ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態が続いた場合、前期に引き続いて、2016年1~3月期のGDPもマイナスとなる可能性が高まっている。

tokyotower
 総務省が29日に発表した2月の消費支出(2人以上の世帯)は26万9774円となり、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比1.7%の増加となった。一部メディアは「消費が拡大」と報じたが、実態は異なる。
 今年はうるう年で2月が前年よりも1日多い。この分を修正すると前年同月日でマイナス1.5%となり、消費の低迷は続いていることになる。2015年において消費が前年を上回ったのは実は2回しかなく、2014年もやはり2回しかなかった。過去2年間、実質消費は連続してマイナスが続いていることになる。
 前月との比較でも1月はマイナス0.6%だったので、2月もマイナスと仮定すれば、3月によほどの回復がない限り、1~3月期の消費は期待できないことになる。

 需要が高まらなければ生産も低迷する。経済産業省が30日に発表した2月の鉱工業生産指数(速報値)は、季節調整済の前月比でマイナス6.2%と東日本大震災以来の大幅減となった。
 1月はプラス3.7%、3月の見込みはプラス3.9%なので、1月から3月を連続するとほぼ横ばいである。3月の数字が見込みを下回った場合、1~3月の生産もやはりマイナスに転じてしまうだろう。

 個人消費はGDPの6割を占める屋台骨である。個人消費の低迷に加え、世界経済の鈍化懸念から設備投資も抑制気味となっている。10~12月期のGDPはマイナス成長となってしまったが、今期についてもGDPが拡大する要素が見当たらない。2期連続のマイナスということになれば、景気後退が本格的に意識されることになる。

 安倍政権としては、消費増税を再延期し、大規模な財政支出でこれを乗り切る方針と思われる。だがGDPの低迷が、これまで進めてきたアベノミクスの否定という形になると状況は深刻である。この状況で金融緩和をストップしてしまうと状況をさらに悪化させる可能性があるからだ。
 金融緩和を無理に推し進めればインフレ懸念が、財政支出に頼れば政府債務問題が、何もしなければ景気後退が意識されることになる。日本経済はいよいよ八方塞がりの状況となりつつある。

 - 経済 , ,

  関連記事

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

bukkajoushou
1月の消費者物価指数。円安が一服したら物価上昇も鈍化

 総務省は2014年2月28日、2014年1月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

ichimanen
家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で …

kiyosaki
金持ち父さん(倒産)、貧乏父さん(倒産)のキヨサキ氏の会社が倒産

 「金持ち父さん 貧乏父さん」などの著書で知られる、ロバート・キヨサキ氏の会社が …

oilrigtexas
米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …

nichigin03
日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を …