ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100億円)出資することが明らかとなった。アップルは、2016年1~3月期の決算において、iPhoneの発売開始以来、初の販売台数減少となった。配車アプリへの出資が次の成長の起爆剤となるのか市場は注目している。

appledidi

 滴滴は、スマホからタクシーを呼び出すサービスを展開しており、この分野の先行者であるUBER(ウーバー)の競合といわれる。滴滴の利用者は、出発地と目的地をスマホに入力すると最寄りのタクシーを自動的に呼び出すことができ、中国では3億人が登録するなど、圧倒的なシェアを持つ。

 アップルは、地図サービスや人工知能の技術を活用し、自動運転の分野に進出する意向を持っているといわれる。また、中国はアップルにとって米国に匹敵する市場となっており、同社の成長のカギを握っている。
 中国でナンバーワンの配車サービスと提携することで、中国全土で自動運転車を普及させる足がかりを得たことになる。

 アップルは、2016年1~3月期の決算において、とうとう減収減益となった。iPhoneの競争力が高いといっても、たった1種類のハードウェアに依存した成長には限界がある。一方で同社は25兆円という途方もない金額のキャッシュを保有しており、この資金をどこにつぎ込むのかが市場における最大の注目点となっていた。

 自動運転車の開発を行いつつ、中国の配車アプリに出資したということは、同社は中国市場において、自動運転関連のサービスを展開する方向性をより明確にしたということになる。
 自動運転車は、スマホやネットサービスとの親和性が極めて高く、すでにグーグルがかなりのレベルまで開発を進めており、サービス開始は時間の問題といわれている。グーグルは米国で新しいサービスを開始することになると考えられるため、仮にアップルが同じサービスを展開しても、後発になってしまう可能性が高かった。

 アップルが中国シフトを鮮明にしたことで、結果的に同じ自動運転関連サービスを、グーグルは米国で、アップルは中国で行うという図式となりつつある。

 市場では、世界最大の市場である中国を獲得することは、正しい判断としてプラスに評価する声がある一方、グーグルを追いかける立場が鮮明になってしまうとして、ネガティブに捉える見解もある。最終的には市場シェアがその答となるだろう。

 もっとも中国市場にはこれとは別のリスクもある。中国のIT市場は政府の意向次第であっという間に状況が変化する。滴滴が中国の当局から確実に認められる保障はまだなく、同社の展開には政治的リスクがつきまとう。

 少なくとも、アップルが「次」に向けて動き出したことは確かである。同社の株価が今後、どうなるにせよ、今年が大きな転換点となることは間違いないだろう。

 - 経済, IT・科学 , , , , , ,

  関連記事

frb
10月のFOMC。予想外に強気で「やはり年内利上げ」との声も

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年10月28日に開催したFOMC(連邦公 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

citi
100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

top1zentai
トップ1%が全世界の富の半分を独占との調査結果。日本はどうなのか?

 貧困の撲滅活動などを行っている国際NGO「オックスファム」は2015年1月19 …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

amari
7~9月期のGDPはかなり悪い?政府内部で経済対策に向けた動きが活発化

 政府内部で経済対策の実施に向けた動きが活発になってきた。背景には、7~9月期G …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …