ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務相は為替介入も辞さないとのスタンスを明確にしたが、米国からは為替介入を牽制する声が出ている。
 米国の動きは政治的なニュアンスが強いとはいえ、日本側が為替介入にこだわる姿勢を見せてしまったことで、今後の金融政策の舵取りはさら難しくなったかもしれない。

asomof
 日銀は2016年4月27日の金融政策決定会合において、金融政策の現状維持を決定した。追加緩和に踏み切るとの市場予想が大半だっただけに、市場は混乱した。為替市場は一気に106円台の円高となり、株式市場も1200円以上の下落となっている。

 急激な円高を受けて、麻生財務相は「必要に応じて対応する」と明言し、円売り介入も辞さない姿勢を強調した。だが一方の米国は29日に発表した報告書の中で、日本の為替政策を監視対象にしたことを明らかにし、介入を強く牽制する状況となっている。だが、これについても麻生氏は、「我々の対応を制限することは全くない」と明言している。

 麻生氏の発言は財務大臣としてのものなので、これは日本政府の基本的なスタンスと考えてよいだろう。もしそうであれば、一方で追加緩和を見送り、一方では為替介入を強く示唆するというのは、市場に誤ったメッセージを伝える可能性があり、非常にリスクが高い。

 量的緩和策の目的は表面的には資金供給量の拡大だが、為替が連動して切り下がることが期待されているというのは、暗黙の了解である。つまり、量的緩和策を続けている限り、為替操作と認定されることはない。
 だが、政府が直接為替市場に介入するということになると、話は変わってくる。場合によっては格好の政治的ターゲットになる可能性があるからだ。

 為替介入には原資が必要であり、結局は、政府短期証券の発行によってカバーされるため、財政を悪化させる懸念がある。今のところ、例外的なケースを除いて、政府短期証券を日銀が引き受けることはないので、流動性供給の効果もない(不胎化)。

 為替介入と量的緩和策を比較した場合、後者の方がメリットが大きいが、日本政府はあえて介入を選択しているということになる。場合によっては、量的緩和策の手詰まり感が大きいとの印象を市場に与えてしまうかもしれない。

 今回、追加緩和を見送ったことで、市場では次回の緩和を予想する声が高まっている。伊勢志摩サミットや選挙などの政治日程をにらみ、政策を集中させた方が得策という見方である。だが、次回も緩和を見送るということになると、いよいよ選択肢がなくなってしまう。

 市場の期待に反する形で追加緩和を見送り、結果としての円高に対しては「介入」を示唆するということでは、いかにも場当たり的な対応は否めない。日本政府は自ら袋小路に追い込んでいる可能性がある。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

gillade
中国が今度は豪の諜報機関をハッキング?だが政府首脳は中国擁護に必死

 オーストラリア放送協会(ABC)は5月27日、中国のハッカー集団が、建設中のオ …

freedom
米国がシンガポールに最新鋭艦を配備。その地政学的意味とは?

 米海軍は4月18日、最新鋭の沿岸海域戦闘艦(LCS)「フリーダム」をシンガポー …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

ecb02
欧州中銀がマイナス金利導入を決定。背景は「日本化」に対する懸念

 欧州中央銀行(ECB)は2014年6月5日、定例理事会を開催し、追加の金融緩和 …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

kadokawadowango
KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …