ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クルーグマン教授が公開するというハプニングがあった。日本と諸外国では、こうした情報の扱い方に根本的な認識の違いがあるが、これが露呈する形となってしまった。

kuruguman02

 安倍首相は2016年3月16日から、国際金融経済分析会合を開催しており、3回目の会合にはクルーグマン教授が招かれた。会談の内容は原則非公開ということだったが、クルーグマン氏は22日にツイッター上で会談の内容をすべて公開してしまった。
 日本側の対応にかなりの不満があったらしく、ツイッター上では不快感を示すコメントも残している。

 政府は困惑した様子だが、こうした事態が発生してしまう理由は、日本と他の先進諸国とでは、情報の取り扱いに関する根本的な認識の違いが存在するからである。

 先進的な民主国家では、政治家や公務員は、法律に基づく形でなければ、ジャーナリストや学識経験者などに対して守秘義務を強要することはできない。オフレコという形にする場合には、両者が同意して初めて成立する。
 つまり情報を受け取った側にも、これを秘匿するメリットがなければオフレコは成立しないのである。

 一方、中国のような非民主国家では、政治家や公務員は法に基づかなくても、無条件で非公開を強要できる。非情に残念なことだが、日本は民主国家でありながら、どちらかというと中国のような体制に近い。
 日本の政治家や公務員は、ジャーナリストや学識経験者に対して非公開を要請すれば、相手はその意図を汲み、従ってくれるものだと認識している。

 官邸側はクルーグマン氏に対して、当然のように守秘義務を要請した可能性がある。権威主義的に非公開を要請されれば、当然、相手は不快感を持つ。またクルーグマン氏の側には会談内容をすべて非公開にするメリットがほとんどない。国際的な一般常識ではオフレコは成立しないだろう。

 これは多くの外交交渉の場でも見られる傾向だが、日本側は、なぜか自らの希望について相手が無条件で汲んでくれるものと考えているフシがある。そして、それが受け入れられないと感情的に反発してしまう。

 日本人しかいないムラ社会では、空気を読むというコミュニケーションも可能だが、対外的な交渉では通用しない。相手に何かを要請する場合には、それに見合うメリットを提供できなければ、合意には至らないのが普通である。

 - 政治, 社会, 経済 , ,

  関連記事

abesaninsen
自民圧勝が逆に制約?TPPなど規制緩和を前に「族議員」の動きはどうなるか?

 参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集ま …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

kokou
高校教育の質は偏差値には影響を与えないが、仕事をする能力には影響を与えている!

 政府の教育再生実行会議が、国立大学入試を学力だけの評価から人物など多面的な評価 …

seiketsudo
世界の汚職水準ランキング調査。ランクは同じでも内情は様々?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

shakaibunkakaikan
社民党が党本部を移転。旧党本部ビルは幽霊屋敷と呼ばれ崩壊寸前だった

 社民党は26日、社会党時代から半世紀近く使用してきた永田町の「社会文化会館」か …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

abe20141017
日中首脳会談に向けて調整始まる。一方ロシアは天然ガスで日本に秋波

 11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)において、日中首脳 …

iot
IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢 …