ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上場する。これは日銀が組成を促した商品であり、市場では「賃上げETF」などと揶揄されているが、どの程度のパフォーマンスを示すのは未知数だ。

tosho002
 日銀は昨年12月の金融政策決定会合において、年間3兆円としていたETFの購入枠に加え「設備・人材投資に積極的な企業の株式を組み入れるETF」も追加購入する方針を決定した。政府の意向に沿った企業の株価が上昇しやすくなる環境を整え、量的緩和策を補完することがその目的である。

 当初はJPX日経400に連動するETFを買い入れるが、この政策に合致するETFが組成された場合には、速やかに買入対象に加える。つまり、日銀の要望に合致するETFを組成すれば、必ず日銀が買うことを保証したということである。

 販売が確実視される商品であり、各社にとってはこれほど「美味しい」ビジネスはない。これを受けて、野村アセットマネジメントと大和投信が新型ETFを東証に申請、日興アセットマネジメントなど各社も同様の商品の上場を予定している。

 投信会社としてはこれでよいが、この商品を購入する一般投資家にとって気になるのは、この投信のパフォーマンスである。これは各社の具体的なポートフォリオがどうなるのかで大きく変わってくるが、投資する場合には注意が必要となるかもしれない。

 賃上げや設備投資の余力が大きい企業は高収益であることが多いので、こうした企業に投資すれば儲かる可能性が高いというのは一般論としては成立するだろう。

 ただ、賃上げはどちらかというと遅行指標であり、利益が上昇した後に賃金が上がってくる可能性が高い。賃上げを重視しるぎると、すでに株価が上がり切ってしまった銘柄に投資してしまうリスクがある。

 設備投資については質が問題となる。事業構造の転換ができず、価値が低下することが分かっている液晶パネルに、数兆円もの金額を投資し続けたシャープのような企業もある。単に設備投資の金額が大きい、あるいは伸び率が高いといった指標だけでは不十分だろう。

 現実には、賃上げと設備投資を重視したETFを謳いつつも、従来の指標も同様に重視する運用方針となる可能性が高く、パフォーマンスも他のアクティブ・ファンドと大して変わらないかもしれない。その意味では、日銀が金融機関のビジネスを支援しただけと解釈することもできる。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
産業革新機構がルネサスを愛国救済。まるで中国の反日デモとの声も

 産業革新機構が、経営不振に陥っているルネサスエレクトロニクスに対して、トヨタ自 …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

nichigin04
日銀が国債保有シェア1位に。株も公的年金による事実上の政府保有が進む

 日銀による国債保有割合の増加が顕著になっている。日銀が6月18日に発表した資金 …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

nichigin04
日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定し …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …

businessman02
10~12月期のGDPは輸出不振から予想を下回る。早くも補正予算追加との声も

 内閣府は2014年2月17日、2013年10~12月期の国内総生産(GDP)を …