ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員会」は2016年4月13日、社会保障制度の見直しを柱とした提言を了承した。
 高齢者に偏っている現在の社会保障制度を現役世代に中心に変えるという画期的な内容だが、一方で抽象的な表現ばかりが目立ち、具体的にどにような政策を提言していくのかは不透明なままだ。

koizumisinjiro

 小泉氏らは、現状の社会保障制度は人口ピラミッドが三角形だった1970年代に作られたものであり、ピラミッドが逆三角形になる将来においては、財政的に持続不可能と指摘。その上で、65歳以上を高齢者としている現状の定義をあらためるなど、抜本的な改革が必要としている。

 具体的には、年金の支給開始を遅らせたり、経済的に余裕のある高齢者には相応の負担を求めるといった内容が検討されているという。

 多くの人が誤解しているが、現状の日本の年金制度は、個人が積み立てたお金を自分の老後のために使うという近代的な考え方には立脚していない。基本的に老後の面倒は家族が見るということが大前提となっており、制度はそれを支援する内容となっている。
 このため、高齢者の割合が増加すれば、現役世代は無限大にこれを支える必要があり、高齢化が一定水準を超えると維持が難しくなる。

 こうした状況を抜本的に変えない限り、持続可能な社会保障制度を確立することはできない。その点において、小泉氏らの提言は的確である。ただ、小泉氏らの提言が実際にどの程度、国政に反映されるのかは全くの未知数である。

 今回はとりあえず、問題意識を喚起するという段階と考えられるが、それにしても「65歳からは高齢者なんてもうやめよう」「政治がレールをぶっ壊す」といった、情緒的で抽象的なフレーズばかりが並び、具体的な施策への言及がほとんどない。
 今のところ具体策として議論に上っているのは、余裕のある高齢者の負担増加と年金支給開始年齢の引き上げなど、単純な負担増や給付抑制の話であり、これは現在でも議論が行わているものである。

 社会保障制度の抜本改革には、相当な抵抗が予想されるため、具体論をすぐに提示することは現実的に難しいのかもしれない。だが一方で、改革を進めるという抽象的なメッセージだけにとどまっていては、単なる選挙対策とみなされても仕方がない。
 今後、どれだけ具体的な施策の提示に踏み込めるのかが、焦点となってくるだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …

hongkongramu
香港行政長官選挙は予想通りの出来レースで親中派女性候補が勝利

 香港トップである行政長官を選ぶ選挙が行われ、中国政府の支持を得た前政務官の林鄭 …

rud
総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッ …

maning
Wiki情報漏洩で禁固35年を言い渡されたマニング被告が、何と女性になりたいと告白!

 米軍事法廷は8月21日、機密文書を内部告発サイト「ウィキリークス」に漏えいした …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …