ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クルーグマン教授が公開するというハプニングがあった。日本と諸外国では、こうした情報の扱い方に根本的な認識の違いがあるが、これが露呈する形となってしまった。

kuruguman02

 安倍首相は2016年3月16日から、国際金融経済分析会合を開催しており、3回目の会合にはクルーグマン教授が招かれた。会談の内容は原則非公開ということだったが、クルーグマン氏は22日にツイッター上で会談の内容をすべて公開してしまった。
 日本側の対応にかなりの不満があったらしく、ツイッター上では不快感を示すコメントも残している。

 政府は困惑した様子だが、こうした事態が発生してしまう理由は、日本と他の先進諸国とでは、情報の取り扱いに関する根本的な認識の違いが存在するからである。

 先進的な民主国家では、政治家や公務員は、法律に基づく形でなければ、ジャーナリストや学識経験者などに対して守秘義務を強要することはできない。オフレコという形にする場合には、両者が同意して初めて成立する。
 つまり情報を受け取った側にも、これを秘匿するメリットがなければオフレコは成立しないのである。

 一方、中国のような非民主国家では、政治家や公務員は法に基づかなくても、無条件で非公開を強要できる。非情に残念なことだが、日本は民主国家でありながら、どちらかというと中国のような体制に近い。
 日本の政治家や公務員は、ジャーナリストや学識経験者に対して非公開を要請すれば、相手はその意図を汲み、従ってくれるものだと認識している。

 官邸側はクルーグマン氏に対して、当然のように守秘義務を要請した可能性がある。権威主義的に非公開を要請されれば、当然、相手は不快感を持つ。またクルーグマン氏の側には会談内容をすべて非公開にするメリットがほとんどない。国際的な一般常識ではオフレコは成立しないだろう。

 これは多くの外交交渉の場でも見られる傾向だが、日本側は、なぜか自らの希望について相手が無条件で汲んでくれるものと考えているフシがある。そして、それが受け入れられないと感情的に反発してしまう。

 日本人しかいないムラ社会では、空気を読むというコミュニケーションも可能だが、対外的な交渉では通用しない。相手に何かを要請する場合には、それに見合うメリットを提供できなければ、合意には至らないのが普通である。

 - 政治, 社会, 経済 , ,

  関連記事

amazonbutsuryu
アマゾンがマーケットプレイス商品もお急ぎ便の対象に。楽天との差がさらに拡大?

 アマゾンがロジスティクスの強化を加速させている。マーケットプレイスの商品につい …

nenkintecho
増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことか …

bouekitoukei 201501
1月の貿易統計、輸出数量がようやく増加傾向に。要因は好調な米国経済

 財務省は2015年2月19日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

nichibeikokki
米国の対日世論調査から考える、今後の対日感情の変化と中国の影響

 米国の調査機関であるピューリサーチセンターは2015年4月7日、日米の相互信頼 …

abeputin
安倍首相とプーチン大統領の会談は大成功。影の立役者は森元首相

 安倍首相は4月29日、ロシアを訪問しプーチン大統領と会談した。焦点の北方領土問 …

doshakuzure
気象庁の特別警報を知るきっかけはテレビだけ。告知ルートの偏りが明らかに

 気象庁が「特別警報」の認知に関して実施したアンケート調査で興味深い結果が出てい …

no image
次期選挙戦の争点について各党の政策を比較。ある意味で初の政策選挙か?

 12月の衆院選挙に向けて各党の政策が出揃ってきた。民主、自民の2大政党に加えて …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …