ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な認識だが、経済産業省がまったく正反対の試算結果を公表した。ロボットやAIを普及させないと、日本は2030年までに735万人分の仕事が消滅するという。仕事が増えるのか?なくなるのか?一体どちらなのだろうか。

robotfunuc

 経済産業省は2016年4月27日、第4次産業革命に対応するための指針となる「新産業構造ビジョン」の中間整理を発表した。中間整理には、ロボットやAIを普及させなかった場合、2030年までに働く人の数が735万人減少するとの試算結果が盛り込まれた。逆に、ロボットやAIを活用すれば161万人の減少で済むとしている。

 ロボットやAIが普及すると、労働者の仕事が奪われるというのが一般的な認識である。昨年12月、野村総合研究所は、日本の労働人口の約半数がロボットやAIに置き換わる可能性があるとの推計を発表している。
 両者はまったく逆の結果となっているが、それは、試算を行う対象や範囲が異なっていることが原因であり、両者は基本的に同じことを別な形で説明していると考えてよい。

 野村総研の推計は、英オックスフォード大学の推計方法に倣ったものであり、ミクロ的な手法が用いられた。つまり、個々の仕事がどれだけロボットやAIで代替できるのかという点に絞られている。

 一方、経済産業省の推計はマクロ的なものである。アベノミクスがうまくいき、経済が再生することに前提にすると、人口減少から供給制限がかかってしまうという恐れがある。
 ロボットやAIが普及すれば、潜在成長率をフルに活用することができるので、供給制限を排除することが可能となる。その結果、経済のパイ全体が大きくなり、労働者の数も増えるという理屈だ。

 全体のパイは増えるが、職種別では人数の増減が出てくる。例えば営業という職種では、ロボットやAIの導入によって付加価値の高いコンサルティング営業の従事者数が114万人増加するが、定型業務を行う販売員などについては68万人減少する。また、製造部門も297万人の減少、コールセンターなどサービス業務も51万人の減少となっている。

 同省の試算は、従来の仕事をロボットやAIが代替するという、一般的な予測と基本的には同じということになる。ただ、主眼がマクロ経済に置かれており、アベノミクスの成功によって潜在成長率がフルに生かされることを前提にしているという部分に違いがある。

 ただ現実には、日本のマクロ経済が名目で3.5%成長、実質で2%成長を続けるという前提にはかなり無理がある。しかも、経済成長が順調に進まず、現状を放置した場合、短期的には有利になる職種すらある。
 製造業は262万人の減少にとどまり、コールセンターなどのサービス業務に至っては23万人も雇用が増える。場合によってはこちらの方が魅力的に感じる人も出てくるかもしれない。

 もっとも、経済が成長しないというシナリオが進んだ場合、長期的には最悪の結果となる可能性が高い。すぐに仕事は減らないものの、社会全体の貧困化が徐々に進み、最終的には全員の仕事が減少するという、やっかいな状況に陥ることになる。

 ただ、今の日本における社会的な風潮では、産業構造の改革を進めることはなかなか難しい。望ましいことではないが、現状放置のシナリオが進む可能性について想定しておいた方がよいだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

minatoku
地域の所得格差がじわじわと拡大。株価が上昇するとさらに格差が広がる

 地域による所得格差が拡大している。もっとも所得が高い自治体と低い自治体では平均 …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

sebunsuzu
セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明ら …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

eurokabuka
景気の悪化が続く欧州で、なぜか株価が絶好調。理由は「危機疲れ」?

 債務危機が続いているはずの欧州で株価が好調だ。ここ半年でドイツの株価は25%近 …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …

francisco1
バチカン銀行の改革でマフィアとトラブル?フランシスコ法王の改革は進むのか?

 フランシスコ新法王の下、バチカンでは金融システム改革が進められている。フランシ …