ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約2400億円を出資すると発表した。三菱自動車は日産の傘下に入ることで経営再建を図るが、日産にとっては大きな賭けとなる。

nissanngone

 日産は、三菱自動車が行う第三者割当増資を引き受け、発行済株式数の34%を保有する筆頭株主となる。これまで同社の筆頭株主は三菱重工だったので、同社は事実上日産の傘下に入ることになる。

 三菱自動車は今年4月、軽自動車に関する燃費データを改ざんしていた事実を明らかにした。データが改ざんされていたのは、同社の「eKワゴン」など2車種と、同社が受託生産を行い、日産が販売している「デイズ」など4車種。すでに62万5000台が販売されており、顧客に対する補償費用は1000億円から2000億円になるともいわれる。

 現在、同社は軽自動車の生産や販売を停止しており。国内販売台数は4月の段階ですでに前年同月比で半減している。5月以降はその影響が本格化する可能性が高く、販売不振が長引けば、経営を圧迫することは間違いない。

 三菱自動車は過去にもリコール隠しが表面化し、経営危機に陥ったことがある。前回は三菱グループが全面的に支援し、何とか再建にこぎ着けたが、今回は状況が大きく異なっている。

 三菱グループは、中核企業である三菱重工が客船事業で特別損失を出しているほか、三菱商事が赤字に転落するなど余裕がない。市場では三菱グループは支援しないと予想する声が大きく、三菱自動車がどこの傘下に入るのか注目されていた。

 日産と三菱は軽自動車に加え、電気自動車の分野でも共同開発を検討するなど共通項が多い。三菱は東南アジアに強く、日産にとってはグローバル展開を補強することができる。東南アジアにおける三菱自動車の販売台数は約33万台で、日産と同規模となっており、両社が一緒になるシナジーは大きい。考え方によっては、日産は非常に安い価格でこれらのリソースを入手できたことになる。

 ただこうしたシナジー効果も、三菱自動車のブランド・イメージを回復できればの話である。同社の再建に失敗した場合、三菱が日産の経営の足かせになる可能性も十分に考えられる。
 データ改ざん問題が完全に収束していない現段階では、2400億円の買い物が割高なのか割安なのかは何ともいえない。結果が見えるまでには、1年程度の時間が必要だろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

sinise
来年100周年を迎える企業が1425社。このニュースの意味分かります?

 来年に創業100周年を迎える企業が全国で1425社に上ることが帝国データバンク …

rakutenamazonyusi
楽天、アマゾンの出店者向けローンが、地銀再編の起爆剤に?

 楽天やアマゾンなどネット通販各社が、自社サイト出店者向け事業者ローンの拡大を進 …

apple
アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

gamen
日本で物価が上がらないのは、産業構造による影響が大きい?

 日銀が量的緩和策をスタートさせてから2年になろうとしている。当初は労働力不足な …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …

contena
9月の経常収支がとうとう赤字に。日本は輸出はおろか、金貸しをしても儲からなくなった

 製造業の競争力の証であり、日本経済のすべての原動力となってきた経常収支がとうと …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …