ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイブン(租税回避地)の流出情報である「パナマ文書」に関し、約21万社の会社名を公開した。
 パナマ文書をめぐっては、ロシアのプーチン大統領や中国の習近平国家主席などの名前が取り沙汰されており、世界的には大きなインパクトを持っている。同サイトには日本人や日本企業の名前も載っているが、多くは会社の登記手続き上の話である可能性が高く、大規模な脱税案件が出てくる可能性は低い。

icijpanama

 残念ながら、日本人や日本企業の中でグローバルに活動し、納税の対象となる所得がグローバルに広がっているケースはほとんどない。これは日本人や日本企業がグローバルに活躍できていないことの裏返しともいえる。

 もし所得の源泉が海外にあり、これらをタックスヘイブンの法人に集めれば、大規模な脱税を行うことが可能となる。だが、そもそもの所得がなければ脱税のしようがない。このような状況において、日本人や日本企業がタックスヘイブンを使うケースは、国際取引の中継地点として利用するか、子息を海外に移住させ、相続税を回避するのかの二つということになる。

 子息を海外に移住させ、相続税を回避することに対しては、心情的にはいろいろな意見があるだろうが、本人が日本に住んでおらず、正式な手続きを経ているならば、法律的にはまったく問題ない。子供に相続する資産はすでに税金を支払った後のお金なので、どう扱うのかは本人の自由にするしかないだろう。

 ちなみに今回の文書の中には楽天の三木谷会長の名前も掲載されている。この文書だけでは詳しくは分からないが、三木谷氏が個人的に出資し、最終的には楽天グループに加わった企業に関連したものである可能性が高く、大きな問題に発展する可能性は低い。

 この企業は、レストランのキャッシュバックサービスなどを手がる目的で設立され、その株主となっているペーパーカンパニーに三木谷氏が出資していた。同社には、当該企業の経営者も出資しており、おそらく共同出資のためのファンド代わりに設立したものと考えられる。この企業は、すでに楽天グループに吸収されており、サービスも休止した状態にある。

 外国人を含む、当該ペーパーカンパニーの各出資者が正式な税務の手続きを行っていたのかは不明だが、三木谷氏による巨額の脱税といった類いの話にはならないだろう。
 このほか商社などいくつかの名前が確認されているようだが、今のところ大規模な脱税につながるような話は出てきていない。

 日本人による脱税が少ないことは喜ばしいことだが、逆に考えれば、日本人には、大規模に脱税するような資産を海外で作る能力がないということでもある。これも一種のガラパゴスということになるだろう。

 - マスコミ, 経済 , ,

  関連記事

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

imf201306
IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の20 …

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …

googleio2015
グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロ …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …