ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上げに動き始めている。マクロ的に大きな影響がある水準ではないが、マイナス金利の負担が消費者に徐々に転嫁される可能性が出てきた。

manshonkinri
 メガバンク各行は、マイナス金利の導入後、住宅ローンもそれに合わせて引き下げを行ってきた。だが4月1日からは、逆に金利の引き上げが行われている。
 三菱東京UFJ銀行は、10年固定の住宅ローン金利について、もっとも金利が低くなるケースで、0.8%から0.9%への引き上げを実施した。三井住友銀行も同様に0.8%から0.9%に金利を引き上げた。みずほ銀行やりそな銀行なども住宅ローン金利の引き上げを実施している。

 各行はマイナス金利政策の導入で収益悪化の懸念に直面している。日銀は年間80兆円の国債を購入する予定となっており、何もしなければ、当座預金残高も同額だけ増えてしまう。

 仮にこの残高全額にマイナス0.1%の金利が適用されると、銀行全体の収益は年間800億円ほど減少してしまう。銀行に対しては、融資の拡大でこれを補うことが期待されているが、今の日本には融資先がほとんどないのが実情である。このため、銀行は手数料の値上げや逆に金利の引き上げで収益を維持する可能性が指摘されている。

 現在、住宅ローンの貸出残高は118兆円ほどあり、もし住宅ローンの金利をすべて0.1%引き上げれば、理論的にはマイナス金利による収益減少をカバーすることが可能である。
 
 本来であれば、ローンを借りる側が不利になるためローンの新規貸し出しが減少するはずだが、日本の場合には、ローン金利で多少不利になっても、住宅購入が大きく減少するとは考えにくい。
 そうなってくると、マイナス金利下での住宅ローン金利引き上げは、住宅購入者から銀行への所得移転を引き起こすことになる。

 住宅ローンには、様々な種類があるため、話はそう単純ではなく、今回の動きがマクロ的に大きな影響を与えるわけではない。だが、銀行が今後もローン金利の引き上げを継続した場合、マイナス金利の効果が薄まってしまう可能性があることは否定できないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

imf201510
IMFが世界経済の見通しを発表。日本は大幅減で、中国は下方修正なし

 IMF(国際通貨基金)は2015年10月6日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

sekorosu
世耕経産相が米主要経済閣僚と初会談。見えてこない日米交渉の道筋

 訪米した世耕経済産業相は2017年3月16日、ロス米商務長官らトランプ政権の主 …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

setubitousi
10月の機械受注はマイナス。10~12月期GDPの設備投資もかなり厳しいか?

 内閣府は2014年12月11日、10月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

yokohamaginkou
とうとう動き出す地方銀行の再編。人口減少への懸念から金融庁が最後通牒?

 地方銀行の再編が加速しそうな雰囲気となってきた。複数の有力地銀が相次いで経営統 …

gold04
金価格の暴落でスイス中銀が評価損を計上。ドル高によって、金価格は低空飛行が続く

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行は、2013年の決算で約90億フラン(約 …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …