ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

三菱グループは大丈夫?自動車は3度目の不正隠し、重工では納入延期と連続火災

 

 三菱自動車は2016年4月20日、同社の軽自動車において燃費データを改ざんしていたと発表した。同社は2000年と2004年にもリコール隠しを行っており、同社の隠蔽体質がまったく変わっていないことが明らかとなった。
 同じ三菱グループの三菱重工では、客船事業で納期遅れを繰り返し2000億円近い特別損失を計上したほか、建造中の火災というトラブルも発生している。明治以来、日本の物作りを支えてきた三菱グループのブランドが揺らいでいる。

mitsubishi20160421

 データ改ざんに該当する車種は「eKワゴン」など2車種と、同社が受託生産し日産自動車が販売する「デイズ」など2車種の計4車種で、販売台数は62万5000台にのぼる。データ改ざんは組織的とみられ、事態が発覚したきっかけも、日産自動車からの指摘によるものだった。

 三菱自動車は、2000年と2004年にリコール隠しが発覚し、社会的に大問題となった。不具合の情報を20年以上も隠し続け、その間には死亡事故も発生するなど、かなり悪質なものだった。
 同社は、企業体質を根本的に変えることを宣言し、品質担当部署の設置や内部通報制度の整備などを行ってきたが、結局、同社の体質を変えることはできなかったようだ。

 同じ三菱グループである三菱重工では、客船事業で納期遅れを繰り返し、1872億円の特別損失を計上している。納期の遅れを挽回するために、5000人の作業員を投入したものの現場は混乱し、3回も火災を発生させるという信じられないトラブルも起こしている。
 同社が客船の建造中に火災を起こすのは、実は今回が初めてではない。2002年にも建造中の客船から出火するというトラブルがあり納期を延長している。今回の件と直接関係はないが、メーカーとしての管理能力低下が懸念される事態だ。

 三菱グループは現在、社運をかけて国産ジェット旅客機MRJの開発を進めている。MRJは初飛行に成功したものの、主翼の強度が足りないことが発覚し、納入延期を発表している。
 こうした開発にスケジュールの遅れはつきものであり、納入延期自体は特に大きな問題ではない。だが三菱自動車がデータの改ざんを行ったのは、目標達成に対するプレッシャーが大きかったことが原因といわれている。

 MRJは納期が遅れるほど、競合メーカーが開発する新型機との競争が激しくなり、同社に不利な展開となる。ここで納期が優先されるような事態となれば、取り返しのつかない結果ともなりかねない。

 三菱グループは、明治以来、日本の物作りを支えてきた企業の一つである。同社のブランドを維持していくためには、三菱自動車が自力で原因究明と責任者の処分を実施できるのか、また、MRJが何の問題もなく量産体制に入れるのかにかかっている。同グループにとっては、最大の正念場ということになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

infure
輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え …