ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上場する。これは日銀が組成を促した商品であり、市場では「賃上げETF」などと揶揄されているが、どの程度のパフォーマンスを示すのは未知数だ。

tosho002
 日銀は昨年12月の金融政策決定会合において、年間3兆円としていたETFの購入枠に加え「設備・人材投資に積極的な企業の株式を組み入れるETF」も追加購入する方針を決定した。政府の意向に沿った企業の株価が上昇しやすくなる環境を整え、量的緩和策を補完することがその目的である。

 当初はJPX日経400に連動するETFを買い入れるが、この政策に合致するETFが組成された場合には、速やかに買入対象に加える。つまり、日銀の要望に合致するETFを組成すれば、必ず日銀が買うことを保証したということである。

 販売が確実視される商品であり、各社にとってはこれほど「美味しい」ビジネスはない。これを受けて、野村アセットマネジメントと大和投信が新型ETFを東証に申請、日興アセットマネジメントなど各社も同様の商品の上場を予定している。

 投信会社としてはこれでよいが、この商品を購入する一般投資家にとって気になるのは、この投信のパフォーマンスである。これは各社の具体的なポートフォリオがどうなるのかで大きく変わってくるが、投資する場合には注意が必要となるかもしれない。

 賃上げや設備投資の余力が大きい企業は高収益であることが多いので、こうした企業に投資すれば儲かる可能性が高いというのは一般論としては成立するだろう。

 ただ、賃上げはどちらかというと遅行指標であり、利益が上昇した後に賃金が上がってくる可能性が高い。賃上げを重視しるぎると、すでに株価が上がり切ってしまった銘柄に投資してしまうリスクがある。

 設備投資については質が問題となる。事業構造の転換ができず、価値が低下することが分かっている液晶パネルに、数兆円もの金額を投資し続けたシャープのような企業もある。単に設備投資の金額が大きい、あるいは伸び率が高いといった指標だけでは不十分だろう。

 現実には、賃上げと設備投資を重視したETFを謳いつつも、従来の指標も同様に重視する運用方針となる可能性が高く、パフォーマンスも他のアクティブ・ファンドと大して変わらないかもしれない。その意味では、日銀が金融機関のビジネスを支援しただけと解釈することもできる。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
エアバスと防衛大手BAEの合併案に異論噴出!頓挫する可能性も

 欧州航空大手エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの経営統合に、 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

meti03
官製ベンチャーキャピタルの産業革新機構は、まるで公共工事のゼネコン

 産業革新機構は2014年1月8日、日米両国のベンチャー企業育成を手がける株式会 …

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

nichigin
日銀が正式に2%の物価目標を導入。日銀法の改正はとりあえず回避

 日銀は22日の金融政策決定会合で、2%の物価目標を導入し、その達成に向け、さら …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

taburetokyoiku
アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発 …

setsubitousi
企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要 …