ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クルーグマン教授が公開するというハプニングがあった。日本と諸外国では、こうした情報の扱い方に根本的な認識の違いがあるが、これが露呈する形となってしまった。

kuruguman02

 安倍首相は2016年3月16日から、国際金融経済分析会合を開催しており、3回目の会合にはクルーグマン教授が招かれた。会談の内容は原則非公開ということだったが、クルーグマン氏は22日にツイッター上で会談の内容をすべて公開してしまった。
 日本側の対応にかなりの不満があったらしく、ツイッター上では不快感を示すコメントも残している。

 政府は困惑した様子だが、こうした事態が発生してしまう理由は、日本と他の先進諸国とでは、情報の取り扱いに関する根本的な認識の違いが存在するからである。

 先進的な民主国家では、政治家や公務員は、法律に基づく形でなければ、ジャーナリストや学識経験者などに対して守秘義務を強要することはできない。オフレコという形にする場合には、両者が同意して初めて成立する。
 つまり情報を受け取った側にも、これを秘匿するメリットがなければオフレコは成立しないのである。

 一方、中国のような非民主国家では、政治家や公務員は法に基づかなくても、無条件で非公開を強要できる。非情に残念なことだが、日本は民主国家でありながら、どちらかというと中国のような体制に近い。
 日本の政治家や公務員は、ジャーナリストや学識経験者に対して非公開を要請すれば、相手はその意図を汲み、従ってくれるものだと認識している。

 官邸側はクルーグマン氏に対して、当然のように守秘義務を要請した可能性がある。権威主義的に非公開を要請されれば、当然、相手は不快感を持つ。またクルーグマン氏の側には会談内容をすべて非公開にするメリットがほとんどない。国際的な一般常識ではオフレコは成立しないだろう。

 これは多くの外交交渉の場でも見られる傾向だが、日本側は、なぜか自らの希望について相手が無条件で汲んでくれるものと考えているフシがある。そして、それが受け入れられないと感情的に反発してしまう。

 日本人しかいないムラ社会では、空気を読むというコミュニケーションも可能だが、対外的な交渉では通用しない。相手に何かを要請する場合には、それに見合うメリットを提供できなければ、合意には至らないのが普通である。

 - 政治, 社会, 経済 , ,

  関連記事

caw
東北大が放射性セシウムの臓器蓄積の状況を牛を使って調査。母より子に多く蓄積

 東北大学加齢医学研究所は21日、原発事故の警戒区域内の牛に蓄積された放射性セシ …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

moribuild
これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成し …

usakoyoutoukei201401
米1月の雇用統計は今ひとつ。失業保険給付打ち切りが失業率を下げた可能性が高い

 米労働省は2014年2月7日、1月の雇用統計を発表した。先月の雇用統計があまり …

rimpac201401
環太平洋合同軍事演習がハワイ沖でスタート。今年の目玉は初参加する中国軍

 米軍を中心とした太平洋における多国間軍事演習「リムパック」が2014年6月26 …

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

jikyu1500en
ファストフード店賃上げデモ。時給1500円要求は高いか安いか?

 ファストフード店などで働く人の賃金アップを求めるデモが2015年4月15日、東 …

tosho05
東証が審査を厳格化。なかなか前に進まない日本企業の情報開示

 スマホ向けゲーム開発企業「gumi」のずさんな情報開示をきっかけに、上場企業の …