ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8日、グループの経営から退く意向を表明した。自身が主導した人事案が取締役会で否決された責任を取る。
 同社に対しては、オーナー経営者ではない鈴木氏が自分の子息を後継者に据えようとしているとの観測があり、投資ファンドが懸念を示す文書を送っていた。

sebunsuzu

 鈴木氏は83歳と高齢で、慢性的な健康問題を抱えており、後継者問題が切実となっている。また業績が低迷しているイトーヨーカ堂の立て直しを任されていた戸井和久前社長が、今年1月に突然辞任するなど、グループ内での不協和音が目立っていた。

 このため、物言う株主として知られる米国の投資会社サード・ポイントは、後継者としてセブン-イレブン・ジャパン社長の井阪隆一氏を最有力候補にすべきとする書簡を送っていた。また同ファンドは、鈴木氏に自身の子息を後継者に据えようとする動きがあるとして、これについても警鐘を鳴らしていた。

 鈴木氏は、サラリーマン経営者であり、同社の創業者ではない。単なるサラリーマン経営者が自分の子息をトップに据えるのは情実人事とみなされる可能性が高く、これが実施されれば、同社のガバナンスを著しく低下させる可能性がある。

 これに対して鈴木氏は7日の取締役会で、井坂氏の退任を提案するという強硬策に出た。井坂氏の後任に井坂氏より8歳年長の古屋一樹副社長を据えるという新しい人事案には、15名いる取締会のうち8名が反対。結局、鈴木氏が強行した人事提案は否決された。

 取締役会が鈴木氏の提案を否決したのは、同社の創業家出身である伊藤雅俊氏が反対したことの影響が大きかったと考えられる。大株主である創業家と同じく大株主である投資ファンドの意向が取締役会に反映された形であり、同社はギリギリのところでガバナンスを維持することになった。

 鈴木氏は1963年にイトーヨーカ堂に入社。コンビニエンス・ストアという新しいビジネスモデルをゼロからつくり上げ、セブン&アイグループを国内有数の流通企業に育てた実績がある。
 同氏はグループのすべての役職を辞任する意向を示しており、今後の人事案については白紙の状態だという。取締役会を中心に協議していくことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

googlecar
グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下 …

newyork
米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

foxconn
中国の鴻海で組合代表者の自由選挙を実施。グローバルなモノの流れが変化する?

 アップルからiPhoneなどの製造を一手に引き受ける中国のフォックスコン社(台 …

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

sonyhonsha
ソニーが相次いでリストラ策。だが今後の戦略についてはいまだ不透明

 業績低迷が続くソニーが、相次いでリストラ策を打ち出している。個々の施策はそれな …