ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100億円)出資することが明らかとなった。アップルは、2016年1~3月期の決算において、iPhoneの発売開始以来、初の販売台数減少となった。配車アプリへの出資が次の成長の起爆剤となるのか市場は注目している。

appledidi

 滴滴は、スマホからタクシーを呼び出すサービスを展開しており、この分野の先行者であるUBER(ウーバー)の競合といわれる。滴滴の利用者は、出発地と目的地をスマホに入力すると最寄りのタクシーを自動的に呼び出すことができ、中国では3億人が登録するなど、圧倒的なシェアを持つ。

 アップルは、地図サービスや人工知能の技術を活用し、自動運転の分野に進出する意向を持っているといわれる。また、中国はアップルにとって米国に匹敵する市場となっており、同社の成長のカギを握っている。
 中国でナンバーワンの配車サービスと提携することで、中国全土で自動運転車を普及させる足がかりを得たことになる。

 アップルは、2016年1~3月期の決算において、とうとう減収減益となった。iPhoneの競争力が高いといっても、たった1種類のハードウェアに依存した成長には限界がある。一方で同社は25兆円という途方もない金額のキャッシュを保有しており、この資金をどこにつぎ込むのかが市場における最大の注目点となっていた。

 自動運転車の開発を行いつつ、中国の配車アプリに出資したということは、同社は中国市場において、自動運転関連のサービスを展開する方向性をより明確にしたということになる。
 自動運転車は、スマホやネットサービスとの親和性が極めて高く、すでにグーグルがかなりのレベルまで開発を進めており、サービス開始は時間の問題といわれている。グーグルは米国で新しいサービスを開始することになると考えられるため、仮にアップルが同じサービスを展開しても、後発になってしまう可能性が高かった。

 アップルが中国シフトを鮮明にしたことで、結果的に同じ自動運転関連サービスを、グーグルは米国で、アップルは中国で行うという図式となりつつある。

 市場では、世界最大の市場である中国を獲得することは、正しい判断としてプラスに評価する声がある一方、グーグルを追いかける立場が鮮明になってしまうとして、ネガティブに捉える見解もある。最終的には市場シェアがその答となるだろう。

 もっとも中国市場にはこれとは別のリスクもある。中国のIT市場は政府の意向次第であっという間に状況が変化する。滴滴が中国の当局から確実に認められる保障はまだなく、同社の展開には政治的リスクがつきまとう。

 少なくとも、アップルが「次」に向けて動き出したことは確かである。同社の株価が今後、どうなるにせよ、今年が大きな転換点となることは間違いないだろう。

 - 経済, IT・科学 , , , , , ,

  関連記事

no image
中国向けの輸出が失速し北米と再逆転。だが事態はもっと深刻である!

 日本の輸出先としての中国の存在感が低下している。  財務省が発表した2012年 …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …

gehongyo
GEが金融資産大量売却で本業回帰を加速。背景には絶好調な米経済

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2015年4月10日、同社の金融部門が保有 …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

menkyo
韓国で自動車免許を取得する中国人が急増中。日本人の利用も

 最近、韓国の自動車教習所で免許を取得する中国人が急増しているという。自動車免許 …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …