ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約2400億円を出資すると発表した。三菱自動車は日産の傘下に入ることで経営再建を図るが、日産にとっては大きな賭けとなる。

nissanngone

 日産は、三菱自動車が行う第三者割当増資を引き受け、発行済株式数の34%を保有する筆頭株主となる。これまで同社の筆頭株主は三菱重工だったので、同社は事実上日産の傘下に入ることになる。

 三菱自動車は今年4月、軽自動車に関する燃費データを改ざんしていた事実を明らかにした。データが改ざんされていたのは、同社の「eKワゴン」など2車種と、同社が受託生産を行い、日産が販売している「デイズ」など4車種。すでに62万5000台が販売されており、顧客に対する補償費用は1000億円から2000億円になるともいわれる。

 現在、同社は軽自動車の生産や販売を停止しており。国内販売台数は4月の段階ですでに前年同月比で半減している。5月以降はその影響が本格化する可能性が高く、販売不振が長引けば、経営を圧迫することは間違いない。

 三菱自動車は過去にもリコール隠しが表面化し、経営危機に陥ったことがある。前回は三菱グループが全面的に支援し、何とか再建にこぎ着けたが、今回は状況が大きく異なっている。

 三菱グループは、中核企業である三菱重工が客船事業で特別損失を出しているほか、三菱商事が赤字に転落するなど余裕がない。市場では三菱グループは支援しないと予想する声が大きく、三菱自動車がどこの傘下に入るのか注目されていた。

 日産と三菱は軽自動車に加え、電気自動車の分野でも共同開発を検討するなど共通項が多い。三菱は東南アジアに強く、日産にとってはグローバル展開を補強することができる。東南アジアにおける三菱自動車の販売台数は約33万台で、日産と同規模となっており、両社が一緒になるシナジーは大きい。考え方によっては、日産は非常に安い価格でこれらのリソースを入手できたことになる。

 ただこうしたシナジー効果も、三菱自動車のブランド・イメージを回復できればの話である。同社の再建に失敗した場合、三菱が日産の経営の足かせになる可能性も十分に考えられる。
 データ改ざん問題が完全に収束していない現段階では、2400億円の買い物が割高なのか割安なのかは何ともいえない。結果が見えるまでには、1年程度の時間が必要だろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

panatuga
パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま

 パナソニックは5月10日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7% …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

setsubitousi
企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要 …

tosho05
日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかにつ …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

tosho05
中国ショックによる世界同時株安。日本は特に悪い条件が揃っている

 中国の景気減速懸念から、先週の株式市場は大荒れとなった。市場では下落は一時的と …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …