ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明らかにしたことをきっかけに、大手メディアはこれまで控えていたセブンや鈴木氏に関する報道を次々に行っている。
 同社は大手メディアにとって巨大な広告主であるとともに、コンビニという販売ルートを握っており、業界におけるタブーのひとつだった。タブーが消滅するのはよいことだが、退任が決まらなければ批判記事が出てこないという現実は重い。

sebunsuzu

 鈴木氏の退任決定を受け、同氏の経営者としての資質を問う事実が次々と報道されている。日経ビジネスは鈴木氏が同社創業家である伊藤家に対して、イトーヨーカ堂が抱える100億円の在庫を買い取るよう要請していたという事実をスクープした。

 伊藤家はすでに経営の第一線から退いており、同社の経営はサラリーマン社長である鈴木氏が担ってきた。自身の経営の結果として生じた過剰在庫を株主に買い取らせるなど、上場企業としてはあってはならないことである。

 また週刊ダイヤモンドは、鈴木氏が2014年から15年にかけて、30万株の同社株を売却し10億円から13億円もの現金を得ていた事実を報じている。
 経営者の株の売却そのものは違法ではないが、グループ内のイトーヨーカ堂が経営不振に陥っている最中に、すべての権限を握ってきた経営トップが株を売り抜けるというのは、経営者としてのモラルに欠けると批判されても仕方ないだろう。
 同誌によると株の売却益は、医者である長男の開業資金と、同氏がセブンの後継者に据えようとしたとされる次男の自宅改築費に充てられたという。

 こうした記事は、本来、鈴木氏の在任中に出てくるべきものだが、マスコミ業界にはセブンは批判できないというタブーがあり、なかなか実現しなかった。
 セブンは、毎年巨額の広告費を落とす広告主であり、コンビニという流通チャネルを握っているため、大手マスコミにとっては手ごわい存在である。また鈴木氏自身が、かつてはジャーナリスト志望だったがかなわなかったという過去があり、マスコミ業界に対してはことさらに厳しいという話もある。

 ここに来て、各誌がセブンや鈴木氏に関する事実を報道し始めているのは評価すべきことだが、逆に考えれば、マスコミの自主規制がいかに大きかったのかを示す結果ともいえるだろう。

 だが、タブーを生じさせてしまう原因は他にもある。それは読者のリテラシーである。日本ではひとたび批判のターゲットになると一斉にバッシングする傾向が強いが、逆に普段は、批判的な見解を述べる人がバッシングされる。
 現実問題として、これまでは、セブンを批判する記事を書くと、逆に読者から激しい抗議を受けたりすることもしばしばだったのである。読者が望んでいない以上、積極的に同社を批判するメリットは少ない。

 大手マスメディアは広告を収入源としたビジネスであって慈善事業ではない。逆に言えば、最終的に収益になるのであれば、メディアは積極的に批判記事を掲載するだろう。
 メディアはその国の国民レベルを映す鏡でもある。メディアを生かすも殺すも、結局は読者のリテラシー次第である。

 - マスコミ, 経済 , ,

  関連記事

kijijidousakusei
AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボット …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

pakucongress
産経ソウル前支局長無罪判決が、極めて妥当かつ民主的である理由

 韓国のソウル中央地方裁判所は2015年12月17日、朴槿恵大統領の名誉を傷つけ …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …