ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上げに動き始めている。マクロ的に大きな影響がある水準ではないが、マイナス金利の負担が消費者に徐々に転嫁される可能性が出てきた。

manshonkinri
 メガバンク各行は、マイナス金利の導入後、住宅ローンもそれに合わせて引き下げを行ってきた。だが4月1日からは、逆に金利の引き上げが行われている。
 三菱東京UFJ銀行は、10年固定の住宅ローン金利について、もっとも金利が低くなるケースで、0.8%から0.9%への引き上げを実施した。三井住友銀行も同様に0.8%から0.9%に金利を引き上げた。みずほ銀行やりそな銀行なども住宅ローン金利の引き上げを実施している。

 各行はマイナス金利政策の導入で収益悪化の懸念に直面している。日銀は年間80兆円の国債を購入する予定となっており、何もしなければ、当座預金残高も同額だけ増えてしまう。

 仮にこの残高全額にマイナス0.1%の金利が適用されると、銀行全体の収益は年間800億円ほど減少してしまう。銀行に対しては、融資の拡大でこれを補うことが期待されているが、今の日本には融資先がほとんどないのが実情である。このため、銀行は手数料の値上げや逆に金利の引き上げで収益を維持する可能性が指摘されている。

 現在、住宅ローンの貸出残高は118兆円ほどあり、もし住宅ローンの金利をすべて0.1%引き上げれば、理論的にはマイナス金利による収益減少をカバーすることが可能である。
 
 本来であれば、ローンを借りる側が不利になるためローンの新規貸し出しが減少するはずだが、日本の場合には、ローン金利で多少不利になっても、住宅購入が大きく減少するとは考えにくい。
 そうなってくると、マイナス金利下での住宅ローン金利引き上げは、住宅購入者から銀行への所得移転を引き起こすことになる。

 住宅ローンには、様々な種類があるため、話はそう単純ではなく、今回の動きがマクロ的に大きな影響を与えるわけではない。だが、銀行が今後もローン金利の引き上げを継続した場合、マイナス金利の効果が薄まってしまう可能性があることは否定できないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

softbankson02
ソフトバンク後継者のアローラ氏が私財を投じて同社株600億円分取得へ

 ソフトバンクグループは2015年8月19日、孫正義社長の後継者であるニケシュ・ …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

seiyujo02
政府による上からの構造改革がスタート。弊害はないのか?

 茂木経済産業大臣は2014年6月10日、石油業界の再編を促すため、産業競争力強 …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …