ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上げに動き始めている。マクロ的に大きな影響がある水準ではないが、マイナス金利の負担が消費者に徐々に転嫁される可能性が出てきた。

manshonkinri
 メガバンク各行は、マイナス金利の導入後、住宅ローンもそれに合わせて引き下げを行ってきた。だが4月1日からは、逆に金利の引き上げが行われている。
 三菱東京UFJ銀行は、10年固定の住宅ローン金利について、もっとも金利が低くなるケースで、0.8%から0.9%への引き上げを実施した。三井住友銀行も同様に0.8%から0.9%に金利を引き上げた。みずほ銀行やりそな銀行なども住宅ローン金利の引き上げを実施している。

 各行はマイナス金利政策の導入で収益悪化の懸念に直面している。日銀は年間80兆円の国債を購入する予定となっており、何もしなければ、当座預金残高も同額だけ増えてしまう。

 仮にこの残高全額にマイナス0.1%の金利が適用されると、銀行全体の収益は年間800億円ほど減少してしまう。銀行に対しては、融資の拡大でこれを補うことが期待されているが、今の日本には融資先がほとんどないのが実情である。このため、銀行は手数料の値上げや逆に金利の引き上げで収益を維持する可能性が指摘されている。

 現在、住宅ローンの貸出残高は118兆円ほどあり、もし住宅ローンの金利をすべて0.1%引き上げれば、理論的にはマイナス金利による収益減少をカバーすることが可能である。
 
 本来であれば、ローンを借りる側が不利になるためローンの新規貸し出しが減少するはずだが、日本の場合には、ローン金利で多少不利になっても、住宅購入が大きく減少するとは考えにくい。
 そうなってくると、マイナス金利下での住宅ローン金利引き上げは、住宅購入者から銀行への所得移転を引き起こすことになる。

 住宅ローンには、様々な種類があるため、話はそう単純ではなく、今回の動きがマクロ的に大きな影響を与えるわけではない。だが、銀行が今後もローン金利の引き上げを継続した場合、マイナス金利の効果が薄まってしまう可能性があることは否定できないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

tokyowan
10~12月期GDPはマイナス成長。打つ手がなく、日本経済はいよいよ袋小路に

 内閣府は2016年2月15日、2015年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

euuk
EU離脱をめぐる市場の反応。英国の株価はむしろ上昇、欧州側が大幅下落のナゼ?

 英国のEU離脱をめぐって一度は落ち着いた金融市場が再び動揺している。ドイツ銀行 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

jutaku02
世帯収入が多いほど無理なくマイホームを購入しているという調査結果をどう見るか

 世帯収入が多いほど、無理のない範囲の金額でマイホームを購入している。そんなアン …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …