ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を発表した。クルマを保有していない10~20代の社会人の約6割が購入の意向を持っていなかった。若者の貯蓄志向が明確になった形だが、価格の絶対値が高くなっていることも影響していると思われる。

kurumakonyu

 この調査は2年ごとに実施しており、今回は昨年夏に行われた。クルマを保有していない10~20代の社会人の中で「クルマに関心がない」と回答した人は69%にのぼった。同じく「クルマを買いたくない」と回答した人は59%だった。

 買いたくない理由としては、「買わなくても生活できる」「今まで以上にお金がかかる」「クルマ以外に使いたい」といった理由が並んだ。「クルマに対して興味がない」「乗りたいクルマがない」などの順位が低いことを考えると、クルマそのものに関心がないというよりも、お金がないのでクルマに支出する余裕がなくなっていると考えた方がよいだろう。

 日本の給与所得者の平均年収は多少の上下はあっても、ここ20年、一貫して下落している。日本のGDP(国内総生産)は横ばいが続いており、企業が利益を捻出するため人件費の抑制を続けてきた結果である。

 だが、これは日本国内の問題でしかない。同じ期間において、諸外国のGDPは1.5倍から2倍に拡大しており、賃金もそれに応じて上昇している。自動車産業は典型的なグローバル産業なので、自動車価格も経済規模の拡大に合わせて上昇していくことになる。

 トヨタ自動車の売上高を販売台数で割った単純な平均価格は、20年前は約180万円だったが、昨年は300万円と1.7倍になっている。総務省の小売物価統計でも、同じような傾向が見られる。
 国内はゼロ成長が続いてきたが、自動車産業は国内の状況にだけ合わせることはできないので、どうしても価格はグローバル水準になってしまう。結果として、日本人にとってクルマは以前より高価なものになってしまった。

 利用者から見れば、不要なオプションばかり付いて高く買わされているということになるが、事業者から見ると、グローバル価格を維持するために、苦心しているという解釈になる。もし、クルマの価格が高価だという問題が、構造的なものだとすると、根本的な解決策を見つけ出すことは難しい。

 電気自動車の普及や、自動運転技術を使ったカーシェアリングの普及など、技術的なブレークスルーがあれば話は別だが、日本経済に大きな変化がなかった場合、日本人はこれ以上、積極的に自動車を購入しないかもしれない。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

enpirestate
摩天楼の象徴エンパイアステートビルが上場。米国の不動産市場は絶好調

 ニューヨークの摩天楼を象徴といわれる超高層ビル「エンパイアステートビル」が10 …

birukensetsu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

setsubitousi
企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要 …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

unicef
子供の幸せに関するユニセフの国際調査。なぜか日本は評価対象外

 ユニセフは2013年4月、先進国における子供幸福度ランキングを発表した。第一位 …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

nichigin04
日銀の政策委員会、積極緩和派の原田氏起用で黒田路線がより強固に

 政府は2015年2月5日、退任する日銀の宮尾龍蔵審議委員の後任に、積極的な金融 …