ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタが営業利益40%減の業績見通し。実は販売台数が年々減少しているという事実

 

 トヨタ自動車は2016年5月11日、2016年3月期の決算を発表した。予想通り、増収増益の決算となったが、来期については減収減益の見通しを示している。経営状況に大きな変化はなく、あたらためて為替の影響が大きいことを印象付ける結果となった。

toyota201603

 2016年3月期の売上高は前期比4.3%増の28兆4031億円、本業の儲けを示す営業利益は前期比3.8%増の2兆8539億円だった。昨年の決算(2015年3月期)は売上高は6%増で営業利益は20%増だったことを考えると成長が鈍化している。円安効果が薄れ、何とか増収増益を維持した格好だ。

 来期については、円高でさらに業績が伸び悩むと予想している。売上高は6.7%減の26兆5000億円、営業利益は40%減の1兆7000億円を見込んでおり、2兆円を大きく下回る。

 メディアには「トヨタ大幅減益」といった見出しが並んでいるが、市場はあまり動揺した様子はない。為替効果の剥落は想定内であることに加え、同社の販売台数が減少傾向であることは、かなり前からはっきりしていたからである。

 同社の販売台数は、2014年3月期が912万台、2015年3月期が897万台、2016年3月期が868万台となっており、減少傾向が続いている。海外の販売台数は伸びているが、国内の落ち込みが激しく、全体をカバーできない状況が続いている。2016年3月期については世界経済の低迷から海外での販売も減少した。

 製品の販売台数が伸び悩んでいる以上、決算の数字がよくならないのは当たり前であり、円安の効果があったとはいえ、この販売台数で増収増益を維持してきたのは、むしろ評価すべきことかもしれない。

 今期の販売台数については、890万台と増加を見込んでいる。しかしその内訳は少々、心許ない。海外の販売台数は横ばいで、国内の販売台数を20万台増としている。つまり海外の伸び悩みを国内販売でカバーするという図式になっているのだ。
 世界経済の停滞で海外の販売台数を横ばいとしたのは適切な判断かもしれないが、景気の悪さでいえば先進国において日本は突出している。本当に日本で20万台の販売増を実現できるのかは何ともいえない。

 トヨタは日本経済の最後の砦であり、一般社会も含めて過剰な期待が寄せられる。だが、経営の根幹である販売台数が落ち込んでいることは事実であり、特に国内の販売台数の低下は著しい。しかもこうした状況はマクロ的環境によるものであり、一社だけでは対処が難しい問題である。
 トヨタに対する過剰な期待は、株式市場全体にとってもよい結果をもたらさない可能性が高い。等身大の評価が必要だろう。

 - 経済 ,

  関連記事

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

beerneage
ビールの店頭価格が上昇。背景にあるのは政府による安値販売の規制

 このところビールの店頭価格が上昇している。昨年の法改正によってビールの安値販売 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

no image
伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくり …

no image
この期に及んでも決められないシャープ。鴻海の郭会長はブチ切れて帰国

 経営危機に陥っているシャープと鴻海(ホンハイ)精密工業の資本提携内容の見直し交 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …