ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出版業界は、縮小する市場に再編が追い付かない状況となっている。均衡状態に達するまでには、まだ時間がかかりそうだ。

shoten

 出版業界の流通は、取次と呼ばれる独特の中間事業者が存在しているという点で他の業種とは大きく異なっている。取次は、いわゆる「卸」の業態だが、一般的な卸とは異なり、商品の返品ができるシステムが採用されている。

 書店で売れ残った書籍は取次に返品され、流通在庫も最終的には出版社に返品される。つまり在庫リスクはすべて出版社が負うというのが現在の出版業界の構造である。一部の老舗出版社は返品を受け付けないが、これはあくまで例外である。

 書籍は典型的な多品種少量生産の商品であり、毎年、8万点近くの新刊が販売される。小規模な書店がこの中から売れそうな本を選択し、自らのリスクで仕入れることはほぼ不可能であり、こうした市場環境が取次という独特の流通形態を形作ってきた。
 出版社のリスクが極めて高くなるが、その分、取次や書店のマージンは低く抑えられており、出版社の利益を大きくすることでバランスを取ってきたのである。

 市場が拡大している時は、このシステムもうまく機能したが、縮小市場においては、煩雑な流通システムはむしろ足かせとなってきている。
 出版市場は、ピークだった1996年には雑誌と単行本を合わせて2兆6000億円を超えていたが、その後は毎年市場規模は縮小。現在では約1兆6000億円となっており、約20年で4割も減少した。

 取次各社は、売上高を確保するため販売力の大きい書店を奪い合うようになり、大手2者(日本出版販売とトーハン)による寡占化が進むようになってきた。太洋社は多くの取引書店を失い、業務を継続することが不可能になってしまった。

 書店の統廃合はかなり進んでおり、取次も寡占化することで、どこかの地点で市場はある程度の均衡点に達する可能性が高い。
 書店と流通の統廃合が進めば、在庫や販売動向をシステム的に管理し、もっとも効率のよい流通を実現できる可能性もある。出版社側も、やみくもに新刊書を出すのではなく、合理的な予測を立てながら出版していくこともできるようになるだろう。

 ただ最終的に業界が安定するのかどうかは、書籍の市場がどこまで縮小するのかに大きく依存している。紙の書籍そのものがさらになくなっていくのだとすると、業界の安定化はまだまだ望めないことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

tokyowan
12月8日発表のGDP改定値は上方修正の見込み。ただ全体的な景気動向は変わらず

 財務省は2014年12月1日、7~9月期の法人企業統計を発表した。ソフトウエア …

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …