ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタが営業利益40%減の業績見通し。実は販売台数が年々減少しているという事実

 

 トヨタ自動車は2016年5月11日、2016年3月期の決算を発表した。予想通り、増収増益の決算となったが、来期については減収減益の見通しを示している。経営状況に大きな変化はなく、あたらためて為替の影響が大きいことを印象付ける結果となった。

toyota201603

 2016年3月期の売上高は前期比4.3%増の28兆4031億円、本業の儲けを示す営業利益は前期比3.8%増の2兆8539億円だった。昨年の決算(2015年3月期)は売上高は6%増で営業利益は20%増だったことを考えると成長が鈍化している。円安効果が薄れ、何とか増収増益を維持した格好だ。

 来期については、円高でさらに業績が伸び悩むと予想している。売上高は6.7%減の26兆5000億円、営業利益は40%減の1兆7000億円を見込んでおり、2兆円を大きく下回る。

 メディアには「トヨタ大幅減益」といった見出しが並んでいるが、市場はあまり動揺した様子はない。為替効果の剥落は想定内であることに加え、同社の販売台数が減少傾向であることは、かなり前からはっきりしていたからである。

 同社の販売台数は、2014年3月期が912万台、2015年3月期が897万台、2016年3月期が868万台となっており、減少傾向が続いている。海外の販売台数は伸びているが、国内の落ち込みが激しく、全体をカバーできない状況が続いている。2016年3月期については世界経済の低迷から海外での販売も減少した。

 製品の販売台数が伸び悩んでいる以上、決算の数字がよくならないのは当たり前であり、円安の効果があったとはいえ、この販売台数で増収増益を維持してきたのは、むしろ評価すべきことかもしれない。

 今期の販売台数については、890万台と増加を見込んでいる。しかしその内訳は少々、心許ない。海外の販売台数は横ばいで、国内の販売台数を20万台増としている。つまり海外の伸び悩みを国内販売でカバーするという図式になっているのだ。
 世界経済の停滞で海外の販売台数を横ばいとしたのは適切な判断かもしれないが、景気の悪さでいえば先進国において日本は突出している。本当に日本で20万台の販売増を実現できるのかは何ともいえない。

 トヨタは日本経済の最後の砦であり、一般社会も含めて過剰な期待が寄せられる。だが、経営の根幹である販売台数が落ち込んでいることは事実であり、特に国内の販売台数の低下は著しい。しかもこうした状況はマクロ的環境によるものであり、一社だけでは対処が難しい問題である。
 トヨタに対する過剰な期待は、株式市場全体にとってもよい結果をもたらさない可能性が高い。等身大の評価が必要だろう。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …

kinkakaku
金価格が急落。ドルの復権で金は再び表舞台から姿を消す運命なのか?

 これまで長期にわたって上昇が続いてきた金相場が変調している。15日のニューヨー …

yukashi02
金融庁が海外ファンド投資で有名な「ゆかし」に対して行政処分の構え

 証券取引等監視委員会は「いつかはゆかし」のキャッチフレーズで知られている投資助 …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

abe
安倍総裁が金融政策に関する発言を全面撤回。無邪気な政治家が空けたパンドラの箱

 自民党は21日、次期衆院選の政権公約を正式発表した。この席で安倍総裁は、自身の …

googlehead
グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10 …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

pokemongo
ポケモンGOの業績への貢献はごくわずかだが、任天堂は大きなポテンシャルを手にした

 スマホ向けゲームの「ポケモンGO」が世界的大ヒットになっていることから、任天堂 …