ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ダウは1万8000ドル回復だが、IT企業の決算が冴えず、投資家は依然慎重

 

 米国IT企業各社の決算が今ひとつの状況となっている。絶対値としてそれほど悪い数字ではないが、各社とも市場の期待値には届いていない。グローバル経済の成長鈍化などが影響している可能性があり、これが米国株式市場の上値を重くしている。

microsofthead

 ソフトウェア大手のマイクロソフトの2016年1~3月期の決算は、減収減益となった。売上高は前年同期比6%減の205億3100万ドル(2兆2900億円)、純利益は25%減の37億5600万ドルとなった。世界経済の低迷によるパソコン市場の縮小によって、基本ソフト「ウィンドウズ」のライセンス収入が減った。

 一方、同社が今後の主力事業と位置付けているクラウドは順調で、クラウド経由で業務ソフトを提供する「オフィス365」の利用者数は2220万人だった。
 同社の将来性に着目すればまずまずの決算だが、パソコン向けのライセンスは縮小事業とはいえまだまだ同社の柱である。世界的な出荷台数の低迷はマイナスの印象となり、同社の株価は7%下落した。

 マイクロソフトほどではないが、半導体最大手インテルも似たような状況である。同社の売上高は前年同期比7%増の137億200万ドル(1兆5300億円)、純利益は3%増の20億4600万ドルとなった。増収増益だが市場予想は下回った。

 パソコン向けMPUの出荷数量は15%減少しており、ここでもPC市場の低迷が影響している(売上高は新製品の投入で増加)。一方、今後の主力事業であるクラウド向けは堅調だったが、マイクロソフトと同じくパソコン向け事業の低迷が響き、株価は下落している。

 グーグル(アルファベット)の決算は、見かけ上は増収増益で絶好超だが、中身をよく見ると、やはり世界経済停滞の影響を受けている可能性がある。同社の収益の源泉となる広告クリック数が前期比でマイナス3%と減少に転じたことがその理由である。
 同社のクリック数が前期比でマイナスになったのはこれまでに数えるほどしかない。これが一時的なものではなく、世界経済の停滞によるものだとすると、次の決算にも影響する可能性がある。グーグルの株価も5%の下落となっている。

 米国企業の1~3月期決算は思ったほど悪くなく、市場には安心感が広がっている。ただ、ダウ平均株価は再び1万8000ドルを回復したものの、上値が重いという印象は拭えない。IT企業の決算が冴えないことが投資家の心理を抑制している可能性は高い。
 IT企業は典型的なグローバル企業であり、世界経済の影響を大きく受ける。4~6月期の決算で、再び成長軌道を回復できるのかが今後の焦点となりそうだ。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …

naiburyuuho
希望の党のトンデモ公約で、再び企業の内部留保が注目の的に

 企業の内部留保の問題に再び焦点が当たっている。日本企業が多くの現預金を活用でき …

netbankingfusei
ネット銀行の不正利用被害、法人も補償へ。ただし、利用者にはあまりにも情報がない

 全国銀行協会は2014年7月17日、インターネットを使った不正送金に関する法人 …

benesse
ベネッセ新社長がわずか3カ月で辞任。同社経営をめぐって創業家が混乱?

 教育大手ベネッセホールディングスが迷走している。プロ経営者であった原田泳幸氏の …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

linia
総工費9兆円。リニア建設に伴う過剰負債で、JR東海は旧国鉄時代に逆戻り?

 2027年に開業予定のリニア中央新幹線の詳細な走行ルートが明らかになった。リニ …