ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年5カ月ぶりの安値となった。
 米国の利上げ期待が後退したことが最大の要因だが、実質金利差が縮小していることや、海外から日本の為替政策に対する牽制球が出ていることなど、複数の要因が重なってしまった。短期的には円高の動きが継続する可能性が高い。

kawaseenndaka
 日銀がマイナス金利を導入したことで、日本の名目金利は低下し、日米の金利差は拡大した。しかし、マイナス金利の導入と前後して、日本のインフレ期待も急速に萎んでおり、実質金利はあまり下がっていない。

 一方、米国も利上げ期待が後退しており、名目金利が下がっている。しかし、米国では労働市場の逼迫などからインフレ率は逆に上昇しており、名目金利から期待インフレ率を引いた実質金利が低下している。

 この結果、日銀がマイナス金利を導入しているにもかかわらず、実質ベースでは日米の金利差が縮小してしまった。この部分に市場が着目してしまい、円高が進んだ可能性が高い。

 日本を取り巻く環境も悪化している。今期は企業収益の伸び悩みが予想されることに加え、世界経済の停滞懸念が台頭したことから、通貨安競争への懸念が高まっている。
 とりわけ日本にその矛先が向けられており、安倍首相は米紙のインタビューに対して「通貨安競争は絶対に避けなければならない」と発言。これが円高容認と捉えられたことで、為替の動きに弾みをつけてしまった。

 これらは短期的な動きであり、ポジションの調整が進めば為替の動きも落ち着くと考えるのが普通だが、必ずしもそうとは限らない。
 米国経済が大きく崩れことがない場合、利上げペースが緩やかになる一方で、インフレも継続することになる。そうなってくると中期的にもドル高になりにくく、現在の状況が継続してしまう可能性がある。

 とりあえず市場は日銀の動きに注目している。4月の27日と28日に開催される金融政策決定会合において追加緩和が発表されない場合には、当分の間、円高傾向が続くことになる。
 中期的には、やはり米国の利上げペースとインフレが為替の動きを決めるだろう。米国の経済が堅調で、利上げペースが速まれば、当初のドル高シナリオが戻ることになるが、今のところ状況は不透明なままだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

bouekitoukei 201502
2月の貿易収支は先月に引き続いて改善。輸出の米国依存がより鮮明に

 財務省は2015年3月18日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

kinyuucho
金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンシ …

dentsu
電通の広告不正問題。AI社会になれば解決するが、その時に代理店は必要ない?

 広告代理店最大手の電通は2016年9月23日、インターネット上の広告に関して不 …

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …

bukkajoushou
4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、 …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …