ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年5カ月ぶりの安値となった。
 米国の利上げ期待が後退したことが最大の要因だが、実質金利差が縮小していることや、海外から日本の為替政策に対する牽制球が出ていることなど、複数の要因が重なってしまった。短期的には円高の動きが継続する可能性が高い。

kawaseenndaka
 日銀がマイナス金利を導入したことで、日本の名目金利は低下し、日米の金利差は拡大した。しかし、マイナス金利の導入と前後して、日本のインフレ期待も急速に萎んでおり、実質金利はあまり下がっていない。

 一方、米国も利上げ期待が後退しており、名目金利が下がっている。しかし、米国では労働市場の逼迫などからインフレ率は逆に上昇しており、名目金利から期待インフレ率を引いた実質金利が低下している。

 この結果、日銀がマイナス金利を導入しているにもかかわらず、実質ベースでは日米の金利差が縮小してしまった。この部分に市場が着目してしまい、円高が進んだ可能性が高い。

 日本を取り巻く環境も悪化している。今期は企業収益の伸び悩みが予想されることに加え、世界経済の停滞懸念が台頭したことから、通貨安競争への懸念が高まっている。
 とりわけ日本にその矛先が向けられており、安倍首相は米紙のインタビューに対して「通貨安競争は絶対に避けなければならない」と発言。これが円高容認と捉えられたことで、為替の動きに弾みをつけてしまった。

 これらは短期的な動きであり、ポジションの調整が進めば為替の動きも落ち着くと考えるのが普通だが、必ずしもそうとは限らない。
 米国経済が大きく崩れことがない場合、利上げペースが緩やかになる一方で、インフレも継続することになる。そうなってくると中期的にもドル高になりにくく、現在の状況が継続してしまう可能性がある。

 とりあえず市場は日銀の動きに注目している。4月の27日と28日に開催される金融政策決定会合において追加緩和が発表されない場合には、当分の間、円高傾向が続くことになる。
 中期的には、やはり米国の利上げペースとインフレが為替の動きを決めるだろう。米国の経済が堅調で、利上げペースが速まれば、当初のドル高シナリオが戻ることになるが、今のところ状況は不透明なままだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

nyse
ダウが最高値更新。間違っているのは金利なのか株価なのか?

 量的緩和の縮小が進む米国で、思いのほか金利が上がらないという状況が続いている。 …

naiburyuuho
希望の党のトンデモ公約で、再び企業の内部留保が注目の的に

 企業の内部留保の問題に再び焦点が当たっている。日本企業が多くの現預金を活用でき …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

sharp
シャープが最大1500億円の公募増資を実施。財務的な危機は脱することができるが・・・・

 経営再建中のシャープは9月18日、約1500億円の公募増資と175億円の第三者 …

abe20130901
安倍政権が消費増税を前提にした動きを加速。増税決定はすでに暗黙の了解?

 安倍政権が消費税増税を前提にした動きを加速している。増税の最終判断は10月1日 …

toshiba03
東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐 …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …