ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に成功したのは艦載機「殲15」。中国海軍は正式に発表していないが、政府系メディアの多くが報じており、ほぼ事実と思われる。

 空母「遼寧」は中国初の空母で、旧ソ連から購入し中国が改修したもの。今年9月に海軍に引き渡され、現在は渤海海域で2回目の航海訓練を実施している。これまで艦載機を空母の甲板に接触させてすぐに飛び立つ「タッチ・アンド・ゴー」の訓練を実施していたが、実際に着艦させたのは初めて。ただし発艦はまだ実施しておらず、本格的な運用までにはまだ時間がかかる見通し。

 遼寧はカタパルト(射出装置)を使用しない、いわゆるスキージャンプ方式を採用している。艦首の飛行甲板が14度ほど傾斜しており、艦載機は自力で滑走して飛び上がる。
 これに対して米国の空母は基本的にカタパルト(射出装置)を使用して艦載機を発艦させる方式を採用している。カタパルトは艦載機を瞬時に加速させることができるため、短時間で大量の艦載機を発艦させることができる。カタパルトがあるのとないのでは、その攻撃能力に圧倒的な差が生まれる。
 だがカタパルトの整備には高い技術が要求されるだけでなく、その稼動には莫大なエネルギーが必要となる。このため原子力空母でなければ実用的な運用は困難といわれる。

 遼寧はあくまでテストのための艦船であり、現実的な戦力としては想定されていない。中国は次に就航させる空母を開発中といわれているが、それはカタパルトを備えた原子力空母であるとの噂がある。だが仮にそうだとしても、中国側が超えなければならないカベは厚い。

 米第七艦隊の主力空母「ジョージワシントン」は横須賀を母港としている。米国が自国領土以外で原子力空母の拠点を置いているのは日本だけだが、その理由は、原子力推進システムとカタパルトのメンテナンスに必要な工業インフラを持つ国がそうそう存在しないからである。
 またカタパルトを保有した原子力空母は1年のうち3分の1程度の時間を機器のメンテナンスに費やさなければならない。実際、横須賀のジョージワシントンが出動するのは毎年5月から12月までの8ヶ月程度。後の期間はずっと整備を行っている。

 つまりカタパルトを持った原子力空母を実用レベルで運用するには、高い工業インフラの整備と自由にローテーションを組めるだけの十分な艦船数が必要となる。中国側がこれらのリソースを獲得できるのはかなり先のことになるだろう。
 安易な楽観は危険だが、当面、遼寧の動きに日本側が神経を尖らせる必要はない。

 - 政治

  関連記事

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …

sunnylands
米中首脳会談が行われるリゾート施設サニーランドとはどのような場所なのか?

 6月7日~8日の日程で、いよいよ米中首脳会談が開催される。今回の首脳会談は首都 …

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

siriakougeki
米国第一主義を掲げる保守強硬派がシリア攻撃をめぐりトランプ政権内で孤立

 米国がシリアの軍事施設を攻撃したことで、市場にはちょっとした動揺が広がっている …

rikokkyoonnkaho
中国の新閣僚が出揃う。閣僚人事では習近平氏は劣勢?

 中国政府の新しい閣僚人事が決定した。全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3 …

no image
すでに中東戦争?イスラエルとシリアが一部交戦状態に

 シリア内戦が引き金となり、中東では事実上「中東戦争」が始まったかのような状況と …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

rokkasho01
再処理施設の稼働に米国が懸念?核物質蓄積には何らかの説明が必要

 青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の稼働開始を控え、米国が日本に対してプルトニウ …