ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&アイ・ホールディングスに対し、トップ人事において世襲をしないよう求める異例の書簡を送った。
 現トップの鈴木敏文会長は同社のオーナーではないにもかかわらず、息子である鈴木康弘氏を後継者に指名しようとしているとの観測がある。大企業のトップで情実人事が行われてしまうと株主の利益が侵害される懸念があるとサード・ポイントは指摘している。

sebunsuzu

 鈴木敏文氏は83歳と高齢で、慢性的な健康問題を抱えており、次期トップを指名しなければならない時期に来ている。サード・ポイント側は、息子である鈴木康弘氏を後継者に指名する可能性があるとして、これに懸念を示した。同社では、セブン-イレブン・ジャパン社長の井阪隆一氏を最有力候補にすべきだと指摘している。

 上場企業であってもオーナー企業の場合には、トップの親族が後継者に指名されることは珍しくない。経営に失敗した場合、自身が保有する巨額の資産を失ってしまうことを考えれば、むしろサラリーマン経営者よりも、規律の高い経営を実施できる可能性がある。このため市場も好意的に評価することがほとんどだ。

 だが鈴木氏は経営者になる過程で株式の一部は所有したものの、基本的にサラリーマン経営者であり、セブンのオーナーではない。
 単なるサラリーマン経営者が自分の子息をトップに据えるのは情実人事とみなされても仕方なく、もしこれが実施されれば、企業のガバナンスを著しく低下させる可能性がある。サード・ポイント側はこの点を懸念したものと考えられる。

 後継が噂されている鈴木康弘氏は、敏文氏の次男で武蔵工業大学を卒業後、富士通に入社。システムエンジニアとして働いたのちソフトバンクに移籍し、電子商取引事業の立ち上げに携わった経験がある。

 康弘氏の処遇はともかくとして、セブンはいろいろな意味で過渡期に差し掛かっている。主力のコンビニ事業は好調だが、祖業であるイトーヨーカ堂は今期赤字決算となる見込み。グループ本社では、2020年までに全店舗の2割にあたる40店舗を閉鎖する計画を打ち出していたが、業績悪化に伴いこれを前倒しで実施することになった。

 だが、ヨーカ堂の立て直しが期待されたエースの戸井和久前社長が今年1月、就任1年半で電撃辞任してしまった。辞任の理由は不明だが、再建方針をめぐって鈴木会長との確執があったというのが定説になっている。
 鈴木氏自身も健康問題があることを認めており、できるだけ早く次の経営体制を構築することが何よりも重要だろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

japandisplay
「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレ …

appledidi
アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

bukkajoushou
コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。 …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

dentsu
労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に …

tosho03
公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の …

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …