ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員会」は2016年4月13日、社会保障制度の見直しを柱とした提言を了承した。
 高齢者に偏っている現在の社会保障制度を現役世代に中心に変えるという画期的な内容だが、一方で抽象的な表現ばかりが目立ち、具体的にどにような政策を提言していくのかは不透明なままだ。

koizumisinjiro

 小泉氏らは、現状の社会保障制度は人口ピラミッドが三角形だった1970年代に作られたものであり、ピラミッドが逆三角形になる将来においては、財政的に持続不可能と指摘。その上で、65歳以上を高齢者としている現状の定義をあらためるなど、抜本的な改革が必要としている。

 具体的には、年金の支給開始を遅らせたり、経済的に余裕のある高齢者には相応の負担を求めるといった内容が検討されているという。

 多くの人が誤解しているが、現状の日本の年金制度は、個人が積み立てたお金を自分の老後のために使うという近代的な考え方には立脚していない。基本的に老後の面倒は家族が見るということが大前提となっており、制度はそれを支援する内容となっている。
 このため、高齢者の割合が増加すれば、現役世代は無限大にこれを支える必要があり、高齢化が一定水準を超えると維持が難しくなる。

 こうした状況を抜本的に変えない限り、持続可能な社会保障制度を確立することはできない。その点において、小泉氏らの提言は的確である。ただ、小泉氏らの提言が実際にどの程度、国政に反映されるのかは全くの未知数である。

 今回はとりあえず、問題意識を喚起するという段階と考えられるが、それにしても「65歳からは高齢者なんてもうやめよう」「政治がレールをぶっ壊す」といった、情緒的で抽象的なフレーズばかりが並び、具体的な施策への言及がほとんどない。
 今のところ具体策として議論に上っているのは、余裕のある高齢者の負担増加と年金支給開始年齢の引き上げなど、単純な負担増や給付抑制の話であり、これは現在でも議論が行わているものである。

 社会保障制度の抜本改革には、相当な抵抗が予想されるため、具体論をすぐに提示することは現実的に難しいのかもしれない。だが一方で、改革を進めるという抽象的なメッセージだけにとどまっていては、単なる選挙対策とみなされても仕方がない。
 今後、どれだけ具体的な施策の提示に踏み込めるのかが、焦点となってくるだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

f35
ステルス戦闘機の部品製造に日本企業が参入可能に。だが防衛産業の台所事情は苦しい

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機として導入する米ロッキード・マーティン社製のス …

caw
東北大が放射性セシウムの臓器蓄積の状況を牛を使って調査。母より子に多く蓄積

 東北大学加齢医学研究所は21日、原発事故の警戒区域内の牛に蓄積された放射性セシ …

no image
中国が今度は台湾野党の取り込み工作を本格化。日本はさらに厳しい状況に

 中国が台湾の取り込みに猛攻勢をかけている。これまで独立派として交流を行っていな …

higasikokubaru
東京人はマジメ?東国原氏が関西に撤退したのは猪瀬氏有利との調査結果がきっかけ

 日本維新の会は、次期衆院選挙において前宮崎県知事の東国原英夫氏を比例単独で近畿 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …

inakagurashi
田舎暮らしに憧れる都市部の若者が増加傾向。経済的要因が影響?

 内閣府は2014年8月11日、「農山漁村に関する世論調査」の結果を発表した。都 …

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …