ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス0.4%、年率換算ではプラス1.7%となった。
 各種指標の低迷が続いており、市場ではマイナス成長との予想も多かったが、うるう年の影響もあってプラス転換した。しかし内実はあまりよい数字ではなく、実質的にゼロ成長と考えた方がよい。

businessman02

 注目されていた個人消費はプラス0.5%となった。前期がマイナス0.8%という大幅な落ち込みだったことを考えると、プラスとはいえ状況が大きく改善したわけではない。
 ビジネスの現場では、消費の低迷に苦しんでおり、すぐに消費が回復する兆しは見えない。住宅投資はマイナス0.8%と前期に引き続いてマイナスとなった。

 今回のGDPで全体の足を引っ張ったのが企業の設備投資である。前期のプラス1.2%から一転してマイナス1.4%と落ち込んだ。円高によって業績の下振れ懸念が増しており、企業の設備投資意欲は低い。

 19日には設備投資の先行指標と言われ、GDPの基礎データにもなっている機械受注統計が発表された。4~6月期の受注見通しは、主要指標である「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)がマイナス3.5%、受注総額ではマイナス1.2%だった。
 機械受注とGDPにおける設備投資金額にはズレが生じることが多いが、傾向をつかむことはできる。やはり4~6月期も設備投資は低迷すると考えた方がよいだろう。

 今期はうるう年の影響があり、年率換算では1%ほど数字がかさ上げされている。この影響を除くと、実質的にはゼロ成長と考えてよい。多くの専門家がマイナス成長を予想していたことを考えると、ポジティブな数字ではあるが、GDPのトレンドが大きく変わったわけではない。

 消費が弱く、設備投資も低迷が続くということになると頼みの綱は財政ということになるが、今のところ大規模な財政出動は期待できない。
 安倍首相は伊勢志摩サミットで各国が協調した財政政策を打ち出す腹づもりだったが、ドイツや英国など各国の反対にあい、実現が難しくなったからである。このままの状況が続けば、4~6月期も今期と似たような結果となる可能性が高いだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

tosho05
東証が審査を厳格化。なかなか前に進まない日本企業の情報開示

 スマホ向けゲーム開発企業「gumi」のずさんな情報開示をきっかけに、上場企業の …

gekyutoki
GEが家電部門を売却交渉。金融部門の分離に続いて、インフラ事業への集中が加速

 スウェーデンに本社を置く、欧州の家電大手エレクトロラックスは2014年8月14 …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

bukkajoushou
4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、 …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

bouekitoukei201403
3月の貿易赤字は1兆4463億円。赤字拡大のトレンドは継続している

 財務省は2014年4月21日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

amazonfire
アマゾンが新スマホを発表。ネットサービスの人工知能化が一気に進む可能性

 米アマゾンは2014年6月18日、同社初のスマホとなる「ファイアフォン」を発表 …