ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明らかにしたことをきっかけに、大手メディアはこれまで控えていたセブンや鈴木氏に関する報道を次々に行っている。
 同社は大手メディアにとって巨大な広告主であるとともに、コンビニという販売ルートを握っており、業界におけるタブーのひとつだった。タブーが消滅するのはよいことだが、退任が決まらなければ批判記事が出てこないという現実は重い。

sebunsuzu

 鈴木氏の退任決定を受け、同氏の経営者としての資質を問う事実が次々と報道されている。日経ビジネスは鈴木氏が同社創業家である伊藤家に対して、イトーヨーカ堂が抱える100億円の在庫を買い取るよう要請していたという事実をスクープした。

 伊藤家はすでに経営の第一線から退いており、同社の経営はサラリーマン社長である鈴木氏が担ってきた。自身の経営の結果として生じた過剰在庫を株主に買い取らせるなど、上場企業としてはあってはならないことである。

 また週刊ダイヤモンドは、鈴木氏が2014年から15年にかけて、30万株の同社株を売却し10億円から13億円もの現金を得ていた事実を報じている。
 経営者の株の売却そのものは違法ではないが、グループ内のイトーヨーカ堂が経営不振に陥っている最中に、すべての権限を握ってきた経営トップが株を売り抜けるというのは、経営者としてのモラルに欠けると批判されても仕方ないだろう。
 同誌によると株の売却益は、医者である長男の開業資金と、同氏がセブンの後継者に据えようとしたとされる次男の自宅改築費に充てられたという。

 こうした記事は、本来、鈴木氏の在任中に出てくるべきものだが、マスコミ業界にはセブンは批判できないというタブーがあり、なかなか実現しなかった。
 セブンは、毎年巨額の広告費を落とす広告主であり、コンビニという流通チャネルを握っているため、大手マスコミにとっては手ごわい存在である。また鈴木氏自身が、かつてはジャーナリスト志望だったがかなわなかったという過去があり、マスコミ業界に対してはことさらに厳しいという話もある。

 ここに来て、各誌がセブンや鈴木氏に関する事実を報道し始めているのは評価すべきことだが、逆に考えれば、マスコミの自主規制がいかに大きかったのかを示す結果ともいえるだろう。

 だが、タブーを生じさせてしまう原因は他にもある。それは読者のリテラシーである。日本ではひとたび批判のターゲットになると一斉にバッシングする傾向が強いが、逆に普段は、批判的な見解を述べる人がバッシングされる。
 現実問題として、これまでは、セブンを批判する記事を書くと、逆に読者から激しい抗議を受けたりすることもしばしばだったのである。読者が望んでいない以上、積極的に同社を批判するメリットは少ない。

 大手マスメディアは広告を収入源としたビジネスであって慈善事業ではない。逆に言えば、最終的に収益になるのであれば、メディアは積極的に批判記事を掲載するだろう。
 メディアはその国の国民レベルを映す鏡でもある。メディアを生かすも殺すも、結局は読者のリテラシー次第である。

 - マスコミ, 経済 , ,

  関連記事

no image
まだまだ甘いシャープのリストラ。高給取りのホワイトカラーは手付かず

 経営危機のシャープが検討している追加の人員削減案が明らかになった。これまで50 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

iwata02
日銀岩田副総裁によれば期待インフレ率は上昇しているというが・・・・

 日銀の岩田副総裁は、経済紙とのインタビューにおいて、日銀の金融政策として実質金 …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

inakagurashi
田舎暮らしに憧れる都市部の若者が増加傾向。経済的要因が影響?

 内閣府は2014年8月11日、「農山漁村に関する世論調査」の結果を発表した。都 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

no image
エアバスと防衛大手BAEの合併案に異論噴出!頓挫する可能性も

 欧州航空大手エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの経営統合に、 …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …