ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイブン(租税回避地)の流出情報である「パナマ文書」に関し、約21万社の会社名を公開した。
 パナマ文書をめぐっては、ロシアのプーチン大統領や中国の習近平国家主席などの名前が取り沙汰されており、世界的には大きなインパクトを持っている。同サイトには日本人や日本企業の名前も載っているが、多くは会社の登記手続き上の話である可能性が高く、大規模な脱税案件が出てくる可能性は低い。

icijpanama

 残念ながら、日本人や日本企業の中でグローバルに活動し、納税の対象となる所得がグローバルに広がっているケースはほとんどない。これは日本人や日本企業がグローバルに活躍できていないことの裏返しともいえる。

 もし所得の源泉が海外にあり、これらをタックスヘイブンの法人に集めれば、大規模な脱税を行うことが可能となる。だが、そもそもの所得がなければ脱税のしようがない。このような状況において、日本人や日本企業がタックスヘイブンを使うケースは、国際取引の中継地点として利用するか、子息を海外に移住させ、相続税を回避するのかの二つということになる。

 子息を海外に移住させ、相続税を回避することに対しては、心情的にはいろいろな意見があるだろうが、本人が日本に住んでおらず、正式な手続きを経ているならば、法律的にはまったく問題ない。子供に相続する資産はすでに税金を支払った後のお金なので、どう扱うのかは本人の自由にするしかないだろう。

 ちなみに今回の文書の中には楽天の三木谷会長の名前も掲載されている。この文書だけでは詳しくは分からないが、三木谷氏が個人的に出資し、最終的には楽天グループに加わった企業に関連したものである可能性が高く、大きな問題に発展する可能性は低い。

 この企業は、レストランのキャッシュバックサービスなどを手がる目的で設立され、その株主となっているペーパーカンパニーに三木谷氏が出資していた。同社には、当該企業の経営者も出資しており、おそらく共同出資のためのファンド代わりに設立したものと考えられる。この企業は、すでに楽天グループに吸収されており、サービスも休止した状態にある。

 外国人を含む、当該ペーパーカンパニーの各出資者が正式な税務の手続きを行っていたのかは不明だが、三木谷氏による巨額の脱税といった類いの話にはならないだろう。
 このほか商社などいくつかの名前が確認されているようだが、今のところ大規模な脱税につながるような話は出てきていない。

 日本人による脱税が少ないことは喜ばしいことだが、逆に考えれば、日本人には、大規模に脱税するような資産を海外で作る能力がないということでもある。これも一種のガラパゴスということになるだろう。

 - マスコミ, 経済 , ,

  関連記事

todai
内閣府調査研究。大卒者、院卒者の4人に1人が学歴に見合う仕事をしていない?

 大学生や大学院生の4人に1人が教育過剰(同じ学歴を獲得したにもかかわらず,より …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

banankieren
米FRBが量的緩和縮小を決定。今回の決定が100点満点である理由

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日、FOMC(連邦公開市場 …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

contena2
円安なのに輸出が増えない!Jカーブ効果というが本当なのか?

 財務省が20日発表した1月の貿易収支は1兆6294億円の赤字となり、単月の赤字 …

trybol
スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みと …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …