ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消費増税再延期の布石との見方がもっぱらであり、実際、2人のノーベル賞学者は増税再延期を提言している。
 だが、両氏はリベラル派の経済学者であり、実は安倍政権との方向性は異なる。特にスティグリッツ氏は、均衡財政乗数論者であり、量的緩和策一辺倒というわけではない。スティグリッツ氏は実際、安倍首相に何を言ったのだろうか。

stigurittuabe

 政府は16日から、国際金融経済分析会合を開催しており、第1回目の会合には、スティグリッツ米コロンビア大教授が招かれた。スティグリッツ氏は、かつてアベノミクスを支持したことで知られているほか、消費増税に否定的といわれる。安倍首相としては、世界的権威の学者に消費増税再延期を提案させることで、その布石にするとの見方がもっぱらである。

 一般的にはスティグリッツ氏はアベノミクスの支持者と言われているが、それはあくまでも、アベノミクスの中に財政出動が入っているからである。

 スティグリッツ氏は、リベラルな経済学者であり、基本的に均衡財政乗数論者である。財政再建や金融政策、法人税の減税、TPPの締結などについては否定的であり、公共事業による需要創造を政策の基本としている。実は従来のアベノミクスとは正反対の主張なのだ。
 今回の会合で提出された資料にもこうしたスティグリッツ氏の主張が全面的に展開されている。

 それでも官邸がスティグリッツ氏を呼んだのは、日本では彼はアベノミクスの支持者であるとのイメージが強く、彼に消費増税再延期を提言させれば世論を動かせると踏んでいるからだろう。

 おそらく、スティグリッツ氏自身もそのことをよく理解しているはずだ。そうであればこそ、提出資料という記録に残るものには、アベノミクスとは正反対の主張が並び、世間の注目が集まる消費増税の再延期については、何度もコメントで主張する形になっている。

 消費税再延期の地ならしをしたい官邸と、日本での知名度を高め、今後の影響力維持を狙いたいスティグリッツ氏の利害が一致したということなのだろう。

 一方、そうではないとの見方もある。官邸の一部に、強力な財政出動を目指す動きがあり、こうした流れを確立するためにスティグリッツ氏を呼んだという解釈である。

 もし今後、経済政策を財政出動型に変えるということになると、量的緩和策との整合性という問題が出てくるほか、当然のことながら、政府債務問題が再び議論の俎上に上ることになる可能性が高い。
 日本の場合、スティグリッツ氏が主張するような、合理主義的な財政出動はほとんど期待できない可能性が高く、実現した場合には、問題はより複雑になるかもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

usakoyoutoukei201402
2月の米雇用統計で失業率は悪化したのに、市場が高く評価した理由

 米労働省は2014年3月7日、2月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

kabuka
5兆円の損失を公表したGPIFがスマートベータ型運用にシフト。果たして儲かるのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が保有する銘柄の公 …

bananki
バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会 …

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

darairama
オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ …

yasudakodo
キャリア公務員の合格者。結局は旧帝大と早慶ばかりで何も変わっていない

 公務員の地位低下が叫ばれて久しい。東大生で国家公務員試験Ⅰ種(いわゆるキャリア …

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …