ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

相次ぐ日本経済にとっての逆風。追加緩和以外に手はないが、原油増産凍結が追い打ち

 

 この週末、日本経済にとってマイナスとなる出来事が相次いだ。熊本地震の影響もあり、当分の間、市場は逆風にさらされることになる。

 ワシントンで行われていたG20(主要20カ国・地域、財務相・中央銀行総裁会議)は15日、各国が政策を総動員するという共同声明を採択して終了した。会合において日本は、為替介入の余地を探ったが、米国をはじめとする諸外国の抵抗が大きく断念した。日本は今後、為替が円高に振れても、介入を実施するのが難しくなった。

g20washington201604s

 日銀はマイナス金利の導入に踏み切ったが、今のところ、この政策は裏目に出ている。マイナス金利のデメリットは、量的緩和策が限界に来ているという間違ったサインを市場に送ってしまうことだが、結果的に日銀はそのような状態に追い込まれている。

 G20で為替介入を正当化しようとしたのは、追加緩和を積極的に実施できないという苦しい事情からである。もし追加緩和を行って効果がなかった場合には、日銀の手詰まり感が明確になってしまう。
 一方、物価を上昇させるためには円安進行が不可欠である。追加緩和は温存し、介入によって円安誘導したいというのが日本側のホンネだったが、その目論見は外れてしまった。結局、日銀には追加緩和しか切り札は残っていない。

 だが追加緩和を実施したとしても、どれだけの効果が得られるか不透明になってきた。産油国各国が増産の凍結合意に失敗したからである。

 産油国各国はカタールで会合を開き、増産凍結について議論していたが、結局、凍結について合意できず17日に会合は終了となった。
 国際社会に復帰したイランが制裁前の水準に復帰するまで増産を続ける意思を示しており、サウジアラビアがこれに難色を示した。増産が続くということになると、物価には確実にマイナスの影響となる。

 量的緩和策は本来、個別製品の価格変動は相対価格を変化させるだけで物価全体には影響を及ぼさないことが大前提となっていた。だが、原油価格の下落が物価を低迷させているという現実を前に、基本的な考え方の見直しが必要となっている。
 増産凍結によって今後も原油価格の低迷が続くのだとすると、仮に追加緩和を行ってもその効果は相殺されてしまうだろう。

 熊本の地震では、部品調達の関係からトヨタが生産を停止するなど産業界への影響も懸念されている。
 政府・日銀としては当面、打つ手がないという状況であり、市場はこうした事態を織り込んでくる。5月に開催される伊勢志摩サミットでは、何らかの政策協調が実施されることになるかもしれないが、それまでの間は成り行きに任せるしかない。為替市場と株式市場には、しばらくの間、逆風が吹き続けることになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

nyse03
米国は「日本化」しているのか?FRBエコノミストの見解をめぐって激論

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日のFOMC(連邦公開市場 …

tokei
通貨高でもスイスの時計輸出は絶好調。かつての日本もそうだった

 スイスの2014年における時計輸出額が過去最高を記録した。スイスの中央銀行は2 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

kuroda02
日銀が物価目標の達成時期を先送り。2年で2%は実質的に撤廃

 日銀は2015年4月30日、「15年度を中心とする期間」としてきた物価目標達成 …

softbankson02
ソフトバンク後継者のアローラ氏が私財を投じて同社株600億円分取得へ

 ソフトバンクグループは2015年8月19日、孫正義社長の後継者であるニケシュ・ …

kokuritsukyogijo
新国立競技場の建設費用は何と2500億円。昔の東京オリンピックと比較すると?

 東京オリンピックの会場となる新国立競技場の建設費が2500億円を突破する見通し …

bananki
バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …