ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

舛添知事の豪華旅行に批判殺到。だが公務員の厚遇は国民が求めてきた結果ともいえる

 

 舛添要一東京都知事の高すぎる海外出張経費が問題視されている。ファーストクラス利用、スイートルーム宿泊など、一般的な感覚からはかなりかけ離れたものとなっている。
 日本は民主国家としての成熟度が低く、公務員に対する厚遇はむしろ国民が求めてきたという側面もある。欧米各国のように、公務員は国民に奉仕する名誉な仕事という感覚になる可能性は限りなく低いだろう。

masuzoe
 舛添氏は2014年に知事に就任して以降、9回ほど海外出張を行っている。過去8回分の経費は平均2600万円を超えており、都議会からは高すぎると批判が出ている。

 都議会議員である音喜多駿氏の調査によると、舛添氏のパリ・ロンドン出張では、飛行機代が約266万円(往復)、スイートルームの宿泊代金が1泊19万8000円だったという。
 音喜多氏は、昨年来日したロンドン市長の経費についても調査したが、航空運賃は約66万円、宿泊費は1泊3万5000円だった。ちなみに航空券は片道で、帰りはポイントを利用している。

 英国や米国では、公務に関わることは名誉なこととされ、報酬や厚遇を期待するものではないという感覚が強い。一方、アジアの途上国などでは、公務員はお金を稼ぐ手段という位置付けとなっており、公務員になることで財産を形成する。
 日本は残念ながら、中国やシンガポールなど後者に近い存在であり、公務員になることは資産形成のひとつの手段となっている。

 国内では公務員の厚遇を批判する意見に対して「高い報酬を用意しないとよい人材が集まらない」という見解がよく出てくるが、これも基本的に報酬がインセンティブになっていることの裏返しである。
 また、産業の活性化についても「官民挙げて取り組むべき」といった意見がごく普通に見られるように、官が経済を主導するという感覚は日本では広く共有されている。

 官が経済を主導するのであれば、その職員を高い報酬で処遇するのは当然ということになるだろう。
 公務員に対する批判も、民主国家としての公務員のあり方という視点ではなく、単なる「嫉み」の感情から発生していることも多く、これが問題の解決をやっかいにしている。

 日本はこのところ急速に貧しくなっており、給与所得者の平均年収は一貫して下がり続けている。一方で、公務員の待遇は悪くなるどころかむしろ上昇している。
 日本は経済規模の絶対値こそ何とか世界3位を維持しているが、国民の豊かさという点では、むしろアジアの途上国に近づきつつある。公務員にならないと、まともな暮らしができないという貧しい社会が到来するのも、時間の問題かもしれない。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

abe20130113
安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐ …

wakamonohakusho
日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …

hongkongdemo
香港でTV局新規開設をめぐってデモ。日本と香港が抱える問題には共通点が多い

 中国の香港で、テレビ局新設を申請した企業に特区政府が放送免許交付をしなかったこ …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

nakatani
安保法制をめぐってはやくも不毛な議論。「昭和」の時代は続く

 今国会で審議が始まる安全保障関連法案をめぐって、早くも不毛なやり取りが行われて …

influ02
日本でもインフルエンザの流行始まる。抗がん剤患者や老人などに周囲は配慮を

 米国ではインフルエンザが大流行しているが、日本でも本格的な流行がはじまりつつあ …

no image
オバマ大統領が自家製ビールのレシピ公開。背景には人種問題へのアピールが

 オバマ大統領が手作りしている特製ビールの造り方をホームページでビデオ付きで公開 …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …