ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8日、グループの経営から退く意向を表明した。自身が主導した人事案が取締役会で否決された責任を取る。
 同社に対しては、オーナー経営者ではない鈴木氏が自分の子息を後継者に据えようとしているとの観測があり、投資ファンドが懸念を示す文書を送っていた。

sebunsuzu

 鈴木氏は83歳と高齢で、慢性的な健康問題を抱えており、後継者問題が切実となっている。また業績が低迷しているイトーヨーカ堂の立て直しを任されていた戸井和久前社長が、今年1月に突然辞任するなど、グループ内での不協和音が目立っていた。

 このため、物言う株主として知られる米国の投資会社サード・ポイントは、後継者としてセブン-イレブン・ジャパン社長の井阪隆一氏を最有力候補にすべきとする書簡を送っていた。また同ファンドは、鈴木氏に自身の子息を後継者に据えようとする動きがあるとして、これについても警鐘を鳴らしていた。

 鈴木氏は、サラリーマン経営者であり、同社の創業者ではない。単なるサラリーマン経営者が自分の子息をトップに据えるのは情実人事とみなされる可能性が高く、これが実施されれば、同社のガバナンスを著しく低下させる可能性がある。

 これに対して鈴木氏は7日の取締役会で、井坂氏の退任を提案するという強硬策に出た。井坂氏の後任に井坂氏より8歳年長の古屋一樹副社長を据えるという新しい人事案には、15名いる取締会のうち8名が反対。結局、鈴木氏が強行した人事提案は否決された。

 取締役会が鈴木氏の提案を否決したのは、同社の創業家出身である伊藤雅俊氏が反対したことの影響が大きかったと考えられる。大株主である創業家と同じく大株主である投資ファンドの意向が取締役会に反映された形であり、同社はギリギリのところでガバナンスを維持することになった。

 鈴木氏は1963年にイトーヨーカ堂に入社。コンビニエンス・ストアという新しいビジネスモデルをゼロからつくり上げ、セブン&アイグループを国内有数の流通企業に育てた実績がある。
 同氏はグループのすべての役職を辞任する意向を示しており、今後の人事案については白紙の状態だという。取締役会を中心に協議していくことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

softbankpepason
四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本 …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

ibmapple
アップルとIBMの提携で業務用システムのスマホ対応が一気に進む?

 米アップルと米IBMは2014年7月15日、企業向けの携帯端末分野で提携すると …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

okane02
日銀の資金循環統計から分かる、日本人のお金に関する行動は案外合理的という事実

 日本人のお金に関する判断はかなり合理的だった。日銀が発表したは2012年10~ …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …