ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

iPhone初の販売台数減少でアップルは減収減益。だが市場の注目はすでに次のフェーズに

 

 これまで快進撃を続けてきたアップルがとうとう減収減益の決算を発表した。ただ、中国におけるiPhone販売の不振や世界経済の停滞などから、1~3月期の業績が低迷することはある程度予想されており、市場関係者の反応は意外と冷静だ。時間外で同社株は8%下落したが、これも想定の範囲内といってよいだろう。

apple2016q2

 同社は2016年4月20日、2016年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比12.8%減の505億5700万ドル(約5兆6300億円)、純利益は22.5%減の105億1600万ドル(約1兆1700億円)と減収減益となった。

 主力のiPhoneが発売開始以来初めてとなる販売台数の減少という事態に直面しており、これがそのまま業績に反映された。低迷は全世界的であり、米国の売上高は10%減、欧州は5%減、中国は26%減、アジアは25%減、日本だけが唯一の例外で何と26%の増収となっている。

 今期の業績が悪化することはすでに予想されていた。2015年10~12月期の決算では、売上高の増加ペースが急減しており、営業利益はすでに前年同期比でマイナスとなっていた。
 また同社は、主力モデルであるiPhone6sの販売が低調であることから、各国の部品メーカーに減産の意向を伝えており、減産は今も継続中である。全世界的に景気の停滞感が高まっていることなども考え合わせると、今期決算が減収減益になるのはある意味で当然の結果といってよいだろう。

 アップルの場合、グローバルな景気動向に加え、iPhoneのみに依存するビジネスモデルはそろそろ限界ではないかという警戒感が強かっただけに、今後の影響は軽視できない。ただ、同社の株価はピーク時と比較するとすでに3割も下落している。今後の焦点はどのあたりで株価が下げ止まるかである。

 よく知られているように同社は25兆円近くのキャッシュ(あるいはキャッシュに相当する資産)を持っており、使い道に苦慮している状況であった。
 業績の低迷が長引くようであれば、保有する資産の有効活用が、市場で意識されるようになってくるだろう。同社は、クックCEOの本当の手腕が問われるフェーズに入ったのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

caterpilar
米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決 …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

tosho
株高で富裕層はウハウハ?日本ではなぜ庶民が株高の恩恵を受けられないのか?

 このところの株高で富裕層の消費が拡大していることが明らかになった。日本百貨店協 …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

it02
ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉 …

lawsonmitsubishi
資源価格下落で巨額赤字を抱える三菱商事がローソンを子会社化する事情

 三菱商事は2016年9月16日、コンビニ大手のローソンを子会社化すると発表した …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …