ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新しい中国大使は有能な実務官僚。だが田中真紀子大臣からツメられ入院したひ弱な面も

 

 政府は22日午前の閣議で、急死した西宮伸一中国大使の後任として木寺昌人官房副長官補を中国大使として任命する人事を決定した。木寺氏は12月下旬に着任する見通し。

 丹羽宇一郎現中国大使は伊藤忠商事出身。戦後初の民間人出身中国大使として、民主党政権における「政治主導」の象徴とされた。だが、東京都の尖閣諸島購入計画を批判したことで「中国寄り」と批判され、事実上の更迭が決まっていた。だが後任大使として任命された西宮伸一外務審議官が着任前に急性心不全で急死。10月に急遽木寺氏を内定していたが、ようやく正式な着任となる。

 木寺氏は東京大学法学部卒業。外務省入省後、アジア局中国課、経済協力局無償資金協力課長、大臣官房会計課長 国際協力局長、官房長を歴任した後、内閣官房副長官補に任命されている。外国語研修はフランス語で、外務省における最大派閥の北米グループにも、中国閥(いわゆるチャイナスクール)にも属していない。
 外交官としてよりも内局でのキャリアが長い典型的な官僚タイプで、悪化している中国との関係改善のため、官邸との意思疎通や調整能力が買われたと考えられる。ただ外務省の不正会計問題が発覚した際、会計課長として田中真紀子外相の矢面に立たされ、プレッシャーに負けて病気療養したというひ弱な側面もある。

 中国外務省の華春瑩副報道局長は記者会見で、「日中関係を再び健全な軌道に戻すために積極的に努力してほしい」と期待を表明した。
 調整型の木寺大使が就任したことで、中国との関係改善はとりあえず実務レベルからのスタートとなる。中国も指導部交代の最中であり、日本も総選挙を控えている。事態が急激に展開することはしばらくの間なさそうである。

 日本国内の事情を徹底的に調べ上げる中国当局のこと、木寺氏のプレッシャーに弱い側面はすでに研究しつくしているはずだ。中国側はいきなり「圧迫面接」を喰らわせてくるかもしれない。木寺氏のふんばりを期待したい。

 - 政治

  関連記事

3dprintergun
米国の学生グループが、3Dプリンタを使って自宅で製造できる銃を公開

 テキサス大学ロースクール(法科大学院)の学生を中心とした3Dプリンターによる銃 …

nagunki
南軍旗撤去問題から考える、人種差別、地域主義、そして民主主義

 米国南部サウスカロライナ州の教会で黒人9人が射殺された事件をめぐり、州議事堂に …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

merukeru04
ドイツでとうとう最低賃金導入へ。ドイツ経済はどう変わるのか?

 ドイツで全国一律の最低賃金制度が導入される可能性が高まってきた。メルケル首相が …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

southweekend
中国で新聞検閲に反対するデモが発生。権力闘争も絡み、習近平体制は早くも岐路に

 中国の新聞記事が当局の介入で差し替えられたことに反発するデモが、広州市内で7日 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …