ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。2016年の世界経済の成長率見通しは、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.2%となり、1月時点の見通しから0.2ポイント引き下げられた。
 世界経済の頼みの綱である米国は0.2ポイント下方修正され2.4%となったが、先進国全体では2%を切っている。長期的な停滞論が再び活発になってくるかもしれない。

imf201604
 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。さらに7月と1月には、各見通しの修正を行っている。
 前回1月の見通しでは、中国やロシアなど新興国の景気失速が原因で世界成長率の見通しが下方修正された。今回は前回に引き続き見通しが下方修正された形だが、今回の主な要因は先進国の低迷である。新興国経済の失速が先進国にも及んでおり、各国の成長率予想は軒並み下方修正となった。

 米国は0.2ポイント下がってプラス2.4%、ドイツも0.2ポイント低下でプラス1.5%、フランスは1.1%、英国は1.9%だった。先進国でもっとも状況が悪いのは言うまでもなく日本で2016年はプラス0.5%、2017年に至ってはマイナス成長が予想されている。消費増税の影響が大きいとの判断だ。

 一方、中国やロシアは最悪期を脱した可能性がある。中国は0.2ポイント上方修正されて6.5%、ロシアは0.8%の下方修正でマイナス1.8%にとどまった。まだ余談は許さないが、両国経済の崩壊で、世界経済が大きな影響を受けるというシナリオは後退しつつある。

 新興国経済の低迷が先進国にも波及してきたことから、長期停滞論が再び活発になってくる可能性がある。一部の識者は、長期停滞が発生している場合には、各国が協調して財政出動を行う必要があると主張している。

 5月に開催予定のサミット(主要国首脳会議)では、財政出動が議題に上る予定となっているが、財政再建に成功しているドイツや米国はこれに消極的とも言われ、どこまで踏み込んだ合意が得られるのかは不透明だ。

 財政出動が合意されれば、とりあえず世界経済は一服ということになるが、合意に至らなかった場合には、しばらくの間、不透明感が続くことになる。
 2016年1~3月期における米国の企業決算は冴えない結果となる可能性が高い。市場では、4~6月期以降には回復に向かうとの見方と、しばらく踊り場が続くとの見方に分かれている。今のところ世界経済は米国の消費に頼らざるを得ず、とりあえずは米国市場の動向を注視するよりほかない。

 - 経済 ,

  関連記事

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

trumphonhai
鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの …

bananki
バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った …

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

kosobiru
日本の1人あたりGDPは14位を維持。だがこれは円高でかなりお化粧されている

 内閣府は25日、2011年度の国民経済計算確報を発表した。それによると2011 …

tenanmon
データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた

 中国の税関当局は5月8日、4月の貿易統計の数値を発表した。それによると、輸出額 …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …