ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国大統領選挙。無所属の安候補が突然辞退。不透明さが漂う韓国社会

 

 韓国大統領選挙の野党候補一本化交渉の当事者であった安哲秀ソウル大学教授が23日、記者会見を開き、立候補そのものを断念することを発表した。

 12月19日に投票が行われる韓国の大統領選挙は、与党セヌリ党の朴槿恵候補(朴正煕元大統領の長女)、民主統合党の文在寅候補(元大統領秘書室長)、無所属の安哲秀候補の3人が立候補を表明していた。このままの状態では野党の票が割れる恐れがあることから、野党候補の一本化交渉が行われいた。交渉は難航が伝えられていたが、突如、安候補の辞退宣言で文在寅候補に一本化されることとなった。

 安氏は会見で「対立がこれ以上長引くけば国民に申し訳が立たない」として、時折声を詰まらせながら断念の理由を説明した。安氏の選対本部では涙を流す支持者も多く見られた。
 だが韓国メディアは、安氏が辞退に追い込まる事態となった背景について、ほとんど報道していない。安候補が涙ながらに辞退を訴えた、あるいは無党派層の希望が打ち破られたといった情緒的なものばかりで、どのような交渉、判断があったのかと言う点はまったく不透明だ。

 一説では、候補一本化の方式として浮上していた世論調査の質問内容で双方が妥協できなかったことが辞退の理由とされている。組織力を持たない安候補にとって、質問内容は致命的な影響を及ぼすことから妥協ができなかったというものだ。
 だが現実の政治はきれいごとだけでは済まない。この背後には、利権が絡み合った複雑な事情があると考えるのが自然であり、そのあたりを探り出すのがマスメディアの仕事である。

 この点において、今回の大統領選挙は野党候補の一本化交渉の状況や、安候補辞退の理由に至るまですべてが不透明であり、韓国社会がまだまだオープンでないことを示す結果となった。だが日本のマスコミにも同様の傾向があり、時として情緒的な報道に終始する現象が見られる。日本はこれを他山の石としなければならないだろう。

 安候補が辞退したことで、韓国大統領選は、与党セヌリ党の朴槿恵候補、民主統合党の文在寅候補の一騎打ちとなる。

 - 政治

  関連記事

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

hakukirai
中国最大の汚職事件の中心人物、薄熙来氏が起訴。だがせいぜい禁固刑との噂

 かつて中国、重慶市のトップとして君臨し、政治局常務委員入りが確実といわれながら …

no image
東国原前宮崎県知事、東京で出馬か?そして海江田万里はどうなる?

 維新の会が衆院選の目玉候補に予定している前宮崎県知事の東国原英夫氏だが、東京で …

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

kerrysensei
親中国派のケリー国務長官が正式に就任。最初の外遊先は中東に決定。

 次期国務長官に内定していたジョン・ケリー氏は2月1日就任宣誓を行い、第68代国 …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

lee obama
オバマ大統領とリー・シェンロン首相との会談で見えてくる、米軍の南シナ海へのシフト

  シンガポールのリー・シェンロン首相は4月2日、米ワシントンのホワイトハウスで …

abekaiken
安倍首相が東京裁判の内容を疑問視する発言。正論なのだが何が問題なのか?

 安倍首相は12日の衆院予算委員会において、太平洋戦争のA級戦犯を裁いたいわゆる …

shukinpei07
習政権の腐敗撲滅運動。国営企業の報酬や党幹部の学歴にもメス

 中国で習近平指導部による腐敗撲滅運動がさらに激しくなっている。好待遇で批判の的 …