ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

韓国大統領選挙。無所属の安候補が突然辞退。不透明さが漂う韓国社会

 

 韓国大統領選挙の野党候補一本化交渉の当事者であった安哲秀ソウル大学教授が23日、記者会見を開き、立候補そのものを断念することを発表した。

 12月19日に投票が行われる韓国の大統領選挙は、与党セヌリ党の朴槿恵候補(朴正煕元大統領の長女)、民主統合党の文在寅候補(元大統領秘書室長)、無所属の安哲秀候補の3人が立候補を表明していた。このままの状態では野党の票が割れる恐れがあることから、野党候補の一本化交渉が行われいた。交渉は難航が伝えられていたが、突如、安候補の辞退宣言で文在寅候補に一本化されることとなった。

 安氏は会見で「対立がこれ以上長引くけば国民に申し訳が立たない」として、時折声を詰まらせながら断念の理由を説明した。安氏の選対本部では涙を流す支持者も多く見られた。
 だが韓国メディアは、安氏が辞退に追い込まる事態となった背景について、ほとんど報道していない。安候補が涙ながらに辞退を訴えた、あるいは無党派層の希望が打ち破られたといった情緒的なものばかりで、どのような交渉、判断があったのかと言う点はまったく不透明だ。

 一説では、候補一本化の方式として浮上していた世論調査の質問内容で双方が妥協できなかったことが辞退の理由とされている。組織力を持たない安候補にとって、質問内容は致命的な影響を及ぼすことから妥協ができなかったというものだ。
 だが現実の政治はきれいごとだけでは済まない。この背後には、利権が絡み合った複雑な事情があると考えるのが自然であり、そのあたりを探り出すのがマスメディアの仕事である。

 この点において、今回の大統領選挙は野党候補の一本化交渉の状況や、安候補辞退の理由に至るまですべてが不透明であり、韓国社会がまだまだオープンでないことを示す結果となった。だが日本のマスコミにも同様の傾向があり、時として情緒的な報道に終始する現象が見られる。日本はこれを他山の石としなければならないだろう。

 安候補が辞退したことで、韓国大統領選は、与党セヌリ党の朴槿恵候補、民主統合党の文在寅候補の一騎打ちとなる。

 - 政治

  関連記事

rikokkyoonnkaho
中国の新閣僚が出揃う。閣僚人事では習近平氏は劣勢?

 中国政府の新しい閣僚人事が決定した。全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3 …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

hoppouryoudo
森元首相がプーチン大統領と会談。北方領土問題における「引き分け」の真意とは?

 森喜朗元首相は21日、安倍首相の特使としてロシアを訪問しプーチン大統領と会談し …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

hongkongramu
香港行政長官選挙は予想通りの出来レースで親中派女性候補が勝利

 香港トップである行政長官を選ぶ選挙が行われ、中国政府の支持を得た前政務官の林鄭 …

no image
マニュアルにないから避難しない。児童74人を見殺しにした教員の信じられない思考回路

 東日本大震災の津波で宮城県石巻市立大川小学校の児童74人が死亡した問題で、とう …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

uiguru
新疆ウイグル自治区でまた衝突が発生。取材制限で実態は闇に包まれたまま

 中国国営の新華社通信は6月26日、中国北西部の新疆ウイグル自治区で「ナイフで武 …

abesaninsen
自民圧勝が逆に制約?TPPなど規制緩和を前に「族議員」の動きはどうなるか?

 参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集ま …