ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

舛添知事の豪華旅行に批判殺到。だが公務員の厚遇は国民が求めてきた結果ともいえる

 

 舛添要一東京都知事の高すぎる海外出張経費が問題視されている。ファーストクラス利用、スイートルーム宿泊など、一般的な感覚からはかなりかけ離れたものとなっている。
 日本は民主国家としての成熟度が低く、公務員に対する厚遇はむしろ国民が求めてきたという側面もある。欧米各国のように、公務員は国民に奉仕する名誉な仕事という感覚になる可能性は限りなく低いだろう。

masuzoe
 舛添氏は2014年に知事に就任して以降、9回ほど海外出張を行っている。過去8回分の経費は平均2600万円を超えており、都議会からは高すぎると批判が出ている。

 都議会議員である音喜多駿氏の調査によると、舛添氏のパリ・ロンドン出張では、飛行機代が約266万円(往復)、スイートルームの宿泊代金が1泊19万8000円だったという。
 音喜多氏は、昨年来日したロンドン市長の経費についても調査したが、航空運賃は約66万円、宿泊費は1泊3万5000円だった。ちなみに航空券は片道で、帰りはポイントを利用している。

 英国や米国では、公務に関わることは名誉なこととされ、報酬や厚遇を期待するものではないという感覚が強い。一方、アジアの途上国などでは、公務員はお金を稼ぐ手段という位置付けとなっており、公務員になることで財産を形成する。
 日本は残念ながら、中国やシンガポールなど後者に近い存在であり、公務員になることは資産形成のひとつの手段となっている。

 国内では公務員の厚遇を批判する意見に対して「高い報酬を用意しないとよい人材が集まらない」という見解がよく出てくるが、これも基本的に報酬がインセンティブになっていることの裏返しである。
 また、産業の活性化についても「官民挙げて取り組むべき」といった意見がごく普通に見られるように、官が経済を主導するという感覚は日本では広く共有されている。

 官が経済を主導するのであれば、その職員を高い報酬で処遇するのは当然ということになるだろう。
 公務員に対する批判も、民主国家としての公務員のあり方という視点ではなく、単なる「嫉み」の感情から発生していることも多く、これが問題の解決をやっかいにしている。

 日本はこのところ急速に貧しくなっており、給与所得者の平均年収は一貫して下がり続けている。一方で、公務員の待遇は悪くなるどころかむしろ上昇している。
 日本は経済規模の絶対値こそ何とか世界3位を維持しているが、国民の豊かさという点では、むしろアジアの途上国に近づきつつある。公務員にならないと、まともな暮らしができないという貧しい社会が到来するのも、時間の問題かもしれない。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

futenma
普天間基地の県外移設に関する議論は、なぜ聞いていてスッキリしないのか?

 安倍首相は11日の衆院予算委員会において、米軍普天間飛行場の県外移設について「 …

girishazaimusho
革ジャケットを羽織って交渉の場に現れたギリシャの財務相。果たして会議は踊るのか?

 債務問題をめぐるEU(欧州連合)とギリシャの交渉が始まったが、双方が立場を譲ら …

tokyotower02
円安で訪日外国人客が急増。ただし、国際的に見ると日本への観光客は異常に少ない

 日本政府観光局(JNTO)は5月22日、4月における訪日外国人客数を発表した。 …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

Hillary Clinton
ヒラリー氏が次の大統領選に出馬?だが共和党はもっと大きな隠し球が・・・

 米国では、2016年の大統領選挙に向けた動きがすでに始まっている。今年2月に国 …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

no image
米大統領選挙、なぜか日本のマスコミが報じないオバマ、ロムニー以外の候補者

 米国大統領選挙の開票が一部の州で始まった。今日の午後には大勢が判明する見込みだ …

no image
すでに中東戦争?イスラエルとシリアが一部交戦状態に

 シリア内戦が引き金となり、中東では事実上「中東戦争」が始まったかのような状況と …

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …