ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上げに動き始めている。マクロ的に大きな影響がある水準ではないが、マイナス金利の負担が消費者に徐々に転嫁される可能性が出てきた。

manshonkinri
 メガバンク各行は、マイナス金利の導入後、住宅ローンもそれに合わせて引き下げを行ってきた。だが4月1日からは、逆に金利の引き上げが行われている。
 三菱東京UFJ銀行は、10年固定の住宅ローン金利について、もっとも金利が低くなるケースで、0.8%から0.9%への引き上げを実施した。三井住友銀行も同様に0.8%から0.9%に金利を引き上げた。みずほ銀行やりそな銀行なども住宅ローン金利の引き上げを実施している。

 各行はマイナス金利政策の導入で収益悪化の懸念に直面している。日銀は年間80兆円の国債を購入する予定となっており、何もしなければ、当座預金残高も同額だけ増えてしまう。

 仮にこの残高全額にマイナス0.1%の金利が適用されると、銀行全体の収益は年間800億円ほど減少してしまう。銀行に対しては、融資の拡大でこれを補うことが期待されているが、今の日本には融資先がほとんどないのが実情である。このため、銀行は手数料の値上げや逆に金利の引き上げで収益を維持する可能性が指摘されている。

 現在、住宅ローンの貸出残高は118兆円ほどあり、もし住宅ローンの金利をすべて0.1%引き上げれば、理論的にはマイナス金利による収益減少をカバーすることが可能である。
 
 本来であれば、ローンを借りる側が不利になるためローンの新規貸し出しが減少するはずだが、日本の場合には、ローン金利で多少不利になっても、住宅購入が大きく減少するとは考えにくい。
 そうなってくると、マイナス金利下での住宅ローン金利引き上げは、住宅購入者から銀行への所得移転を引き起こすことになる。

 住宅ローンには、様々な種類があるため、話はそう単純ではなく、今回の動きがマクロ的に大きな影響を与えるわけではない。だが、銀行が今後もローン金利の引き上げを継続した場合、マイナス金利の効果が薄まってしまう可能性があることは否定できないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

doruen
欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行わ …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

no image
当事者能力を失っているシャープの状況は旧日本軍にそっくりとの声

 鴻海のカリスマ経営者である郭台銘(テリー・ゴウ)会長に翻弄され、オロオロするば …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …

sagawajoshi
佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送 …