ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱UFJグループは、リーマンショックを千載一遇のチャンスとし、欧米の金融機関を買収したが、その結果はあまりにも違っていた。明暗を分けたのは地域の選定である。

nomura

 野村ホールティングスは2016年4月12日、欧州事業の見直しを発表した。欧州での人員削減は1000人規模で、欧米に配置した人員の17%になる見込み。株式関連の部門が中心とみられ、株式関連したデリバティブ(金融派生商品)や調査業務から撤退するという。

 同社は2008年、6000億円を投じて、破たんしたリーマン・ブラザーズの欧州・アジア事業を買収した。この買収で一気にグローバル展開を進める算段だったが、その目論見は完全に外れてしまった。
 当初は、高給で知られるリーマンの社員をつなぎとめられるのかといったマネジメント面での懸念がささやかれていたが、現実はもっと厳しいものだった。そもそも欧州の景気が回復せず、投資銀行業務そのものに逆風が吹き続けたからである。

 旧リーマンの部門は、買収後も業績がまったく回復せず、5期連続で赤字を垂れ流す状況となっている。これはリーマンに限ったことではなく、ドイツ銀行やクレディ・スイスなど、他の投資銀行も似たような状況だ。ただ、野村の場合は、リーマンの欧州・アジア部門以外に大きな海外部門がないため、人材の再配置がスムーズに進まず、リストラが遅れてしまった面は否めない。

 一方、同じ時期、三菱UFJグループは9000億円を投じて米モルガン・スタンレーを買収しているが、モルガン・スタンレー部門は同社の収益に大きく貢献している。欧州と異なり米国はリーマンショックからすぐに立ち直り、金融機関の収益も急回復した。バンク・オブ・アメリカやJPモルガン・チェースなど、同業他社の業績も好調だ。

 モルガン・スタンレーは、債券部門が比較的好調であるにもかかわらず、同部門のリストラを計画しているとの報道も出ている。市場の動向に応じて、機動的な人員の再配置を実施していることも好業績の背景となっているかもしれない。

 野村と三菱の違いは、欧州と米国という地域の違いによるところが大きい。企業が海外進出する場合、ある特定地域に絞って買収を行うことも多いが、こうした戦略は時に地域リスクと背中合わせになる。

 マイナス金利の導入で、日本の金融機関はますます稼げなくなっており、どうしても海外に目を向けざるを得ない。これまで日本の金融機関の海外展開はあまり注目されていなかったが、海外情勢の変化で、国内の経営基盤にも影響が及ぶ時代となりつつある。多くの人にとって無関心なテーマというわけにはいかなくなったようだ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

nichigin
日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼みであることが間接的に明らかに

 日銀は4月1日、企業短期経済観測調査(短観)を発表した。大企業は製造業、非製造 …

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

apuruwochi
4~6月期決算が絶好調なのに、アップルの株価が大幅下落となった理由

 米アップルは2015年7月21日、2015年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

jutakurone
メガバンク各行が一斉に住宅ローン金利を引き上げ。金融市場に何をもたらすか?

 メガバンク各行が4月に入って住宅ローン金利を一斉に引き上げた。トランプ経済の影 …

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …