ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下った。この司法判断が定着した場合、日本の雇用環境に大きな影響が及ぶ可能性がある。

teinensaikoyou
 裁判は、定年退職後に横浜市の運送会社に再雇用された嘱託社員のトラック運転手3人が、定年前と同じ業務なのに賃金を下げられたのは違法だとして、同じ賃金を支払うよう横浜市の運送会社に求めたもの。

 東京地方裁判所は2016年5月13日、「業務内容が同じなのに賃金が異なるのは不合理」だとして、請求通り正社員との賃金の差額計約400万円を支払うよう運送会社に命じた。

 この判決は少々驚きを持って受け止められている。2013年に施行された改正高年齢者雇用安定法によって、企業は、希望者全員を65歳まで再雇用することが義務付けられた。年金の支給開始年齢が引き上げられたことから、支給開始まで空白を作らないことが主な狙いである。

 この制度の導入には、再雇用後の賃金は大幅に引き下げるという暗黙の大前提があった。定年時の賃金が維持されてしまうと、企業の人件費が際限なく増大してしまうからだ。今回の判決はこの流れとは逆向きのものと考えてよいだろう。

 もし上級審でも同様の判決が出て、同様の司法判断が定着した場合、企業の雇用環境には大きな影響が及ぶことになる。
 日本企業の生産性は低く、従業員に支払う総人件費は増えていない。このような状況で、再雇用者の人件費が上昇すると、企業は現役世代の人件費を抑制する方向に舵を切る可能性が高い。特に若年層の給与水準が著しく下がることが懸念される。

 この判決は、同一労働、同一賃金という流れに沿ったものと解釈することも可能だ。健全な雇用市場を運営するためには、同一労働、同一賃金の徹底はむしろ望ましいことだろう。だが、日本のような硬直化した労働市場の場合、この制度の導入は多くの歪みをもたらす可能性がある。

 これまで人件費抑制のバッファーだった非正規社員の待遇を下げられないということになると、正社員の給与体系を見直す方向性に進む可能性が高い。つまり、ここでも若年層にシワ寄せが行く可能性が出てくるのだ。

 これらの問題は、最終的には終身雇用の制度に行き着くことになる。この制度が存在している限り、どのような施策を導入しても、どこかに歪みをもたらしてしまう。そして、現時点においては、そのシワ寄せのほとんどは、若年層か下請け企業などに向かうという図式になる。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

yahoo
ヤフーがメール「覗き見」広告をスタート。インテリジェンス関係者の間で密かな話題に!

 ヤフージャパンがいよいよ電子メールの内容解析を使った広告戦略を本格展開する。こ …

hasimoto2
橋下氏が慰安婦など一連の発言について釈明会見。だが参院選への影響は必至

 日本維新の会の橋下徹共同代表は5月27日、日本外国特派員協会の記者会見に臨み、 …

konchu
国連が飢餓対策に昆虫食を推奨。日本ではすでに昆虫食を趣味にしている人も

 国連食糧農業機関(FAO)は5月13日、世界の飢餓対策として、カブトムシやシロ …

clubmedchina
元仏大統領の息子が経営する著名リゾート会社を中国が買収。課税回避が真の狙い?

 中国の投資会社である複星国際と、アクサ・グループの資産管理会社アクサ・プライベ …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

Cove Point
シェールガス革命で日本の製造業が次々に米国進出。期待される日本の国際収支への貢献

 米国ではシェールガス革命の進展によって、世界最大のエネルギー輸出国に変貌しよう …

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …

westinghousegenson
東芝が米中核子会社で巨額損失。米国人社員に「チャレンジ」は通用しなかった

 不正会計問題を抱える東芝は、これまで開示してこなかった米国の原子力子会社ウェス …

shouwa
「最近・・・が増えている」「最近の若者は・・・」という話題にはご用心

 世の中では、しばしば「近年、・・・が増加している」あるいは「最近の若者は・・・ …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …