ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新しい中国大使は有能な実務官僚。だが田中真紀子大臣からツメられ入院したひ弱な面も

 

 政府は22日午前の閣議で、急死した西宮伸一中国大使の後任として木寺昌人官房副長官補を中国大使として任命する人事を決定した。木寺氏は12月下旬に着任する見通し。

 丹羽宇一郎現中国大使は伊藤忠商事出身。戦後初の民間人出身中国大使として、民主党政権における「政治主導」の象徴とされた。だが、東京都の尖閣諸島購入計画を批判したことで「中国寄り」と批判され、事実上の更迭が決まっていた。だが後任大使として任命された西宮伸一外務審議官が着任前に急性心不全で急死。10月に急遽木寺氏を内定していたが、ようやく正式な着任となる。

 木寺氏は東京大学法学部卒業。外務省入省後、アジア局中国課、経済協力局無償資金協力課長、大臣官房会計課長 国際協力局長、官房長を歴任した後、内閣官房副長官補に任命されている。外国語研修はフランス語で、外務省における最大派閥の北米グループにも、中国閥(いわゆるチャイナスクール)にも属していない。
 外交官としてよりも内局でのキャリアが長い典型的な官僚タイプで、悪化している中国との関係改善のため、官邸との意思疎通や調整能力が買われたと考えられる。ただ外務省の不正会計問題が発覚した際、会計課長として田中真紀子外相の矢面に立たされ、プレッシャーに負けて病気療養したというひ弱な側面もある。

 中国外務省の華春瑩副報道局長は記者会見で、「日中関係を再び健全な軌道に戻すために積極的に努力してほしい」と期待を表明した。
 調整型の木寺大使が就任したことで、中国との関係改善はとりあえず実務レベルからのスタートとなる。中国も指導部交代の最中であり、日本も総選挙を控えている。事態が急激に展開することはしばらくの間なさそうである。

 日本国内の事情を徹底的に調べ上げる中国当局のこと、木寺氏のプレッシャーに弱い側面はすでに研究しつくしているはずだ。中国側はいきなり「圧迫面接」を喰らわせてくるかもしれない。木寺氏のふんばりを期待したい。

 - 政治

  関連記事

kenpou
国会の憲法審査会がスタート。だが天皇制や9条をめぐる議論はトンチンカンなものばかり

 衆議院憲法審査会は3月14日、安倍政権発足後初の会合を開き、日本国憲法における …

abekaisan20141119
安倍首相が米議会で演説するプランが浮上。ポスト・オバマに向けた動きが活発化

 安倍首相が大型連休中の訪米時に、米議会で演説するというプランが浮上している。も …

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

abenaikaku
強いリーダーシップに憧れる安倍首相が上滑り。企業戦士という昭和なキーワード

 安倍政権がスタートしてから約1ヶ月が経過した。日銀に対する強硬姿勢によって円安 …

honkongdemotocho
中国当局がニセのアプリでデモ参加者を盗聴?民主化をめぐる諜報活動が活発化

 香港の民主化を求めるデモの参加者に、偽のアプリをダウンロードするよう促すメッセ …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

settai
外国政府による米国議員関係者の接待。中国が突出して多いことが判明

 中国をはじめとする外国政府が米国の議員やそのスタッフを接待旅行に招待する事例が …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …