ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新しい中国大使は有能な実務官僚。だが田中真紀子大臣からツメられ入院したひ弱な面も

 

 政府は22日午前の閣議で、急死した西宮伸一中国大使の後任として木寺昌人官房副長官補を中国大使として任命する人事を決定した。木寺氏は12月下旬に着任する見通し。

 丹羽宇一郎現中国大使は伊藤忠商事出身。戦後初の民間人出身中国大使として、民主党政権における「政治主導」の象徴とされた。だが、東京都の尖閣諸島購入計画を批判したことで「中国寄り」と批判され、事実上の更迭が決まっていた。だが後任大使として任命された西宮伸一外務審議官が着任前に急性心不全で急死。10月に急遽木寺氏を内定していたが、ようやく正式な着任となる。

 木寺氏は東京大学法学部卒業。外務省入省後、アジア局中国課、経済協力局無償資金協力課長、大臣官房会計課長 国際協力局長、官房長を歴任した後、内閣官房副長官補に任命されている。外国語研修はフランス語で、外務省における最大派閥の北米グループにも、中国閥(いわゆるチャイナスクール)にも属していない。
 外交官としてよりも内局でのキャリアが長い典型的な官僚タイプで、悪化している中国との関係改善のため、官邸との意思疎通や調整能力が買われたと考えられる。ただ外務省の不正会計問題が発覚した際、会計課長として田中真紀子外相の矢面に立たされ、プレッシャーに負けて病気療養したというひ弱な側面もある。

 中国外務省の華春瑩副報道局長は記者会見で、「日中関係を再び健全な軌道に戻すために積極的に努力してほしい」と期待を表明した。
 調整型の木寺大使が就任したことで、中国との関係改善はとりあえず実務レベルからのスタートとなる。中国も指導部交代の最中であり、日本も総選挙を控えている。事態が急激に展開することはしばらくの間なさそうである。

 日本国内の事情を徹底的に調べ上げる中国当局のこと、木寺氏のプレッシャーに弱い側面はすでに研究しつくしているはずだ。中国側はいきなり「圧迫面接」を喰らわせてくるかもしれない。木寺氏のふんばりを期待したい。

 - 政治

  関連記事

abe
安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「 …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

nodae02
野田改造内閣の顔ぶれが明らかに。選挙前に大臣ポストを大盤振る舞い

 野田改造内閣が顔ぶれが明らかになった。  財務相が有力視されていた岡田克也副総 …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

clintonkishida02
クリントン長官の尖閣発言に中国が猛反発。長官の退任を前にしたパフォーマンスか?

 尖閣諸島をめぐるクリントン米国務長官の発言に中国側が猛反発している。 中国外交 …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

hasimoto2
橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …