ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をまとめた。安倍首相が掲げる国内総生産(GDP)600兆円の目標達成に向けた起爆剤との位置付けだが、内容は小粒で、大きな効果が望めそうもないものばかりとなった。答申には「終わりなき挑戦」とのサブタイトルが付けられているが、そこには無力感すら漂っている。

kiseikaikaku

 今回の答申は、主に健康・医療、雇用、農業、投資促進、地域活性化の5分野が対象となっている。以前の規制改革会議は、成長戦略の司令塔としての役割が期待されていたが、安倍政権において規制改革がほとんど進んでいないことから、有名無実化が進んでいた。

 今回の目玉となったのは、牛乳の流通改革と民泊だが、どちらも個別の案件としては、しっかり検討すべき対象ではあるものの、GDP600兆円を目指す成長戦略の骨格となるような話題ではない。
 利害関係者が少ない、あるいは利害関係者の影響力が大きくない分野しか、規制改革の対象として検討することはできないため、消去法としてこれらが目玉改革になったとうのが現実である。

 現在、牛乳の流通については、農協がほぼ独占する状況となっている。その理由は、特定の団体に流通を一本化する「指定団体制度」が存在しているからである。河野太郎行政改革相は、この制度について「計画経済」だと批判し、答申の原案には指定団体制度の廃止が盛り込まれる予定だった。
 だが、7月の参院選を前に族議員が猛烈な巻き返しを図り、最終的には「廃止」という文言は削除された。答申では、指定団体制度について「検討する」とだけ記載されている。

 もうひとつの目玉は民泊だが、これも現状追認に終始する形となった。住宅地での営業を解禁すると同時に、年間の営業日数を180日以下で調整する。すでに民泊が普及してしまっている現実を受け、既存の業界団体との間で、中間的な結論に落とし込んだことは明らかである。今回の答申が出たところで、市場にほとんど影響はないだろう。

 安倍政権下では、成長戦略が立案されるたびに規制緩和のプランが提唱されてきたが、ほとんど進展はない。総論としては多くの人が賛同するが、各論になると反対意見が出てくることがその原因である。安倍政権には反対の声をはねのけてまで改革を進める意思はなく、答申を受け取るだけで終わっているというのが現実である。

 日本社会には網の目のように規制が張り巡らされている。これまで規制改革会議において議論の対象となった分野に何らかの形で利害関係を持つ日本人はかなりの割合に達すると考えられる。実は総論としても、規制緩和を求めていないというのが世論なのだろう。

 答申のサブタイトルには、「終わりなき挑戦」と書かれている。これは見方によってはすでに、規制緩和をめぐる動きが終わってしまったかのような雰囲気である。日本社会を覆う閉塞感は、実はこれからが本番なのかもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

mitsukoshi
個人消費が中間層にも拡大の兆し。日本経済が構造転換したサインか?

 これまで富裕層に限定されていた消費拡大が中間層にも波及する可能性が出てきた。日 …

rap01
イスラム過激主義者はなぜかラップが大好き

 パキスタンで9日、イスラム武装勢力タリバンを批判するブログを執筆していた14歳 …

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

nikkeifinancialtimes
日経によるFT買収。読者層が異なる媒体でシナジー発揮できるのか?

 日本経済新聞社は2015年7月23日、英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(F …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

putin02
プーチン大統領と敵対する亡命ロシア人富豪が死亡。暗殺ではなく自殺といわれているが

 ロシア人の大富豪ベレゾフスキー氏が、3月23日、亡命先である英国の自宅で死亡し …

tokyomachinami
企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以 …

no image
オスプレイの反対運動。危険だからダメというが安全ならOKなの?

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄の普天間飛行場に配備された。  沖縄県議 …

danboukigu
日本の温室効果ガス削減は家庭の省エネ頼み。断熱ゼロで寒い日本の家がさらに寒くなる

 地球温暖化対策の国連会議COP21において、パリ協定が締結されたことで、温暖化 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …