ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

iPhone初の販売台数減少でアップルは減収減益。だが市場の注目はすでに次のフェーズに

 

 これまで快進撃を続けてきたアップルがとうとう減収減益の決算を発表した。ただ、中国におけるiPhone販売の不振や世界経済の停滞などから、1~3月期の業績が低迷することはある程度予想されており、市場関係者の反応は意外と冷静だ。時間外で同社株は8%下落したが、これも想定の範囲内といってよいだろう。

apple2016q2

 同社は2016年4月20日、2016年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比12.8%減の505億5700万ドル(約5兆6300億円)、純利益は22.5%減の105億1600万ドル(約1兆1700億円)と減収減益となった。

 主力のiPhoneが発売開始以来初めてとなる販売台数の減少という事態に直面しており、これがそのまま業績に反映された。低迷は全世界的であり、米国の売上高は10%減、欧州は5%減、中国は26%減、アジアは25%減、日本だけが唯一の例外で何と26%の増収となっている。

 今期の業績が悪化することはすでに予想されていた。2015年10~12月期の決算では、売上高の増加ペースが急減しており、営業利益はすでに前年同期比でマイナスとなっていた。
 また同社は、主力モデルであるiPhone6sの販売が低調であることから、各国の部品メーカーに減産の意向を伝えており、減産は今も継続中である。全世界的に景気の停滞感が高まっていることなども考え合わせると、今期決算が減収減益になるのはある意味で当然の結果といってよいだろう。

 アップルの場合、グローバルな景気動向に加え、iPhoneのみに依存するビジネスモデルはそろそろ限界ではないかという警戒感が強かっただけに、今後の影響は軽視できない。ただ、同社の株価はピーク時と比較するとすでに3割も下落している。今後の焦点はどのあたりで株価が下げ止まるかである。

 よく知られているように同社は25兆円近くのキャッシュ(あるいはキャッシュに相当する資産)を持っており、使い道に苦慮している状況であった。
 業績の低迷が長引くようであれば、保有する資産の有効活用が、市場で意識されるようになってくるだろう。同社は、クックCEOの本当の手腕が問われるフェーズに入ったのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

putin02
プーチン大統領と敵対する亡命ロシア人富豪が死亡。暗殺ではなく自殺といわれているが

 ロシア人の大富豪ベレゾフスキー氏が、3月23日、亡命先である英国の自宅で死亡し …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

usaboueki
米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはす …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

nodazeichou
与党が2014年度税制改正大綱を発表。目玉はなくインパクトにに欠ける内容に終始

 自民・公明の両党は2013年12月12日、2014年度の税制改正大綱を決定した …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

jre235
山手線新型車両E235が連続トラブルで運行休止。原因はソフトのバグと思われるが・・・

 東京オリンピックを見据え、13年ぶりの刷新と鳴り物入りでデビューしたJR山手線 …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

fcatokai
米国からのプルトニウム返還要請は何を意味しているのか?

 日本政府が、米国から研究用として提供されていた高濃度プルトニウムを、米国に返還 …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …