ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8日、グループの経営から退く意向を表明した。自身が主導した人事案が取締役会で否決された責任を取る。
 同社に対しては、オーナー経営者ではない鈴木氏が自分の子息を後継者に据えようとしているとの観測があり、投資ファンドが懸念を示す文書を送っていた。

sebunsuzu

 鈴木氏は83歳と高齢で、慢性的な健康問題を抱えており、後継者問題が切実となっている。また業績が低迷しているイトーヨーカ堂の立て直しを任されていた戸井和久前社長が、今年1月に突然辞任するなど、グループ内での不協和音が目立っていた。

 このため、物言う株主として知られる米国の投資会社サード・ポイントは、後継者としてセブン-イレブン・ジャパン社長の井阪隆一氏を最有力候補にすべきとする書簡を送っていた。また同ファンドは、鈴木氏に自身の子息を後継者に据えようとする動きがあるとして、これについても警鐘を鳴らしていた。

 鈴木氏は、サラリーマン経営者であり、同社の創業者ではない。単なるサラリーマン経営者が自分の子息をトップに据えるのは情実人事とみなされる可能性が高く、これが実施されれば、同社のガバナンスを著しく低下させる可能性がある。

 これに対して鈴木氏は7日の取締役会で、井坂氏の退任を提案するという強硬策に出た。井坂氏の後任に井坂氏より8歳年長の古屋一樹副社長を据えるという新しい人事案には、15名いる取締会のうち8名が反対。結局、鈴木氏が強行した人事提案は否決された。

 取締役会が鈴木氏の提案を否決したのは、同社の創業家出身である伊藤雅俊氏が反対したことの影響が大きかったと考えられる。大株主である創業家と同じく大株主である投資ファンドの意向が取締役会に反映された形であり、同社はギリギリのところでガバナンスを維持することになった。

 鈴木氏は1963年にイトーヨーカ堂に入社。コンビニエンス・ストアという新しいビジネスモデルをゼロからつくり上げ、セブン&アイグループを国内有数の流通企業に育てた実績がある。
 同氏はグループのすべての役職を辞任する意向を示しており、今後の人事案については白紙の状態だという。取締役会を中心に協議していくことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

mitsubishi20160421
三菱グループは大丈夫?自動車は3度目の不正隠し、重工では納入延期と連続火災

 三菱自動車は2016年4月20日、同社の軽自動車において燃費データを改ざんして …

tsubaki
資生堂が初の本格的な社長外部招聘。お公家さん社風は変わるのか?

 資生堂は昨年末、前田新造会長兼社長が代表権のある会長に専念し、元日本コカ・コー …

okane
家計の金融資産は過去最高。ただ、株式シフトはすでにピークを過ぎた可能性も

 日銀は2014年9月18日、2014年4~6月期の資金循環統計を発表した。6月 …

ibmapple
アップルとIBMの提携で業務用システムのスマホ対応が一気に進む?

 米アップルと米IBMは2014年7月15日、企業向けの携帯端末分野で提携すると …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …