ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約2400億円を出資すると発表した。三菱自動車は日産の傘下に入ることで経営再建を図るが、日産にとっては大きな賭けとなる。

nissanngone

 日産は、三菱自動車が行う第三者割当増資を引き受け、発行済株式数の34%を保有する筆頭株主となる。これまで同社の筆頭株主は三菱重工だったので、同社は事実上日産の傘下に入ることになる。

 三菱自動車は今年4月、軽自動車に関する燃費データを改ざんしていた事実を明らかにした。データが改ざんされていたのは、同社の「eKワゴン」など2車種と、同社が受託生産を行い、日産が販売している「デイズ」など4車種。すでに62万5000台が販売されており、顧客に対する補償費用は1000億円から2000億円になるともいわれる。

 現在、同社は軽自動車の生産や販売を停止しており。国内販売台数は4月の段階ですでに前年同月比で半減している。5月以降はその影響が本格化する可能性が高く、販売不振が長引けば、経営を圧迫することは間違いない。

 三菱自動車は過去にもリコール隠しが表面化し、経営危機に陥ったことがある。前回は三菱グループが全面的に支援し、何とか再建にこぎ着けたが、今回は状況が大きく異なっている。

 三菱グループは、中核企業である三菱重工が客船事業で特別損失を出しているほか、三菱商事が赤字に転落するなど余裕がない。市場では三菱グループは支援しないと予想する声が大きく、三菱自動車がどこの傘下に入るのか注目されていた。

 日産と三菱は軽自動車に加え、電気自動車の分野でも共同開発を検討するなど共通項が多い。三菱は東南アジアに強く、日産にとってはグローバル展開を補強することができる。東南アジアにおける三菱自動車の販売台数は約33万台で、日産と同規模となっており、両社が一緒になるシナジーは大きい。考え方によっては、日産は非常に安い価格でこれらのリソースを入手できたことになる。

 ただこうしたシナジー効果も、三菱自動車のブランド・イメージを回復できればの話である。同社の再建に失敗した場合、三菱が日産の経営の足かせになる可能性も十分に考えられる。
 データ改ざん問題が完全に収束していない現段階では、2400億円の買い物が割高なのか割安なのかは何ともいえない。結果が見えるまでには、1年程度の時間が必要だろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

sukiya201408
「すき家」の赤字転落は、これから深刻化する人手不足経済の縮図?

 大手牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは、人手不足によ …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

toyota201603
トヨタが営業利益40%減の業績見通し。実は販売台数が年々減少しているという事実

 トヨタ自動車は2016年5月11日、2016年3月期の決算を発表した。予想通り …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …