ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&アイ・ホールディングスに対し、トップ人事において世襲をしないよう求める異例の書簡を送った。
 現トップの鈴木敏文会長は同社のオーナーではないにもかかわらず、息子である鈴木康弘氏を後継者に指名しようとしているとの観測がある。大企業のトップで情実人事が行われてしまうと株主の利益が侵害される懸念があるとサード・ポイントは指摘している。

sebunsuzu

 鈴木敏文氏は83歳と高齢で、慢性的な健康問題を抱えており、次期トップを指名しなければならない時期に来ている。サード・ポイント側は、息子である鈴木康弘氏を後継者に指名する可能性があるとして、これに懸念を示した。同社では、セブン-イレブン・ジャパン社長の井阪隆一氏を最有力候補にすべきだと指摘している。

 上場企業であってもオーナー企業の場合には、トップの親族が後継者に指名されることは珍しくない。経営に失敗した場合、自身が保有する巨額の資産を失ってしまうことを考えれば、むしろサラリーマン経営者よりも、規律の高い経営を実施できる可能性がある。このため市場も好意的に評価することがほとんどだ。

 だが鈴木氏は経営者になる過程で株式の一部は所有したものの、基本的にサラリーマン経営者であり、セブンのオーナーではない。
 単なるサラリーマン経営者が自分の子息をトップに据えるのは情実人事とみなされても仕方なく、もしこれが実施されれば、企業のガバナンスを著しく低下させる可能性がある。サード・ポイント側はこの点を懸念したものと考えられる。

 後継が噂されている鈴木康弘氏は、敏文氏の次男で武蔵工業大学を卒業後、富士通に入社。システムエンジニアとして働いたのちソフトバンクに移籍し、電子商取引事業の立ち上げに携わった経験がある。

 康弘氏の処遇はともかくとして、セブンはいろいろな意味で過渡期に差し掛かっている。主力のコンビニ事業は好調だが、祖業であるイトーヨーカ堂は今期赤字決算となる見込み。グループ本社では、2020年までに全店舗の2割にあたる40店舗を閉鎖する計画を打ち出していたが、業績悪化に伴いこれを前倒しで実施することになった。

 だが、ヨーカ堂の立て直しが期待されたエースの戸井和久前社長が今年1月、就任1年半で電撃辞任してしまった。辞任の理由は不明だが、再建方針をめぐって鈴木会長との確執があったというのが定説になっている。
 鈴木氏自身も健康問題があることを認めており、できるだけ早く次の経営体制を構築することが何よりも重要だろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

glp
J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス。背景にあるのはインフレ期待?

 不動産投資信託(J-REIT)が好調だ。年初850円前後だった東証REIT指数 …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

yokohamaginkou
とうとう動き出す地方銀行の再編。人口減少への懸念から金融庁が最後通牒?

 地方銀行の再編が加速しそうな雰囲気となってきた。複数の有力地銀が相次いで経営統 …

itoyokado
イトーヨーカドーが20店舗を閉鎖。エースだった社長の電撃辞任で内部体制もガタガタ

 セブン&アイ・ホールディグスは2016年3月8日、傘下の総合スーパーであるイト …

panasonic
パナソニックがテレビ事業を大幅縮小。だがこれで何屋さんか分らない状態に

 パナソニックがテレビ事業を大幅に縮小すると日本経済新聞などが報じている。同社は …

sharp
シャープが再び巨額損失を計上。資本政策をめぐって経営陣は右往左往

 経営再建中のシャープは2015年5月14日、注目の2015年3月期決算を発表し …

softbankson02
孫正義社長続投が急遽決定。総会の招集通知送付後というドタバタ人事

 ソフトバンクグループは2016年6月21日、ニケシュ・アローラ副社長が22日付 …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …