ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に成功したのは艦載機「殲15」。中国海軍は正式に発表していないが、政府系メディアの多くが報じており、ほぼ事実と思われる。

 空母「遼寧」は中国初の空母で、旧ソ連から購入し中国が改修したもの。今年9月に海軍に引き渡され、現在は渤海海域で2回目の航海訓練を実施している。これまで艦載機を空母の甲板に接触させてすぐに飛び立つ「タッチ・アンド・ゴー」の訓練を実施していたが、実際に着艦させたのは初めて。ただし発艦はまだ実施しておらず、本格的な運用までにはまだ時間がかかる見通し。

 遼寧はカタパルト(射出装置)を使用しない、いわゆるスキージャンプ方式を採用している。艦首の飛行甲板が14度ほど傾斜しており、艦載機は自力で滑走して飛び上がる。
 これに対して米国の空母は基本的にカタパルト(射出装置)を使用して艦載機を発艦させる方式を採用している。カタパルトは艦載機を瞬時に加速させることができるため、短時間で大量の艦載機を発艦させることができる。カタパルトがあるのとないのでは、その攻撃能力に圧倒的な差が生まれる。
 だがカタパルトの整備には高い技術が要求されるだけでなく、その稼動には莫大なエネルギーが必要となる。このため原子力空母でなければ実用的な運用は困難といわれる。

 遼寧はあくまでテストのための艦船であり、現実的な戦力としては想定されていない。中国は次に就航させる空母を開発中といわれているが、それはカタパルトを備えた原子力空母であるとの噂がある。だが仮にそうだとしても、中国側が超えなければならないカベは厚い。

 米第七艦隊の主力空母「ジョージワシントン」は横須賀を母港としている。米国が自国領土以外で原子力空母の拠点を置いているのは日本だけだが、その理由は、原子力推進システムとカタパルトのメンテナンスに必要な工業インフラを持つ国がそうそう存在しないからである。
 またカタパルトを保有した原子力空母は1年のうち3分の1程度の時間を機器のメンテナンスに費やさなければならない。実際、横須賀のジョージワシントンが出動するのは毎年5月から12月までの8ヶ月程度。後の期間はずっと整備を行っている。

 つまりカタパルトを持った原子力空母を実用レベルで運用するには、高い工業インフラの整備と自由にローテーションを組めるだけの十分な艦船数が必要となる。中国側がこれらのリソースを獲得できるのはかなり先のことになるだろう。
 安易な楽観は危険だが、当面、遼寧の動きに日本側が神経を尖らせる必要はない。

 - 政治

  関連記事

hagel04
北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫ら …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

nobelprize
批判などどこ吹く風。臆面もなくEUにノーベル平和賞を贈る北欧人のしたたかさ

 ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で開かれた。今年 …

mof02
与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相 …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

pakugiwaku
韓国の学歴社会がもたらす、朴槿恵大統領に対する激しい怒り

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が厳しい立場に追い込まれている。支持率は10% …

iowarepub
米大統領選の状況が一変。共和党は主流派が推すルビオ候補が大躍進

 米大統領選の初戦となる中西部アイオワの党員集会は、思いがけない結果となった。共 …

touchou
フランスで政府要人の盗聴対策が効果を上げていない本当の理由とは?

 フランスで閣僚など政府要人のセキュリティ対策が効果を上げていないことが問題視さ …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …