ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下った。この司法判断が定着した場合、日本の雇用環境に大きな影響が及ぶ可能性がある。

teinensaikoyou
 裁判は、定年退職後に横浜市の運送会社に再雇用された嘱託社員のトラック運転手3人が、定年前と同じ業務なのに賃金を下げられたのは違法だとして、同じ賃金を支払うよう横浜市の運送会社に求めたもの。

 東京地方裁判所は2016年5月13日、「業務内容が同じなのに賃金が異なるのは不合理」だとして、請求通り正社員との賃金の差額計約400万円を支払うよう運送会社に命じた。

 この判決は少々驚きを持って受け止められている。2013年に施行された改正高年齢者雇用安定法によって、企業は、希望者全員を65歳まで再雇用することが義務付けられた。年金の支給開始年齢が引き上げられたことから、支給開始まで空白を作らないことが主な狙いである。

 この制度の導入には、再雇用後の賃金は大幅に引き下げるという暗黙の大前提があった。定年時の賃金が維持されてしまうと、企業の人件費が際限なく増大してしまうからだ。今回の判決はこの流れとは逆向きのものと考えてよいだろう。

 もし上級審でも同様の判決が出て、同様の司法判断が定着した場合、企業の雇用環境には大きな影響が及ぶことになる。
 日本企業の生産性は低く、従業員に支払う総人件費は増えていない。このような状況で、再雇用者の人件費が上昇すると、企業は現役世代の人件費を抑制する方向に舵を切る可能性が高い。特に若年層の給与水準が著しく下がることが懸念される。

 この判決は、同一労働、同一賃金という流れに沿ったものと解釈することも可能だ。健全な雇用市場を運営するためには、同一労働、同一賃金の徹底はむしろ望ましいことだろう。だが、日本のような硬直化した労働市場の場合、この制度の導入は多くの歪みをもたらす可能性がある。

 これまで人件費抑制のバッファーだった非正規社員の待遇を下げられないということになると、正社員の給与体系を見直す方向性に進む可能性が高い。つまり、ここでも若年層にシワ寄せが行く可能性が出てくるのだ。

 これらの問題は、最終的には終身雇用の制度に行き着くことになる。この制度が存在している限り、どのような施策を導入しても、どこかに歪みをもたらしてしまう。そして、現時点においては、そのシワ寄せのほとんどは、若年層か下請け企業などに向かうという図式になる。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

cyprus
地中海の小国キプロスでユーロ圏が事実上の財産没収を要求。なぜキプロスだけが?

 地中海の小国キプロスに激震が走った。ユーロ圏各国がキプロスに対する金融支援と引 …

nisegusuri
調剤薬局の偽造薬問題。日本の医薬品行政はまともに機能していない

 C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されるという、前代未聞の事件が発生し …

ieren02
イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公 …

usakoyoutoukei201702
良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非 …

seichounoie
自民党の支持母体とも言われた「生長の家」が参院選で与党不支持を打ち出した理由

 宗教法人「生長の家」が、2016年夏の参議院選挙において与党を支持しないと発表 …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

hmv
英国でHMVが破綻、90年以上の歴史に幕。日本と異なりAKBがいないので復活困難か?

 英国の音楽ソフト販売大手HMVグループは14日、破綻を宣言した。すでに管財人を …

uenotizuko
上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐり …

linejojo
LINEがいよいよ上場へ。ただし、ベストなタイミングは逸してしまった

 対話アプリのLINEが7月にも東京証券取引所に上場する。親会社である韓国ネイバ …

kaigojikofutan
介護保険改正法案が閣議決定。所得の高い高齢者の自己負担率がさらに増加

 政府は2017年2月7日、介護保険の自己負担率の見直しを盛り込んだ介護保険法改 …