのなるので、彼等が賛成しなければ、事実上憲法改正ができない状態にある。

 今回の選挙で圧勝した国民民主連盟(NLD)は、特別法を制定し、憲法における大統領の規定を一時凍結し、民意に従って党首のスーチー氏を大統領にする案を示していた。

 だが旧軍事政権側はこれに強く反発しており、最終的にはNLD側が妥協する形で、チョー氏が大統領という形に落ち着いた。スーチーは実質的なトップとして閣外から政権を率いることになる。

 憲法の規定を超えて大統領に就任しようとしていたスーチー氏に対しては、「法の支配」を無視しているとの批判も出ているが、スーチー氏の行為をそのように断定できるのかは非常に難しい問題だ。
 日本では「法の支配」という言葉と「法治主義」という言葉が混同されているため、議論がさらに複雑になっている。

 法治主義(形式的法治主義)では、内容がどうあれ、制定された法は絶対ということになる。つまり悪法も法であり、いついかなる時も法は守られなければならないということになる。法治主義に基づいた場合、憲法の内容にかかわらず、その規定を超越しようとしたスーチー氏は法を無視しているということになる。

 一方で、法の支配という言葉は、権力側も法に服さなければならないという意味であり、制定法を絶対視する言葉ではない。
 悪法は法として認められないという考え方は、民主主義の基礎として広く普及している概念だが、こうした立場に立つならば、議会が制定したものであっても、基本的人権を認めない法は、民主国家における法としては成立しないことになる。

 ミャンマーの憲法が非民主的なものであり、民意でその内容を変えられない仕組みになっているのであれば、選挙の結果を反映する形で一時的に機能を制限し、スーチー氏が大統領に就任した上で、憲法の改正を試みるというのは正しい選択ということになる。

 日本でも憲法改正の動きが本格化しているが、議会で制定された憲法は内容にかかわらず絶対なのか、あるいは、改正された憲法の条文に非民主的な内容が含まれていた場合、それでも憲法を守るべきなのか、国民的な議論が必要だろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

titan
もはや紅白歌合戦?戦争の遺物となった研究所同士が争うスパコン計算速度

 世界のスーパーコンピューター性能ランキングが発表され、前回2位だった理化学研究 …

freedom
米国がシンガポールに最新鋭艦を配備。その地政学的意味とは?

 米海軍は4月18日、最新鋭の沿岸海域戦闘艦(LCS)「フリーダム」をシンガポー …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

brennan
オバマ大統領がCIA長官に指名したブレナン氏。諜報活動一筋で決して笑わない人物

 オバマ米大統領は7日、不倫問題で辞任したCIAのペトレイアス前長官の後任として …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

shukinpei06
習近平氏がダメ押しで胡錦濤氏の側近を粛正。習氏への権力集中は完成に近づく

 中国の習近平国家主席が、胡錦濤前国家主席の側近である令計画氏の排除に動き始めた …

inrakku02
タイのインラック首相がとうとう失職。7月の総選挙に向けて混迷の度合いが深まる

 タイの政局がますます混迷の度合いを深めてきた。タイの憲法裁判所はインラック首相 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …